キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県)|エンターテインメント性を高めた、まるでテーマパークのようなキャンプ場

東日本

那須高原の森の中に広がる「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」は、ちいさな子どもを連れて遊びに行きたい施設だ。場内には趣向を凝らしたコテージやキャビンの数々が軒を並べ、暖炉やブランコを付帯したオートキャンプサイトまである。いずれも来場者が安心・快適に利用できる設備になっており、思い出深いアウトドア体験を楽しめるように工夫されている。一度利用したら、間違いなくリピーターになってしまうはずだ。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲場内に入ってすぐに目に飛び込んでくる大きな管理棟。裏手には夏は水遊びのできるじゃぶじゃぶ池や、キャンパーズキッチンがある。無料の露天風呂も管理棟に隣接している。

極めて高いクオリティとエンターテインメント性を備えた施設が「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」だ。一つひとつの施設がとてもよくできており、WEBサイトで施設を選んでいる時から、まるでテーマパークでアトラクションを選んでいるような感覚でワクワクしてくる。

もちろん、実際に現地を訪れた後も期待は裏切られない。特にちいさな子ども連れの家族にはお勧めだ。

海外のアウトドア施設のような美しい木造の建物が並ぶ場内は、どこも丁寧に清掃されている。敷地内に入ると正面に見えてくるログハウス調の建物が管理棟だ。キャンプサイトは約50サイトほどあり、すべて区画化されている。ほかにコテージやキャビンなどの宿泊棟が40棟以上あるが、その多くがテーマ性を持った施設になっている。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲標準的な「オートキャンプサイト」は約100㎡。植栽でゆるやかに区切った区画サイトだ。20Aの電源や多目的に使用できるキャンプポールが備わっている。

スタンダードな「オートキャンプサイト」は占有面積約100㎡。地面は水捌けのいい目の細かな砂利敷きで、20Aの電源付き。ランタンスタンドや物干し、ドッグポールなど多目的に使用できるキャンプポールが設置されているので何かと便利だ。この「オートキャンプサイト」には120㎡の「チョイ広め~」や、190㎡の「広め~」など、使用するテントやタープのサイズに合わせて大きめの区画サイトも用意されている。

200㎡の大きなスペースにガレージを設置し、ガレージ内で宿泊もできる「オートキャンプサイト“ガレージ”」や、屋根付きの暖炉スペースを設置したオートキャンプサイト“暖炉”」もある。テント泊であっても、趣向を凝らしたオートキャンプが楽しめるのだ。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲ログスタイルの建物の下、セミオープンな空間にバーや暖炉、アウトリビングを設けた「カントリーキャビン“語らい”」。

コテージやキャビンも同様で、気軽にアウトドア体験ができるだけでなく、滞在を心ゆくまで楽しめるような仕掛けがふんだんに用意されているのも特徴のひとつ。共用設備も充実しており、給湯設備のある炊事棟や無料の露天風呂、コインランドリーやピザハウスまである。

週末は多様なイベントも開催されているので、ファミリーキャンパーなら是非一度は利用してみてほしい。ちなみに「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」は、子ども連れの家族または大人2名のみの利用に限る。大人のグループ宿泊は受け付けていないので、ご注意を。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」の入口。まるで海外のキャンプ場のような施設に、自然と気分が盛り上がる。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲早く到着してしまっても、無料であそべる「キッズプレイガーデン」で時間を潰せる。開放時間は9:00~17:00。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲チェックインを行う管理棟内の受付。棟内には調味料や日用品、インスタント食品、お菓子、ソフトドリンクやアルコール飲料などを揃えた売店もあり、電子レンジや給湯ポットも用意されている。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲管理棟の入口では焚き火用の薪も販売されている。針葉樹だけでなく広葉樹の薪も用意されている。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲管理棟裏にある軽食コーナー。隣にはピザハウスもあり、本格的なナポリスタイルのピザを楽しめる。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲人工芝を敷いた「チョイ広めオートキャンプサイト“ブランコ”」。木製のデッキとブランコが備わる。人工芝のため焚き火は台を使用した上で砂利の上のみ可。占有面積は120㎡。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲150㎡のスペースに屋根付きの囲炉裏スペースを加えた「オートキャンプサイト“囲炉裏” 」。高さを調整できる自在鉤付きの囲炉裏を使って薪火・炭火料理が楽しめる。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲有料施設の「屋根付きBBQ場」。内部に水道やシンク、作業台などが備わるほか、コインランドリーも用意されている。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲給湯も用意された「温水キッチン」。夜間は虫除けの黄色いランプを点灯させている。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲「温水キッチン」ではお湯の利用できる流しが8台連なっている。合成洗剤は使用不可。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲「カントリーキャビン“語らい”」。車両の駐車スペースは2台分あり、その後ろに9×5mの多目的な中庭と専用のトイレ付き。キャビンで就寝もできるし、持ち込みのテントも張れるので2組で利用することもできる。キャビン内にはセミダブルベッドに加え、2段ベッドがひとつ、テーブルと椅子が備わる。アウトドアリビング部は屋根の付いた半外の空間に暖炉やテーブル、バーカウンターが備わっている。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲アウトドアリビングを挟むような形でシンメトリーに2つのキャビンを配置した「ツインキャビン“語らい”」。1つのキャビンは約6帖で内部に2段ベッドを配置。温水洗浄機能付きの洋式水洗トイレを備えた個室が、それぞれのキャビンの脇に1つずつある。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲ノーリードでペットと一緒にキャンプを楽しめる「ドッグキャンプサイト」。占有スペースは120㎡で周囲を木柵で囲んである。15Aの電源付き。車両はフェンス外に駐車する。

