LOG/ログ(福島県)|サウナとキャンプを楽しめる、体験型アウトドアリゾート施設

東日本

「LOG(ログ)」は福島県郡山市にあるキャンプ&アウトドアギアの専門店「ロガーズ・ギアサプライ」などを営む運営会社が2023年11月1日にグランドオープンさせた、サウナを併設した体験型アウトドアリゾート施設だ。

ログ|LOG

▲磐越道側から北進すると「LOG」の看板が右側に現れ、平坦な「Bサイト」と看板が現れる。場内は一方通行で「Bサイト」のあるエリアからは入場できない。入口はさらに北側へ進んだ先にある。

福島県郡山市の市街地にある「ロガーズ・ギアサプライ」は、カフェを併設したスタイリッシュなキャンプ&アウトドアギアの専門店として、東北のキャンパーにはお馴染みの存在だ。

その運営会社はじつは林業を営んでおり、「ロガーズ〜」以外にもさまざまな事業を展開している。

2023年11月1日にグランドオープンを果たした「LOG(ログ)」は、こうした事業展開の一環として手がけられたもので、合計5ha(1万5000坪)という広大な土地のうち、まずは2ha(6000坪)分を先行して開拓、サウナを併設した体験型のアウトドア施設としてオープンした。

就業人口の高齢化などから全国的に林業従事者は減少しており、福島県でも樹木の定期的な間伐などが行われず放置された山林が増えている。

ログ|LOG

▲キャンプの受付を行う管理棟は、古屋をリノベーションしたものだ。

ログ|LOG

▲棟内に温水洗浄便座付きの洋式水洗トイレもある。インスタント食品や飲料、キャンプ用品の販売も行っている。

「ログ」の拠点となる土地も元々はそうした放置林のひとつだったという。運営会社は3年もの時間をかけて荒れた土地を整備、森を再生させながら“里山の暮らし”を体験できる環境へと整備を進めてきた。

場内を流れる七瀬川沿いにシャワーや水風呂、リラックススペースを設けた本格的なサウナ棟を建築。さらに自然地形を生かしながら、区画サイトやフリーサイトを森の中に点々と配置し、あふれんばかりの自然を堪能できる空間を作り上げたという。

「A」「B」「C」「D」「E 」と名付けられたキャンプサイトは区画サイトとフリーサイトの2種類。「A」「B」という2つのオートサイトは車両を横付けできるスペースがあるが、他のフリーサイトは専用のパーキングに車両を停めて利用する。

共用設備は温水の利用できる水洗トイレを付帯した炊事棟が場内南側の「B」サイト前にある他、管理棟やサウナ棟にも温水洗浄機能付きのトイレがある。

キャンプ利用はもちろんだが、本格的な設備を整えたサウナだけの利用や、サウナとキャンプをセットにしたプランもある。

「ログ」ではイベントなどの開催も予定しているそうだから、東北エリアの注目スポットとして今後も話題の中心になりそうだ。

ログ|LOG

▲場内南側に位置している「Bサイト」。場内ではもっとも平坦な場所で、区画サイトとして利用可能。地面は山砂だ。

ログ|LOG

▲「Bサイト」をドローンを使ってやや上方から撮影した写真。

ログ|LOG

▲フリーサイトの「Eサイト」は林間のロケーション。川沿いの自然地形を利用しており、大きなテントの設営は難しい。少人数でコンパクトな設営に向いている。

ログ|LOG

▲新設されたサウナ棟。室内にはロッカールーム、トイレ、シャワー、コンパクトなライブラリーなどを設置。外カウンターではドリンクを提供する他、オフィシャルグッズの販売も行っている。

ログ|LOG

▲小窓からは屋外の森が見えるサウナ室。サウナストーブの燃料には福島県産の上質な薪を使用している。

ログ|LOG

▲サウナ棟内にある水風呂は水着着用で利用。

ログ|LOG

▲温水シャワーも水着着用の上で男女兼用。

ログ|LOG

▲屋外にはサウナ後にリラックスできるファイヤープレース付きのデッキも用意されている。

ログ|LOG

▲「Bサイト」に隣接している炊事棟。棟内に水洗式トイレもある。

ログ|LOG

▲棟内に温水利用のできるシンクや炉がある。

ログ|LOG

▲場内は幅員の狭い未舗装路(一方通行)になっており、大型のSUVだとやや運転に気を遣うだろう。


ログ|LOG

▲「Bサイト」前にある炊事棟。給湯付きの水洗トイレと炊事場がある。

VIEW|景観
猪苗代湖から直線距離で約15km。七瀬川の西側に面した標高約400mという林間の傾斜地に設けられたキャンプ場。場内は段差が大きく、入り組んだ地形に合計40組ほどのキャンプサイトが点々と配置されている。なお、南側には開けた平坦地(Bオートサイト)もある。

FOOD and DRINK|食料・飲料
山間にあるため大型のスーパーやコンビニは付近にない。最寄りのコンビニはキャンプ場から約9km(クルマで約16分)の磐梯熱海の駅前にある。大型のスーパーマーケッは郡山市内にあり、キャンプ場から約11km(同約18分)。インスタント食品や飲料はキャンプ場でも販売している。

ACCESS|交通
磐越自動車道・磐梯熱海ICよりキャンプ場までは約11km(クルマで約17分)。東北自動車道・本宮ICからは約15km(同約23分)。キャンプ場へは磐越自動車道が走る南側(磐梯熱海側)から七瀬川沿いを北上、別荘地「守谷温泉郷」の入口手前を右方向へ進むルートがお勧め。キャンプ場の北側に位置する大玉村市街地から南進するルートはややアクセスルートが狭い。

ADVICE|ひとことアドバイス
キャンプサイトとして使いやすいのは車両の横付けができ、炊事棟・トイレにも近い「B」サイト」だが、「ログ」本来の楽しみ方ができるのは七瀬川沿いのフリーサイトだろう。車両の横付けはできないが、手付かずの自然が楽しめる上、サウナ棟にも近くなる。

ログ|LOG
WEBサイトhttps://log.shinrin-g.ne.jp
所在地〒969-1302 福島県安達郡大玉村玉井守谷山10-1
営業期間通年
定休日水曜日
電話番号024-23-6687
サイト数区画サイト:10区画 フリーサイト:30組
参考料金6600円(※大人2名利用時の税込合計料金)
予約方法WEB・電話・公式LINE
チェックイン14:00〜19:00
チェックアウト~11:00
地面草・土・砂・ウッドチップ
備考基本料金
オートサイト(1組)3300円
フリーサイト(1組)1100円
使用料金
大人1名(平日)1650円 (金・土・日・祝前日)2200円
12歳以下1名(平日)825円 (金・土・日・祝前日)1100円
※ゴミは有料で回収
※Wi-Fiは管理棟周辺のみ可
※オプションでアーリーチェックイン、レイトチェックアウトあり
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
◯(※)×
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
◯(※)×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

UP DATE|2023/12
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.35

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP