唐泊ヴィレッジ (福岡県)|トゥクトゥクでお出迎え! プライベートビーチのあるキャンプ場

キャンプ場

人気の観光地として注目を集めている糸島にあり、プライベートビーチにも隣接している「唐泊ヴィレッジ」。滞在中は思う存分ビーチアクティビティを楽しめるなど、サマーシーズンにぴったりなキャンプ場だ。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲福岡と佐賀の間に位置する糸島半島の北崎地区「唐泊(からどまり)」にある「唐泊ヴィレッジ」。写真中央にあるのが、地元で「うしろ浜」と呼ばれる秘密のビーチだ。

九州観光の注目スポットとして、若い世代を中心に人気を得ている糸島半島。美しい海岸線だけでなく、工夫を凝らしたインスタ映えスポットが連なるなど、話題に事欠かない観光地だ。その糸島半島にある「唐泊ヴィレッジ」もまた、写真映えのするグランピング施設である。

2021年1月にオープンしたこの施設は、50年も放置されてきたという、かつての耕作地約6000坪を借り受けて再整備されたもの。「非日常体験ができる村づくり」をテーマに、さまざまな取り組みにチャレンジしている。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲長年人の手が入っていなかった耕作放棄地を半世紀ぶりに開拓して出来上がった「唐泊ヴィレッジ」。元々が段々畑になっていたことから、山側の敷地は階段状になっており、眼下に海を望む。音無瀬戸を挟んだ先には玄海島も。

場内は階段状に整地された広々としたスペースに「A」~「F」という6つのエリアが展開されている。中でも、もっとも高い位置にある「Aサイト」は眺望に優れており、玄界灘を一望するロケーションが楽しめる。

宿泊やデイユースが可能なキャンプサイトはその「Aサイト」を含めてテント泊用の「フリーサイト」、手ぶらでキャンプが楽しめる「手ぶらシブレーテント」の2種類。加えて遊牧民のユルトを連想させるような「インスタントハウス」という宿泊棟の合計3種類だ。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲遊牧民のユルトをイメージさせるインスタントハウス。

ほかに共用設備としてキッチン棟、温水シャワー、温水洗浄機能付きの洋式水洗トイレ、サウナなどがある。特に給湯を完備し、食器や調理器具まで備えたフルキッチンは、食材を持ち込んでの調理にも心強いだろう。

日中はキャンプ場からしかアクセスのできないプライベートビーチ「うしろ浜」で海水浴。疲れたら、日差しを遮るスターシェードでゆっくり休んでもいい。20時にはアルコール、ソフトドリンクを揃えた「ティピバー」もオープンする。

なお、来場にあたって、車両での直接アクセスができないので注意を。クルマは「唐泊ヴィレッジ」のそばにある専用の駐車スペースに止め、荷物と一緒にスタッフが運転するトゥクトゥクでキャンプ場へアクセスするシステムだ。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲テントを設営するスペースはフラットで各所に電源が引き込まれている。ここでは期間限定ではあるが、持ち込みテントも利用できる。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲インスタントハウスの内部は発泡断熱材で覆われており、外気をシャットダウン。夏は扇風機、冬は暖房用のヒーターも備わる。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲調理器具や食器などを揃えた本格的なフルキッチンはキャンプ場利用者なら誰でも利用可能。給湯も備わっている。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

▲話題のテントサウナも楽しめる。熱った体は常設された簡易プールで一気にクールダウン。

▲場内には温水シャワーブースや洗浄機能付きの水洗式トイレも備わっている。

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

唐泊ヴィレッジ (福岡県)

VIEW|景観
アクセス路がほとんどなく、周囲から孤立した場所にある「うしろ浜」に隣接している。6000坪という広大な敷地は「中央広場」を中心に、階段状になったキャンプサイトが取り囲んでおり、上段は水平線を望むロケーションとなる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
場内から約1.5km、クルマで5分ほどの場所に小さなコンビニがある。食材や飲料の調達はキャンプ場から約11km(クルマで約20分)ほどの距離にある福岡市内のスーパーまで出かける必要がある。食材はすべて来場前に調達しておこう(食材込みのプランもある)。

ACCESS|交通
福岡市内中心部から約30km(クルマで約45〜60分)。利用にあたっては場内まで車両を乗り入れることができず、500mほど離れた海岸沿いの駐車場に車両を止め、スタッフの運転する送迎車のトゥクトゥクで入場する。

ADVICE|ひとことアドバイス
場内へのアクセス路の関係で自己車両での乗り入れができないが、送迎車のトゥクトゥクで迎えてくれるので安心。玄界灘を見下ろす「Aサイト」がもっとも眺望に優れている。

唐泊ヴィレッジ|KARADOMARI VILLAGE
営業期間通年
定休日水曜日
サイト数フリーサイト:定員15組(他に手ぶらシブレーテントやインスタントハウスなど)
所在地〒819-0201 福岡県福岡市西区宮浦
予約方法WEBのみ
チェックイン13:00~17:00
チェックアウト08:00~15:00
地面芝生・草・土・砂
参考料金1万2000円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号090-1586-8191
WEBサイトhttps://www.karadomari.jp
備考持込キャンプ(1泊2日) おとな1名:6000円/小学生1名:3000円
※3歳以下は無料
※ペットは1650円
シブレー手ぶら(1泊2日・食事なし)  おとな1名:1万5000円/(小学生1名):9900円/(幼児1名):4400円
※ペットは2200円
インスタントハウス(1泊2日・食事なし)  おとな1名:1万9800円/(小学生1名):1万4800円/(幼児1名):5500円
※ペットは2200円
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  4. 4

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  5. 5

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP