キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

北海道

太平洋を望む180度の大パノラマが広がる「キトウシ野営場」。6月から10月の期間限定で開場される無料の野営場は、スケールの大きな北海道の大自然を堪能できる、ベテランキャンパー向けの絶景キャンプ場だ。

キトウシ野営場|北海道

▲キャンプサイトは場内を貫く砂利の道路の左右に広がっており、整地されたスペースは少ない。広さの割に快適にテントを設営できる場所は多くない。すべてフリーサイトだ。

この「キトウシ野営場」があるのは、北海道釧路市の東隣にある釧路町昆布森地区の太平洋沿い。切り立った丘の上に太平洋へ面して東西方向にキャンプサイトが広がっており、どこにテントを設営しても太平洋を見下ろす絶景が堪能できる。

現在は釧路町役場が維持・運営をしており、ありがたいことに利用料は無料。事前の予約も不要で、6月から10月までの開場期間中は誰でもこの絶景の地で、自由にキャンプを楽しむことができる。

この「キトウシ野営場」は、アクセス路もかなりワイルドだ。道道昆布森尾幌線から未舗装の林道を1km走ってやっとたどり着く。路面は乗用車でも走行できる程度に整備されているが、幅員は狭く車両のすれ違いは難しい。ちなみに左右に広がる原生林は野生動物の生息域でもある。野営をする際には食料はもちろん、残飯・生ゴミも車内に保管するなど、野生動物を引き寄せないための工夫も欠かせない。

キトウシ野営場|北海道

▲太平洋に向かって東西に広がる「キトウシ野営場」は、なだらかな丘の上にキャンプサイトが広がる。野営場の中央に駐車できるスペースがあるが、海側にガードレールや転落防止柵はないので、十分に気をつけて。

キャンプサイトはすべてフリーサイト。車両を乗り入れて、好きな場所にテントを設営できる。さらにガードレールや転落防止柵もなく、眺望を遮るものは何もない。目の前に広がるのは、まさに180度の大パノラマだ。

ただし、海沿いにあり、高台の丘の上という地形から、突風や強風が吹くことは容易に想像ができるので、テントやタープはしっかりと固定しよう。野営場の定員は設定されていないが、きっちり並べれば50張位は設営できそうだ。

場内の共用設備は水洗式のトイレと水道を完備した炊事棟があるのみ。トイレは清掃も行き届いており、清潔感があるのもありがたいポイント。場内からは海岸線に沿って西側へ延びる歩道も整備されているので、夕暮れ時に散策するのもいいだろう。

とにもかくにもこの野営場の魅力は、水平線を望む景観だ。きっとほかでは味わうことのできない思い出深いキャンプを楽しめるはずだ。

キトウシ野営場|北海道

▲トイレは男女別の洋式水洗トイレだ。清掃も行き届いており、清潔感がある。

キトウシ野営場|北海道

▲炊事棟の水は飲用可だが、気になる方は別に用意しよう。

キトウシ野営場|北海道

▲「キトウシ野営場」へのアクセス路。左右に原生林が続く。路面は未舗装の砂利で、乗用車でも走行は可能だが、道幅が狭く、車両のすれ違いは難しい。

キトウシ野営場|北海道

▲「キトウシ野営場」から西側に向かって続く幌内遊歩道。まめに手入れがされている。絶好のロケー
ションを眺めながら、ゆっくりと散歩でも楽しもう。

キトウシ野営場|北海道

▲立ち寄る観光客は少ないが、お弁当を持って休憩するのにもってこいの東家もある。

キトウシ野営場|北海道

キトウシ野営場|北海道

キトウシ野営場|北海道

キトウシ野営場|北海道

キトウシ野営場|北海道

キトウシ野営場|北海道

VIEW|景観
釧路市と厚岸町の中間に位置した、海沿いの丘の上。南側には太平洋が左右180度に広がる。水平線はもちろんのこと、尻羽岬側へ向かって連なる景観もすばらしい。キャンプサイトは決して広くないが、どこに陣取っても絶景を堪能できる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
昆布森地区(約5km)に小さな食料品店が1軒あるだけで、付近にコンビニはない。約20km(クルマで約30分)の釧路市内(釧路町とは異なる)が最寄りの市街地だ。

ACCESS|交通
釧路外環状道路・釧路別保ICから約15km(クルマで約20分)。道道142号沿いに「キトウシ野営場」の看板がある。未舗装の狭い林道を1kmほど走ると野営場だ。

ADVICE|ひとことアドバイス
管理人は常駐しておらず、断崖絶壁には柵もない。自然のままの野営場だけに、自分の身は自分で守るに徹しよう。野生動物の多いエリアでもあり、食料や残飯などはしっかりと車内保管したい。

キトウシ(来止臥)野営場|KITOUSHI CAMP GROUND
営業期間6月~10月まで
定休日なし
サイト数特に定員設定なし
所在地〒085-2273 北海道釧路郡釧路町大字昆布森字来止臥
予約方法予約不要(バンガローのみ要電話予約)
チェックイン設定なし
チェックアウト設定なし
地面草・土
参考料金無料
電話番号0154-62-2193(釧路町経済部産業経済課商工観光係)
WEBサイトhttps://www.welcome-kushirocho.jp
備考
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能
付き便座
××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP