二本松キャンプ場(滋賀県)|お花見シーズンに訪れたい奥琵琶湖の 絶景キャンプ場

西日本

奥琵琶湖の湖畔沿いに広がる20区画の小さなオートキャンプ場。冬季はかなり冷え込むそうだが、その分夏の間は湖面を駆け抜ける風が心地よいそうだ。日差しを遮る木立が少ないため、タープを持参して、夏のキャンプを楽しもう。管理人によると、意外にも1年を通して風はあまり強くないそうだ。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲オートキャンプが可能なのは、キャンプ場の南端と北端の両側。中央付近に入口や管理棟、コテージなどがある。

樹齢80年を超えるような老桜から初々しく花を咲かせている若木まで、約800本の華麗なソメイヨシノが立ち並ぶ海津大崎。最盛期には美しい花が咲いてピンクに染まったトンネルのようになり、近畿圏全域から花見客が集まる。“日本のさくら名所100選”にも選ばれた琵琶湖きっての景勝地ともいえる場所だ。温暖化の影響もあり、近年は開花も若干早くなっているが、例年の見頃は4月上旬だそうだ。

この海津大崎の桜は1936年に大崎トンネルが完成したのを記念して旧海津村(現高島市)が植樹したもの。今も滋賀県道557号西浅井マキノ線沿いの湖岸約4kmにわたって桜並木が連なっている。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲奥琵琶湖の湖岸に広がる「二本松キャンプ場」。一般に湖岸沿いは風が強いが、ここは背後にある山のおかげで、風が直接当たることが少ないという。

「二本松キャンプ場」は、その海津大崎から2kmほど北側に走った西浅井マキノ線沿いの湖岸に位置するオートキャンプ場だ。桜並木が道路とキャンプ場を隔てており、道路から1段下がった湖岸の敷地に細長くキャンプ場が広がる。花見の時期にはテントの上に満開の桜が広がるようなロケーションであり、キャンプ場内には花見用観光船の桟橋も備わる。

キャンプ場の楽しみは、もちろん桜だけではない。付近は“琵琶湖八景”のひとつ、“暁霧・海津大崎の岩礁”としても知られる場所であり、琵琶湖随一の岩礁として群青色の湖水、遠くに望む竹生島というすばらしい景観が目前に広がっている。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲極めて透明度の高い湖水は、水泳にも適している。水深はあるが、むしろ遠浅の方が危ないことが多いそうだ。

水質もよく、2019年まではキャンプ場の名称に「水泳場」という言葉が加えられていたほどだ(注意:監視員不在のため、現在は水泳場としては営業していない。泳ぐ場合は十分な注意を)。

キャンプサイトはすべて区画化されており、車両の乗り入れも可能だ。占有スペースは概ね10×7m。中央を通路として残せば、湖岸側と山側の両方を使用できる。

もっとも、サイトは決して広くはないので、なるべくコンパクトなテントを使うのがいいだろう。地面は全区画ともに粒の小さな砂利と砂が中心。ペグの食いつきもよくないので、長めのペグを用意していこう。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲地面は砂利が多く、ペグが利きにくい。また、テント内のフロアにはクッション性のあるシートを敷
いた方がよさそうだ。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲場内のコテージには、ミニキッチンやシャワーなど、トイレ以外の水回りが備わっている。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲コテージは冷暖房完備。暑い時期はコテージも人気になるそうだ。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲キャンプ場の受付を兼ねる管理棟。飲料程度の販売のみ。春の桜のシーズンは水上から花見を楽しむ観光船の乗船場も兼ねる。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲炊事場は3ヶ所。小ぶりのシンクと水道が組み合わされている。給湯はないので、冬場の洗い物はちょっと大変かも。場内には飲料の自動販売機もある。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲コインシャワーは場内に2ヶ所、5室が備わる。3分100円の温水シャワーだ。こちらも清潔感のある施設だ。

二本松キャンプ場|滋賀県

▲トイレは男女別。

VIEW|景観
琵琶湖北部の湖岸に面した水辺のオートキャンプ場。場内は開放的なロケーション。水質がよく、以前は水泳場にもなっていた。春は桜の下で花見を兼ねたキャンプも可能。

FOOD and DRINK|食料・飲料
周囲に店舗はほとんどない。最寄りのコンビニは約4.6km(クルマで約11分)。大型のスーパーは高島市の市街地(約14km、同約25分)まで行く必要がある。

ACCESS|交通
名古屋方面からの場合は、北陸自動車道・木之本ICから、国道を経由して約16km、クルマで約20分だ。キャンプ場直前の湖岸道路は幅員が狭く、自転車も多いので注意。

ADVICE|ひとことアドバイス
湖岸の敷地を利用した細長い形のキャンプサイトになっており、あまり大型のテントには向かない。コンパクトな装備で楽しもう。

二本松キャンプ場|NIHONMATSU CAMP GROUND
営業期間通年(※但し、7月〜9月までの繁忙期の週末はキャンプ宿泊不可。この時期のキャンプは要事前問い合わせ)
定休日なし
サイト数区画サイト:20区画
所在地〒529-0721 滋賀県長浜市西浅井町大浦大門
予約方法電話のみ
チェックイン13:00
チェックアウト10:00
地面砂・砂利
参考料金5500円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0749-89-1083( 予約問い合わせ専用)
WEBサイトhttp://okubiwako-resort.co.jp/publics/index/21/
備考利用料:4000円(1区画/定員4名まで)
駐車料金:1500円(普通自動車) / 500円(バイク)※1台あたり
レンタルテント:3000円 ※1張
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOT
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  5. 5

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP