南紀串本 リゾート大島(和歌山県)|入り組んだ海食崖の絶景を見下ろす、紀伊大島の海岸線に広がるキャンプ場

西日本

和歌山県下最大の島「紀伊大島」東部南岸に広がる「南紀串本 リゾート大島」は、海抜40mほどの入り組んだ崖の上に広がるキャンプ場だ。場内はどこへテントを設営しても開放的なロケーションの中で豊かな自然を楽しめる。また、海を見下ろす絶景の露天風呂をはじめ設備も充実。経験を問わず、誰が訪れても快適なキャンプが楽しめる場所だ。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲紀伊大島の東部南岸に広がる「南紀串本 リゾート大島」。写真中央付近が海を直接望める「展望サイト」。「電源サイト」や「炊事場付きサイト」などもある。

周囲約28kmを誇る紀伊大島の東部南岸に位置し、入り組んだ海食崖の上に2万坪という広大な敷地を有するのが「南紀串本 リゾート大島」だ。

本州最南端の潮岬から約1kmの位置にあり、本州からは、くしもと大橋を経由してアクセスできる。 “南紀”と呼ばれる和歌山県南部エリアは、よく知られるように年間を通じて温暖な気候であり、降雪も稀。このため「南紀串本リゾート大島」も、季節を問わず週末は数多くのキャンパーで賑わっている。

場内は海抜40mほどの崖の上に細長く広がる。南側は海食崖、東・西・北側は緑の豊かな森という配置だ。キャンプサイトそのものは広大な芝生の広場となっており、木立がなく開放的なロケーションとなっている。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲5区画のみ用意されている「展望サイト」。左右端には2グループで楽しめる「展望サイト・Wサイズ」も用意されている。男女別の露天風呂はこの「展望サイト」から1段下がった場所にある。

平均80㎡という区画サイトはいずれも車両の乗り入れ・横付けが可能で、「展望サイト」「電源サイト」「炊事場付きサイト」など、設備や眺望によって区分けされている。

この内、海を直接目にすることができるのは場内中央にある「展望サイト」の5区画のみ。ほかのエリアは樹木に遮られ、直接海を見下ろすことはできないが、広々とした景観の中でのんびりとキャンプを楽しめる。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲最大10名まで同時に利用できる有料の男女別・露天風呂(温泉ではない)。

共用施設は一部に給湯を備えた炊事棟が4ヶ所。水洗・洋式の個室を備えたトイレ棟が同じく4ヶ所と、どのエリアにテントを設営しても不便にならないよう配慮されている。

入浴は男女別の露天風呂に加え、貸し切り露天風呂が4室あり、すべて眼下に太平洋が広がる絶景を堪能できる。こうした眺望のいい入浴施設は「南紀串本 リゾート大島」の大きな魅力のひとつともいえるだろう。

なお、大小さまざまな20棟のコテージ&バンガローがあるほか、屋根付きのデッキ上にリビングを設けたグランピングなど、予算や好みに合わせて宿泊スタイルも選べる。

充実した設備と絶景を堪能できる眺望、さらに温暖な気候など、「南紀串本 リゾート大島」は経験を問わず、あらゆるキャンパーにおすすめできるキャンプ場といえるだろう。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲有料の男女別・露天風呂。洗い場にはシャンプー、リンス、ボディソープが用意されている。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲場内のコインランドリーにはドライヤーも用意されている。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲一部にペット同宿もできるコテージも用意されている。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲コテージには洗浄機能付きの水洗・洋式トイレやキッチン、2段ベッドなどが用意されている。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

▲有料の「貸切露天風呂」は4室用意されている。すべて太平洋を見下ろす断崖絶壁の上に並んでおり、家族でゆったりとお湯に浸かることができる。

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

南紀串本 リゾート大島|和歌山県

VIEW|景観
キャンプ場の周囲は木立に囲まれているが、キャンプサイトそのものは広大な芝生の広場。海はすぐそばだが、サイトから直接海が望めるのは「展望サイト」5区画のみとなる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
最寄りのスーパー、コンビニは本州側の串本市内にある。コンビニ、大型のスーパーともにキャンプ場からはくしもと大橋を経由して約9km、クルマで約13分。

ACCESS|交通
大阪方面からの場合は紀勢自動車道・すさみ南ICより約32km、クルマで約40分。大阪市内からは約215km、同約3時間。名古屋方面からは約270km、同約4時間30分。

ADVICE|ひとことアドバイス
温泉ではないものの、眺望の良い露天風呂はぜひおすすめ。家族なら海外沿いに建つ貸切風呂でゆっくりとお湯に浸かりたい。グランピングはギア選びが的確で、キャンプ好きでも納得のいくセレクト。

南紀串本 リゾート大島|RESORT OHSHIMA
営業期間通年
定休日なし
サイト数区画サイト:65区画 キャビン:20棟
所在地〒649-3631 和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035-6
予約方法WEBのみ
チェックイン13:00~17:00
チェックアウト08:30~12:00
地面芝生・草・土
参考料金3960円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0735-65-0840
WEBサイトhttps://resortohshima.com
備考料金体系は1人あたりの人数制
ソロ・デュオサイト(定員2名)1650円~3800円
通常サイト(定員4名):1650円~3800円
展望サイト(定員5名):2800円~6500円
電源サイト(定員4名):2200円~4500円
露天風呂:大人600円 子供:300円
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
売店Wi-Fiレストランレンタル
××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023
UPDATE|2023年6月

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    朝霧Camp Base そらいろ(静岡県)|富士山・西麓に今夏オープン! 早くも大人気となりつつある注目スポット

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP