ほったらかしキャンプ場(山梨県)|温泉と富士山と夜景という3つの魅力的なコンテンツが集約

中日本

通年営業している温泉のあるキャンプ場というだけでも十分に魅力的だが、さらに富士山を望む絶景や甲府盆地を見下ろす夜景まで楽しめるとなれば、人気にならないはずがない。「ほったらかしキャンプ場」は、キャンパーなら誰でも一度は訪れたいと思える人気のコンテンツが詰まったキャンプ場だ。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

▲写真では地面が土になっているが、現在は「ドッグランサイト」以外はすべて砂利敷きになっている。隣接する区画との間は丸太や木柵で区切られている。

日中は霊峰・富士を見渡すロケーションに酔いしれ、日没後は徐々に輝きを増す甲府盆地の夜景を堪能。翌朝はちょっと早起きして朝日に輝く富士山を眺めながら、早朝営業の温泉でしっかりと温まる……。人気になる要因がいくつも挙げられるのが、山梨市にある「ほったらかしキャンプ場」だ。

キャンプ場は標高約700mに位置しており、2016年にオープン。もともと隣接する「ほったらかし温泉」に勤めていたオーナーが独立起業してスタート。当初は山頂の一部を使った小さなキャンプ場として営業を始めた。

やがて“絶景”と“温泉”というコンテンツが人気を呼び、瞬く間に大人気となった。利用者が増えるにつれキャンプ場もサイトを拡張しているが、それでも予約が取りにくい人気のキャンプ場だ。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

▲斜面に沿って階段状に配置された区画サイトからは、甲府盆地の夜景が堪能できる。

現在は7×9m(63㎡)を目安にした区画サイト(すべて電源付き)をはじめ、2家族が入れる大きな「ダイノジサイト」や、ソロキャンパー向けの専用エリアなど、70の区画が用意されている。

さらにテント不要で滞在を楽しめるコテージも備わっており、どの場所を選んでも富士山や甲府盆地を眺める絶景が堪能できる。

特に10~ 11月は空気が澄んでいることが多く、遠くまできれいに見通せるのでオススメだ。

斜面に沿って配置された区画サイトは適度に高低差をつけ、視線が交わりにくいように配慮されており、静かにキャンプを楽しむのにも最適。

共用設備は各エリアに炊事棟やトイレ棟を分散して配置。炊事場には給湯も用意されており、冬の洗い物でも冷たい思いをしなくてすむ。トイレは温水洗浄機能付きの洋式水洗トイレで、清潔感もあり、キャンプ経験の少ない女性を同伴しても安心だ。

温泉はセンターハウスから徒歩3~4分の距離にある「ほったらかし温泉」。経営が別ということもあり割引などのサービスはないが、ほとんどのキャンパーが利用しているそうだ。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

▲「区画サイト」はおおよそ7×9m。トイレや炊事場に近く、便利な場所に配置されている。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

▲炊事棟は場内に3つあり、分散して配置さている。洗い場には給湯設備は備わっていない。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

▲トイレ棟はキャンプ場内に分散して配置されている。いずれも男女別で水洗式。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

▲隣接する「ほったらかし温泉」は別経営。元湯の「こっちの湯」と新湯の「あっちの湯」の2つのお湯がある。日の出前から営業を開始するのは「あっちの湯」。どちらも大人1名800円。

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

ほったらかしキャンプ場|山梨県

VIEW|景観
斜面を利用して階段状にサイトが配置されており、日中は富士山の山体を、そして日没後は甲府市内の夜景を眼下に収めることができる。

FOOD & DRINK| 食料・飲料
山の上にあるため、飲料・食料の調達には一度山を下りる必要がある。最寄りのコンビニは4.1km、クルマで約10分の距離だ。大型のスーパーも12〜13分の距離にある。

ACCESS |交通
東京方面からの場合は中央自動車道・勝沼ICよりキャンプ場まで約13km、クルマで25分程度。中央自動車道・一宮御坂ICからもほぼ同じような距離感だ。

ADVICE|ひとことアドバイス
階段状に生地されたキャンプサイトは、どこからも眺めが良く、評判の夜景も堪能できる。写真では地面が土になっているが、現在は全サイト砂利敷きとなっている。

ほったらかしキャンプ場|HOTTARAKASHI CAMPING FIELD
営業期間通年
定休日なし
サイト数区画サイト:70区画(ほかにコテージなどあり)
所在地〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-25
予約方法WEBのみ
チェックイン13:00~17:00
チェックアウト11:00(コテージは10:00)
地面砂利
参考料金6000円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号080-9677-1010
WEBサイトhttps://hottarakashicamp.com
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××◯(隣接する別施設)
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×◯(隣接する別施設)

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP