閑乗寺公園キャンプ場(富山県)|日本最大級の散居村を一望、地元でも有名な夕景・夜景スポット

中日本

元スキー場だったという北陸エリアでは老舗のキャンプ場。管理棟のある下段のキャンプサイトは林間。斜面の途中にある上段のサイトは、管理棟までは少し離れるが景観が抜群にいい。少し上ったところに展望広場があり、そこから望む景色はまさに絶景。田植え時期、真っ赤に燃えた夕日が田んぼに張られた水面に反射しながら沈むさまは必見。日没後は美しい夜景スポットとしてもよく知られている。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲「閑乗寺公園キャンプ場」の展望広場から見る光景はまさに散居村を一望する絶景。夜景も美しいが、医王山の山並みに沈む夕日も美しい。(※写真は実際の展望広場よりも高度からドローンで撮影したもの)

広大な田園風景の中に、屋敷林に囲まれた民家がポツンポツンと散らばっている集落を散居村(さんきょそん)と呼ぶそうだ。

散居村は北海道十勝平野や秋田県横手盆地などでも見られるが、日本最大級の散居村は富山県の砺波平野にある。なんと220㎢にも及ぶ広大な平野に今も7000戸もの民家が点在し、美しい田園風景とともに日本の原風景ともいえる景観が広がっている。そんな散居村を眼下に一望できる、まさに絶景のキャンプ場が「閑乗寺公園キャンプ場」だ。

ここは、1953年にスキー場として開発された後、1956年からキャンプ場としても営業を行っている北陸エリアでは老舗の施設。標高約300m、敷地面積10.8haにも及ぶこの広大な公園には、2つのキャンプエリアが設けられており、48区画が用意されている。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲キャンプ場上段の林間サイトに設けられた「第2キャンプ場」。全10区画ですべてに電源付き。近くに炊事場もある。トイレは展望広場の水洗式トイレを利用する。

管理棟に近い下段の「第1キャンプ場」(約38区画)は背の高い木立に囲まれた純和風の森の中という景観。一方、眺望のよい「第2キャンプ場」(10区画)は展望台付近の林間に設けられており、天気さえよければ散居村を眼下に、医王山まで見渡せるという絶景が楽しめるキャンプエリアだ。

「第1キャンプ場」の一部と「第2キャンプ場」のすべてに電源が用意されているのもうれしい。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲展望広場・駐車場と赤い屋根の展望屋外卓。脇には水洗式のトイレも備わる。展望広場から数十m下がった地点にあるのが「第2キャンプ場」。

広さは地形によってまちまちなため区画のサイズにはバラつきがある。このため正確な数値は記せないが、概ね70㎡以上はありそうな区画が多いので、大きめのテントを持ち込んでも設営ができそうだ。

おすすめは展望広場付近の眺望のいい「第2キャンプ場展望サイト」だが、設備の揃った管理棟まで少し離れているのが難点(炊事場は近い)。

「第1キャンプ場」は春の桜のシーズンや秋の紅葉の時期の景観がすばらしいそうだから、季節や天候に合わせて好みのスタイルで楽しめる。

なお、週末は旧ゲレンデ下の芝生広場をフリーサイトとして開放している。近年は週末や祝祭日には満員になってしまうことが多いので、利用時は事前に予約しよう。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲建て直しされたばかりという管理棟。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲管理棟の内部は開放的なログハウスのような造り。コインシャワーや清潔な温水洗浄機能付きの水洗式トイレ、テラスなども備わる。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲「第2キャンプ場」にある炊事棟。給湯なしの水のみ。灰捨て場もあり。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

▲松林の中に広がる「第1キャンプ場」。こちらは一部に電源が備わっている。こならや桜などの樹木も多く、春は桜の名所でもある。

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

閑乗寺公園キャンプ場(富山県)

VIEW|景観
上段、下段でまったく景観の違うキャンプ場。下段は林間サイト。斜面の途中の上段サイトは、平野側に大きく眺望が開けている。また、斜面の下にある芝生広場は週末はフリーサイトとして利用できる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
南砺市井波の市街地が近く、忘れ物をしても手軽に調達できる。最寄りのコンビニは約2.6km、クルマで5分。3km圏内にスーパーマーケットもある。

ACCESS|交通
富山市からは北陸自動車道経由で43km。石川県金沢市内からは県道27号経由で35km。どちらからもクルマなら小一時間の距離だ。東京からは約6時間。

ADVICE|ひとことアドバイス
近代的な管理棟がなにかと便利。トイレやシャワーがあるのも管理棟だ。便利な立地にあるのは「第一キャンプ場」や「フリーサイト」だが、ここはやはり眺望を優先して「第二キャンプ場」を利用してみよう。

 

閑乗寺公園キャンプ場|KANJOJI PARK CAMP FIELD
営業期間通年
定休日なし
サイト数区画サイト:48区画、フリーサイト50組(他に宿泊棟あり)
所在地〒932-0211 富山県南砺市井波外二入会1番地
予約方法電話またはWEB
チェックイン11:00
チェックアウト10:00
地面芝生・草・土・砂
参考料金2500円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0763-82-2565
WEBサイトhttp://kanjojikouen.com
備考1区画またはテント1張り:1500円〜5000円
使用料:1名500円(未就学児無料)
※レストランは火曜、第2・4月曜定休
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××
売店Wi-Fiレストランレンタル

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP