達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

北海道

道東の人気観光地、釧路市内からクルマで約30分。北海道観光を楽しみながら、大自然の下でオートキャンプを楽しめるのが釧路湿原三湖のひとつ、達古武湖の湖畔に広がる「達古武オートキャンプ場」だ。周囲の大自然に溶け込むキャンプ場は、設備も充実。ビギナーやファミリーでも安心して利用できるキャンプ場といえるだろう。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲達古武湖は釧路湿原三湖(ほかに塘路湖、シラルトロ沼)の中では一番南に位置しており、湖畔にはカヌー乗場も整備されている。

北海道釧路平野に位置する釧路湿原は、釧路市の北部から4市町に広がる日本最大の湿原・湿地帯だ。その大きさは268㎢となり、大阪市がすっぽりと入ってしまう広大な面積を誇っている。

1980年には国内で初めてラムサール条約に登録され、国際的にも貴重な水鳥の生息地として、周辺環境の保全・管理が徹底的に行われている。さらに国立公園の指定を受けていることもあり、域内の開発は厳しく管理されるなど、まさに人間の手が入らない自然の姿が維持されている場所だ。

「達古武(たっこぶ)オートキャンプ場」があるのは、そんな釧路湿原の一角にある達古武湖の湖畔である。

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武湖の湖畔に広がる「達古武オートキャンプ場」。7月から8月にかけてはホタル観賞も楽しめる。写真は湖畔側のフリーサイト。

場内は定員50組のフリーサイトをはじめ、車両の乗り入れ・横付けができる区画サイト「オ-トサイト」が25区画(専有面積は約68㎡)、さらに簡易バンガロー(10棟)やロッジ(5棟)などもあり、予算に合わせて好みのスタイルで宿泊を楽しめる。「オ-トサイト」の一部(9区画)では電源も利用可能だ。

眺望が特に優れているのは湖畔の水際に広がる車両乗り入れ不可の「フリーサイト」。全面芝生のスペースはどこにテントを設営してもいい。12台まで利用可能な駐車場とも隣接しているため、テントの設営場所を工夫すればオートキャンプ的な使い方もできる。その上料金は「オ-トサイト」の半分程度と割安だ。

共用設備は炊事棟(3ヶ所)と水洗式のトイレ棟(2ヶ所)が場内に配置されている。さらにセンターハウス(管理棟)内には売店、食堂、シャワー、ランドリー、トイレ(温水洗浄機能付き)なども備わっている。カヌーや自転車などのレンタルも可能なので、釧路湿原の自然を満喫するにはピッタリの場所といえるだろう。

なお、場内からは片道2.4kmの遊歩道が整備されており、夢ヶ丘展望台まで歩くこともできる。近くにはクルマで立ち寄れる細岡展望台もあるが、夢ヶ丘展望台へのアクセスはこの遊歩道のみ。時間に余裕があれば、ぜひ散策を楽しんでみよう。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲湖畔の一等地となるフリーサイト。車両の乗り入れはできないが、駐車場に隣接しているので、荷物の搬入も楽々で、使い勝手もいい。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲センターハウス(写真)ではキャンプの受付やレンタル品の貸し出し、シャワー(1回100円)、コインランドリー(1回200円)、乾燥機(1回100円)まで備わっている。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲電気や水道が完備したロッジと、簡易宿泊棟の簡易バンガローという2種類の宿泊棟も用意されている。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲炊事棟は水道完備(給湯設備はない)。スペースも十分なので、夏の繁忙期でも混み合うことは少なそうだ。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲写真はオートサイト。専用の駐車スペースが設けられた区画サイトだ。専有スペースは駐車スペースを除いて、6.5×10.4m(約68㎡)。電源は25区角中、9区画のみ用意されている。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲園路を中心に左右に広がる区画サイト。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲キャンプ場からクルマで10分ほど離れた釧路川の「細岡カヌーポート」(達古武湖とも繋がっている)。カヌーはキャンプ場でレンタルもできる。

達古武オートキャンプ場|北海道

▲センターハウスではバーベキュー用の肉も購入できる。箸や紙コップ、インスタント食品も販売されている(念のため事前に電話で確認を)。

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

達古武オートキャンプ場|北海道

VIEW|景観
大小の湖沼が連なった釧路湿原内の達古武湖・湖畔のキャンプ場。周囲は釧路湿原国立公園に指定されており、手付かずの自然に囲まれたキャンプ場だ。

FOOD and DRINK|食料・飲料
最寄りのコンビニは釧路市の市街地方向へ向かって約12km(クルマで約20分)。釧路市の繁華街までは約20km、食料・飲料は市街地で調達しよう。

ACCESS|交通
根室・帯広のいずれからも釧路外環状道路・釧路東ICから国道391号を経由して約18.5km(クルマで約30分)。弟子屈方面からも同じく391号でアクセスできる。

ADVICE|ひとことアドバイス
釧路川へとつながる達古武湖の湖畔に広がるキャンプだ。せっかくの機会だけにカヌーにも挑戦してみたい。場内でカヌーのレンタルもできる。

達古武オートキャンプ場|TAKKOBU AUTO CAMP GROUND
営業期間5月1日~10月31日
定休日なし
サイト数区画サイト:25区画、フリーサイト:50組、宿泊棟:15棟
所在地〒088-2141 北海道釧路郡釧路町字達古武65-2
予約方法電話
チェックイン15:00
チェックアウト10:00
地面
参考料金1490円(大人2名利用時の税込合計料金)
電話番号0154-40-4448
WEBサイトhttps://welcome-kushirocho.jp
備考入場料:大人 100円 小・中学生 50円
オートサイト:1泊 1290円
フリーサイト:1泊(5名まで) 640円
ロッジ:1泊(4名まで)3780円
簡易バンガロー:1泊 2200円
※参考料金はオートサイト1泊1290円+
大人2名分入場料200円の税込合計料金
※幼児の入場料は無料
※テントサイトは時間貸しもあり
※洗浄機能付きトイレは管理棟内のみ
※Wi-Fiは管理棟周辺部のみ利用可能
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
売店Wi-Fiレストランレンタル

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP