星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)|ロマンチックな名前は期待を裏切らない、一生の思い出を心に刻む絶景のキャンプ場

北海道

富良野の牧歌的な風景の中でチェックイン。夕闇が迫ると共に幻想的な風景へと変わり、夜が更けるほど星の輝きが増していく。翌朝は場内に放牧された羊の声でやさしく起こされ、素晴らしい1日がまた始まる。そんな非日常的なキャンプを楽しめるのが「星に手のとどく丘キャンプ場」だ。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲キャンプ場はなだらかな山裾の斜面から、富良野の牧歌的な景観を楽しめる。

人気の観光地が連なる北海道の中でも、常に注目されているエリアが北海道のほぼ中央にある美瑛(びえい)や富良野(ふらの)だ。

ラベンダー畑や“北の国から”のロケ地跡、青い池など、見所が多く、道外からの観光客の多くがイメージする北海道らしい風景が広がる。

標高2077mを誇る活火山・十勝岳の西側に町並みが広がり、北から順番に美英町、上富良野町、中富良野町、富良野市が国道沿いに並ぶ。

厳冬期はパウダースノーのスキー場も有名だが、地産の野菜や肉を目当てにした食通や、良質のお湯を求める湯治客も多く、四季を通じて賑わう。このため宿泊施設も充実しているが、同時にキャンプ場も豊富で、キャンパーにとっても充実したエリアといえるだろう。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲場内からは富良野の美しい風景を望むことができる。天気が良い日は素晴らしい夕日も楽しめる。

中でも富良野岳の山裾、ゆるやかな西側斜面に位置する「星に手のとどく丘キャンプ場」は特に眺望のいいことで知られる人気のキャンプ場だ。

牧歌的な風景の中で広々としたサイトが展開されており、西側が大きく開けているため、晴れた日の夕刻は真っ赤に染まった空と、天塩・夕張山系のシルエットが幻想的な景観を生み出してくれる。

日没後はロマンチックな名称からも期待できるように、満天の星が広がる星空観賞も楽しみのひとつだ。

場内は「来場者に星空観賞を楽しんでもらいたい」と、光害を極力減らしていることもあり、夜が深まるほど星の輝きが増していく。きっと誰もが思い出に残るような一夜を過ごせるだろう。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲管理棟内には売店や温水のコインシャワー、ランドリーなどもある。

さらに翌朝は羊が場内に放たれ、非日常的な環境の中で美しい1日が始まる。滞在中はいつでも驚きの連続だ。

テントを設営するキャンプサイトは3種類。概ね8×8m(64㎡)のオートサイト(25区画)を筆頭に、車両+トレーラーにも対応したキャンピングカーサイト(4区画)と、モーターサイクリスト向けのバイク専用サイト(15区画)。電源はキャンピングカーサイトのみ別途500円のオプションで利用できる。

焚き火のできる専用屋外炉が用意されているサイトもある。

バンガローの種類も多く、眺望のいい展望テラス付きバンガローなど、大小6種類(合計12棟)の宿泊棟も用意されている。

共用施設は炊事棟と全個室に温水洗浄機能を備えた水洗・洋式トイレなど。清潔感のあるトイレは女性の利用者にも喜ばれるはずだ。

また、管理棟を兼ねる「富良野ジンギスカン・ひつじの丘」では、新鮮なジンギスカン料理も味わえる。一般向けはランチ営業のみだが、キャンプ利用者は予約しておけば夕食時にも利用可能で、ゆったりと本場の味に舌鼓を打てるだろう。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲キャンプサイトは「オートサイト」「キャンピングカーサイト」「ライダー専用サイト」の3種類だ。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲宿泊棟は種類が多い。展望テラス付きのバンガローは特に人気が高い。2名用の小さなデッキ付きバンガローもあるので、利用人数に応じて選択できる。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲バンガローの室内。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲共用施設の炊事棟は屋根付きになっている。給湯はないが、冬季はクローズするので、滞在中は必要ないだろう。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲トイレは場内に複数設置されている。男女別ですべての個室に洗浄機能付きの水洗式・洋式トイレが設置されている。

星に手のとどく丘キャンプ場(北海道)

▲管理棟ではキャンプ道具の連絡なども用意されている。

 

VIEW|景観
富良野岳(標高1912m)の山裾にあるキャンプ場。緩やかな西斜面にサイトが広がっており、眺望も開けている。日除けになりそうな樹木はないが、北側には森が広がっている。

FOOD and DRINK| 食料・飲料
中富良野、または上富良野の市街地で飲料・食料の調達が可能。どちらも10〜11kmの距離があり、クルマで15〜20分を要する。どちらにもコンビニ、スーパー、薬局、ガソリンスタンド、病院などが複数ある。富良野、美瑛は温泉天国ともいわれるので、入浴は場外で。

ACCESS |交通
道央自動車道・三笠ICから約80km(クルマで約40分)。道東自動車道・占冠ICから約60km(同約1時間)。札幌市内からは道央自動車道経由で約130km。

ADVICE|ひとことアドバイス
施設名の通り「美しい星空」を堪能するためのキャンプ場。文中でも触れたが、夜間の照明は極力無くしている。利用者側も夜は小さな灯りに抑え、満天の星を楽しんで欲しい。

星に手のとどく丘キャンプ場|HOSHI-NI-TENOTODOKU-OKA CAMP GROUND
WEBサイトhttps://www.hoshioka.com
所在地〒071-0711 北海道空知郡中富良野町字ベベルイ ひつじの丘内
営業期間4月〜10月(詳細はWEBサイトで確認)
定休日なし
電話番号080-3234-9169​(電話受付09:00~17:00)
サイト数区画サイト:44区画、宿泊棟:12棟
参考料金3000円(大人2名利用時の税込合計料金)
予約方法電話・WEB
チェックイン13:00〜17:00
チェックアウト10:00
地面芝生・草・土
備考利用料 大人(中学生)1名:1000円
利用料 こども(小学生以下)1名:500円
利用料 ペット1頭:200円
オートサイト 1区画:1000円
キャンピングカーサイト 1区画:1500円
バイク専用サイト 1区画:無料
バンガロー:5000円〜
※焚き火は専用炉での直火のみ。専用炉以外、焚き火台の使用も禁止
※複数組での利用・予約不可
※1サイト1家族まで
※発電機は使用禁止
※シャワー利用は06:00〜21:00
※その他のルールはWEBサイトで確認
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
×××◯※専用炉
給湯ゴミ捨てシャワー風呂洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×

注意※営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
※掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO、星に手のとどく丘キャンプ場
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2020
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.13

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  2. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  3. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  4. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

  5. 絶品ニラソースで味わう塩豚蒸し焼き

TOP