オートキャンプ場 高原の里(大分県)|くじゅう連山を見上げる開放的なオートキャンプ場

キャンプ場

黒岳、大船山、平治岳、三俣山、稲星山、久住山など、九州を代表する山々が連なった「くじゅう連山」。標高1700mm級の火山体をすり抜ける「やまなみハイウェイ」沿いにある、開放感の高いキャンプ場が「オートキャンプ場 高原の里」だ。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲キャンプ場の周囲は毎年野焼きされることから、背の高い草木がほとんどなく、開放感の高い景観になっている。

湯布院から阿蘇方面へ「やまなみハイウェイ」を南進すると、やがて左手に「朝日台展望台」が現れる。晴れた日の景色が特に美しいことで知られる、くじゅう連山を一望する観光スポットだ。展望台から「オートキャンプ場 高原の里」までは約3km、クルマで走れば数分の距離にある。

まるで牧場の一角に整備されたかのようなキャンプ場は、かつて牧草地として利用されていた場所で、16年ほど前からキャンプ場として営業を行っているそうだ。

場内は高低差のほとんどないフラットな地形になっており、テントやタープはどこに設営しても構わないフリーサイト。車両の乗り入れ・横付けもできるため、大型のテントやタープを広げてゆったりと滞在を楽しめるオートキャンプ場である。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲場内はフラットな地形になっている。写真の奥に見えるのが手作りのケビン。

ちなみにテントの設営が面倒だという人には手作りのケビンも選べる。3つあるケビンは雨風を凌ぐだけで電気や照明があるだけだが、天候が不安定な時期には重宝してくれそうだ。

場内には他に展望台を備えた管理棟と、屋根付きのしっかりとした炊事棟がある。男女別のトイレ(水洗式)とシャワーなど、必要な設備は管理棟のある北側にまとめて配置されているため、キャンプ場の南に位置するくじゅう連山の景観を邪魔するものはない。設営する場所を選ばずともサイトから見える景観は変わらないから、場所選びに迷うこともないはずだ。

なお、クルマで5分ほど走った距離にはハイカーに人気の高い「タデ原湿原」もあるので、美しく咲いた花々を愛でながら木道をゆっくりと散策するのもいいだろう。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲管理棟2階の展望デッキからの眺望。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲ケビンは電気と照明があるだけ。テントの代わりに使うようなシンプルな宿泊棟だ。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲日除けになる木立に挟まれるように建てられた炊事棟。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲男女別のトイレ棟。個室は水洗式。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

▲キャンプの受付を行う管理棟。BBQ用の肉も販売している。

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

オートキャンプ場 高原の里(大分県)

VIEW|景観
キャンプサイト南方向に「くじゅう連山」の山体を見上げる形で配置されている。場内は高低差のほとんどないフラットなスペースになっている。管理棟の2階が展望デッキになっており、眺望を楽しめる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
キャンプ場から歩いても行ける範囲にJAの運営するドライブインがあり、野菜やインスタント食品、飲料などは入手可能。最寄りのスーパーは場内から約3km(クルマで5分)。コンビニは九重町方向まで行く必要があり、片道14km(同約25分)だ。

ACCESS|交通
大分市内からは約70km(クルマで約1時間)、熊本市内からだと約85km(同約2時間)。大分方面からの場合は大分自動車道・湯布ICが最寄りとなる。

ADVICE|ひとことアドバイス
毎年キャンプ場の周辺は野焼きが実施されることから、場外にはあまり背の高い樹木がなく景観も美しく整えられている。場内はフラットなので、どこに陣取っても景観上の違いはあまり大きくないので、場所選びはお好みで。

オートキャンプ場 高原の里|AUTO CAMP KOGEN NO SATO
営業期間4月前半〜11月中旬
定休日なし
サイト数フリーサイト:35組、ケビン:3棟
所在地〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1726-114
予約方法電話のみ
チェックイン13:00
チェックアウト11:00
地面芝生・草
参考料金3000円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0973-79-2595
WEBサイトhttp://kougen-camp.com
備考入村料 おとな(中学生以上)1名:500円
入村料 こども(小学生まで)1名:300円
入村料 3歳以下:無料
サイト料 1サイト・1泊:2000円
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.31

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    朝霧Camp Base そらいろ(静岡県)|富士山・西麓に今夏オープン! 早くも大人気となりつつある注目スポット

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP