滝沢園(神奈川県)|広々としたフリーサイトも楽しめる、水無川の両岸に広がるキャンプ場

東日本

丹沢山系の豊かな自然に加え、道路が空いていれば都心からでも1時間ちょっとという便のいい立地。園の中央を貫く水無川では、夏場は水遊びも楽しめる。神奈川県秦野市にある「滝沢園(通称:滝沢園キャンプ場)」は、フリーサイトやオートキャンプなど、好みにあわせてスタイルを選べる人気のキャンプ場だ。

滝沢園(神奈川県)

▲園内を貫く水無川は標高1491mの塔ノ岳南斜面を源流とし、秦野市内を流れ下りて室川へと合流する。写真左がオートキャンプサイトや管理棟などがある右岸側(東側)、右がフリーサイトなどのある左岸側(西側)。写真にある吊り橋は、隣接する戸川公園にある「風の吊り橋」。

東名高速道路・秦野中井ICからわずか10kmという、交通の便の良い場所にあるキャンプ場が「滝沢園」だ。

1960年に開業したという施設は、敷地面積5000坪以上という森の中に広がっている。丹沢山系の麓に位置している上、園内に登山口もあることから、昔から登山客にも愛されてきたキャンプ場でもある。

道路さえ空いていれば、都心からクルマで1時間ちょっと。混み合う日中でも2時間あれば到着できるという立地に加え、通年で営業していることから、いつでも手軽にキャンプが楽しめる。

雪が積もることもほとんどないため、冬キャンプのデビューにも適した環境といえるだろう。

滝沢園(神奈川県)

▲きれいな水が流れる水無川。キャンプ場の上流には砂防ダムもある。水深はおおむね浅い。

キャンプサイトは園内を流れる水無川の両岸に広がっており、右岸側に林間のオートキャンプエリア(10区画)やバンガロー(35棟)、管理棟、駐車場などがある。

トイレや炊事場などの共用施設もすべて右岸側に集中している。対岸の左岸側は河原に面した開放的なフリーサイトと、一段高い位置に広がる林間のフリーサイトになっており、車両の乗り入れは不可。徒歩で川を渡って対岸へ荷物を運ぶ形になる。

荷物の多いキャンパーは大変だが、それでも河原で水遊びができるという環境からフリーサイトの人気は高く、夏場は定員に達することも多いという(予約不可)。

滝沢園(神奈川県)

▲左岸側は河原の空きスペースを使って自由にテントを設営できるフリーサイト。管理棟や駐車場のある右岸側からのアクセスは徒歩のみ。車両の乗り入れは不可となる。

フリーサイトの一部、河原エリアに限っては直火での焚き火も可能(火の始末には十分に注意されたい)。オフシーズンはデイキャンプの利用客も多く、バーベキューなどを楽しむ家族連れの姿も見られる場所だ。

共用施設は2ヶ所の炊事場(給湯なし)と男女別のトイレ棟(2ヶ所)がある程度。電源サイトなどは用意されていない。

昔ながらのキャンプ場ではあるが、場内はどこも丁寧に清掃されており、気持ちよく利用できる。何よりも都心からほど近いにもかかわらず、たっぷりと自然を味わえるのは「滝沢園」ならではの特徴といえるだろう。

滝沢園(神奈川県)

▲オートキャンプサイトは林間のロケーションだ。水無川のせせらぎが聞こえる、静かな環境。10区画しかないため、事前の予約が望ましい。ペット同伴が可能なのは、オートキャンプエリア(持ち込みテント)のみ。

滝沢園(神奈川県)

▲左岸側フリーサイトには河原だけではなく、林間エリアもある。階段状に整地されており、ペグの効きもいい。天候が心配な場合は林間エリアを選ぶのもいいだろう。

滝沢園(神奈川県)

▲天候にもよるが、普段は水嵩も低く、幼い子どもでも安心して水遊びができる環境だ。ただし、上流の降雨などで急激に水量が増える場合もあるので、利用時は注意を。

滝沢園(神奈川県)

▲トイレ棟は右岸側に2ヶ所用意されている。男女別の水洗式。個室には洋式トイレも備わっている。

滝沢園(神奈川県)

▲炊事場は近接する形で2ヶ所が用意されている。

VIEW|景観
水無川は塔ノ岳南斜面を源流とし秦野市内の中心を流れ下りる全長約11.5kmの河川だ。「滝沢園」はこの水無川の両岸に広がるキャンプ場で、東側(右岸)が林間のオートキャンプエリアやバンガロー、西側(左岸)がフリーサイトになっている。

FOOD and DRINK| 食料・飲料
スーパーやコンビニは秦野市内に充実している。最寄りの大型スーパーはキャンプ場から約6.5km(クルマで15〜16分)、コンビニは3.6km(同約10分)の距離にある。国道246号まで走れば、街道沿いのレストランなども豊富に揃う。

ACCESS |交通
東名高速道路・秦野中井ICより約10km(クルマで20〜25分)。都心からでも約75kmの距離にあり、道路が空いていればキャンプ場までは1時間圏内。多少混み合う時間帯でも2時間以内でたどり着ける便利な立地である。

ADVICE|ひとことアドバイス
首都圏にあることから、実は編集部でも撮影に利用させてもらうことも多い「滝沢園」。オートキャンプができるのは林間のオートキャンプエリア(10区画)のみだが、荷物を徒歩で持ち運べれば、川の対岸にあるフリーサイトの方が開放感もあって気持ちよく滞在ができるだろう。

滝沢園|TAKIZAWAEN
WEBサイトhttp://takizawaen.com
所在地〒259-1306 神奈川県秦野市戸川1445
営業期間通年
定休日なし
電話番号0463-75-0900
サイト数区画サイト:10区画 フリーサイト:50組 宿泊棟:35棟
参考料金6100円(大人2名利用時の税込合計料金)
予約方法電話
チェックイン13:00〜17:00
チェックアウト08:00~10:00
地面芝生・草・土・砂利
備考オートキャンプ:4名まで(車両1台テント1張)5500円
フリーサイト:1名 1100円(予約不可)
施設費:1名 300円
車両:1台 1100円
直火は河原のみ可
ペットはオートキャンプ・持ち込みテントのみ対応可
フリーサイトは予約不可(当日受付のみ)
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
××◯※河原のみ
給湯ゴミ捨てシャワー風呂洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××
売店Wi-Fi※管理棟&コテージ内レストランレンタル
××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.22

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  2. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  3. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  4. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

  5. 絶品ニラソースで味わう塩豚蒸し焼き

TOP