キャンプ&キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN

▲区画サイズ約120㎡を誇る「ドッグキャンプサイト」。木柵で囲まれているため、車両は区画内に入れられないので、ご注意を(区画外に駐車者場あり)。

【その他の施設】

VIEW|景観
別荘地に囲まれた那須高原の森の中にあるキャンプ場。場内は適度に樹木を残した林間のロケーション。施設の外周に沿ってネットフェンスを設置しており、野生動物が侵入したり、小さな子どもが迷い出たりしないように配慮されている。

FOOD and DRINK| 食料・飲料
観光地・別荘地に加え、定住者も多いエリアであることから、付近には大型のスーパーやコンビニも揃っている。最寄りのコンビニはキャンプ場から約2.1km(クルマで約4~5分)。スーパーは約4.6km(同約10分)。

ACCESS |交通
東京都心からは東北自動車道を経由して2時間ちょっと。東北自動車・那須ICから約3.3km(クルマで約5分)。電車利用の場合は東北新幹線・黒磯駅(西口)から約8.3km(タクシーなどを使って約15分)。

ADVICE|ひとことアドバイス
小さな子どもと一緒にアウトドア体験をするなら「キャンプ・アンド・キャビンズ」以外の選択肢はないだろう。子どもが小さいからと、遠慮してキャンプに行けなかった家族も、ここなら安心。夜遅くまでお酒を飲んで騒いでいるような大人のグルキャンプ組もいない。「子どもに最高のアウトドア体験を」と考えているなら、唯一の選択肢。2023年9月に「キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖」もオープン。

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原|CAMP and CABINS NASUKOGEN
営業期間通年
定休日不定休(1月~3月)
サイト数区画サイト:51区画 宿泊棟:46棟
所在地〒325-0304 栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
予約方法WEB・電話(09:30~17:00)
チェックイン14:00~17:00
チェックアウト~13:00
地面草・土・砂利
参考料金1万2000円(大人2名利用時の税込合計料金:C2レギュラーサイト:7月週末利用の場合)
電話番号0287-64-4677
WEBサイトhttps://www.camp-cabins.com
備考※各サイト・キャビンの料金詳細はWEBサイトで確認
※18歳未満の子どもは無料
※ドッグランは専用オートキャンプサイトのみ
※入浴は無料で使用できる露天風呂内にシャワー設備を備える(温泉ではない)
※温水洗浄機能付きのトイレは一部のみ
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン(※専用サイトのみ)焚き火直火炊事場
×
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
売店Wi-Fiレストランレンタル

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.24

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    電波の届かないキャンプ場でも、これで安心!|スターリンクローム(STARLINK ROAM)

  5. 5

    コールマンの最高峰モデル「マスターシリーズ」の新作シェルター「ツインクリフ」新発売

最近の記事

  1. キャンパーたちの気になる愛車|小さなボディで車中泊も可能! 4人でキャンプも行けるJA11ジムニー

  2. キャンパーたちの気になる愛車|モパーマッスルのDNAを持つ、パワフルなミドルサイズSUV

  3. キャンパーたちの気になる愛車|カリスマ的ギアショップオーナーが愛用するキャンプモービル

  4. コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  5. こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

TOP