芦田湖オートキャンプ場(広島県)|ヒマラヤ杉のシンボルツリーが印象的な、巨大ダム湖を見下ろす水辺のキャンプ場

東日本

本来は標高1000〜4000m級の高地に植生するというヒマラヤ杉は、天に向かってすくっと伸びた幹が見るものを圧倒する、まさに迫力に満ちた存在だ。「芦田湖オートキャンプ場」のシンボルツリーはそのヒマラヤ杉。短く刈り込まれた芝生との組み合わせから、まるで異国のような景観を生み出している。

芦田湖オートキャンプ場

▲「ダム湖ビューサイト」は占有面積約11×1 1 m 。場内に2区画のみ用意されている。隣接する区画とはフェンスでしっかりと区切られている。

芦田湖オートキャンプ場

▲「ダム湖ビューサイト」は専用の電源、給湯付きのシンクを備えている。水道は飲用不可。

広島県世羅郡世羅町が1998年に開設したキャンプ場が広島県東部の山間に位置する「芦田湖オートキャンプ場」だ。

キャンプ場は八田原ダム(芦田湖)の東側に位置しており、冬季(12月〜2月)は金・土・日・祝日の限定営業とはなるものの、通年で利用可能。標高300mほどであることから、降雪はしても積雪をすることはほとんどない。スタッドレスタイヤの装着は必要だが、よほど天候が悪くない限り厳冬期でもアクセスは容易だろう。

場内は一部サイトから湖面を見下ろすことができるが、水辺からはやや距離がある。短く刈り込まれた芝生の上に樹高20〜30mを誇るヒマラヤ杉が植えられた異国の草原のような景観を楽しめる開放的なキャンプ場だ。

芦田湖オートキャンプ場

▲場内中央から北側に向かっての景観。写真中央が「標準サイト」。園路を挟んで場内の外周に沿って配置されているのが植栽で互いの区画を区切った「デラックスサイト」。なお、キャンプ場に沿って電気柵が設置されており、野生動物などの侵入も防いでいる。

芦田湖オートキャンプ場

▲かまどとAC電源、水道が備わる「デラックスサイト」。植栽によって区切られているため、プライベート感がある。

キャンプサイトは42の区画サイトのみで、フリーサイトはない。

「デラックスサイト」(17区画)及び「ダム湖ビューサイト」(2区画)は生垣やフェンスでしっかりと区切られており、プライバシーを重視するキャンパー向け。

一方で芝生の広場に面した「標準サイト」(23区画)は区画の境界になるような生垣はなく、目印になる標木が一本あるのみ。中央側は芝生の広場へと続いており、気分的にはフリーサイトを利用している様な感覚でキャンプができる。

芦田湖オートキャンプ場

▲場内中央にある炊事棟は給湯付きのシンクが8ヶ所。水道とシンクのみも8ヶ所。その左右に炊飯用の炉が用意されている。

設備は占有面積約11×11mの「デラックスサイト」に水道・かまど・AC電源が設置されている。「ダム湖ビューサイト」には、さらに温水シンク・AC電源付き。「標準サイト」は約8×8mの占有スペースのみだが、車両1台を横付けできるスペースが確保されているので、荷物の多いキャンパーでも安心して利用できるだろう。

芦田湖オートキャンプ場

▲場内中央にある炊事棟は給湯付きのシンクが8ヶ所。

芦田湖オートキャンプ場

▲炊事棟の左右には炊飯用の炉も用意されている。

共用設備は場内中央に給湯設備を備えた「炊事棟」が1ヶ所。さらに管理棟周辺に温水コインシャワーや温水洗浄便座付きの洋式トイレを備えた「サニタリー棟」(24時間利用可)がある。

また、キャンプの受付を行う「管理棟」内には洗濯機・乾燥機も用意されているため、連泊での利用にも重宝しそうだ。

空に向かってスクッと伸びるヒマラヤ杉が印象的なオートキャンプ場である。

芦田湖オートキャンプ場

▲24時間利用できるサニタリー棟。

芦田湖オートキャンプ場

▲温水コインシャワーは4分間200円で利用できる。風呂や温泉は場内にないが、クルマで20分ほど走った距離に「せら香遊ランド」がある。また、管理棟の奥に1台だけだが洗濯機(1回200円)・乾燥機(30分100円)が用意されている。

芦田湖オートキャンプ場

▲レンタル品なども用意されている管理棟は、利用者がいる場合は24時間管理。

芦田湖オートキャンプ場

▲車両は全区画でサイトに横付け可能。園路の内側が「標準サイト」、園路の外側が「デラックスサイト」及び「ダム湖ビューサイト」となっている。

芦田湖オートキャンプ場

▲ダム湖ビューサイトの景観。

芦田湖オートキャンプ場

▲トイレは水洗式。

芦田湖オートキャンプ場

▲給湯器付きで温水が利用できる炊事棟。

芦田湖オートキャンプ場

▲夏季はキャンプ場のすぐ北側にある「八田原ダムサイクリングセンター」で自転車のレンタルも可能。芦田湖をぐるっとサイクリングすることもできる。

VIEW|景観
標高約300mという山間にあるオートキャンプ場。芦田湖(八田原ダム)の東岸に位置しており、一部サイト(ダム湖ビューサイト)からは湖面を見下ろすこともできる。場内はいずれも開放感のある広々とした草原のような景観で、樹高が20~30mに至るヒマラヤ杉が独特な景観を生み出している。

FOOD and DRINK|食料・飲料
山間にあるため大型のスーパーやコンビニは付近にない。最寄りのコンビニはキャンプ場から約11km(クルマで約14分)。スーパーマーケットは約15km(同約20分)。道の駅が約10km(同約13分)の距離にある。

ACCESS|交通
中国横断自動車道・世羅ICよりキャンプ場までは約11km(クルマで約13分)。山陽自動車道・広島ICからは約83km(同約70分)。

ADVICE|ひとことアドバイス
場内中央は炊事棟を中心にして「標準サイト」が周囲を取り囲む。「標準サイト」は目印となる高さ30cm程度の標木があるだけで、気分的にはフリーサイトのような感じ。プライバシーを重視するなら遠路の外側に広がる「デラックスサイト」もいいが、そうでなければ「標準サイト」の方おすすめ。炊事棟にも近く、広々とした雰囲気で使用できる。

芦田湖オートキャンプ場|ASHIDAKO AUTOCAMP GROUND
WEBサイトhttps://select-type.com/s/ashidako
所在地〒729-3301 広島県世羅郡世羅町小谷984-7
営業期間通年(※12月〜2月末までは金・土・日・祝日のみ営業)
定休日なし(不定休)
電話番号0847-24-1760
サイト数区画サイト:42区画
参考料金2500円(※大人2名利用時の税込合計料金)
予約方法WEBE
チェックイン15:00〜19:00
チェックアウト〜10:00
地面芝生
備考標準サイト
デイ(デイキャンプ):1人300円(土日祝日は350円)
ナイト(宿泊):1組2500円(土日祝日は2700円)
デラックスサイト
デイ(デイキャンプ):1人500円(土日祝日は600円)
ナイト(宿泊):1組4500円(土日祝日は4800円)
ダム湖ビューサイト
デイ(デイキャンプ):1人700円(土日祝日は1000円)
ナイト(宿泊):1組5500円(土日祝日は6000円)
※Wi-Fiは管理棟周辺のみ可

 

設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×
売店Wi-Fiレストランレンタル
◯(※)×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

UP DATE|2023/12
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.35

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  2. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  3. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  4. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

  5. 絶品ニラソースで味わう塩豚蒸し焼き

TOP