久住高原オートビレッジ(大分県)|阿蘇らしい開放的な牧草地が自慢、設備の整った大型オートキャンプ場

キャンプ場

阿蘇の涅槃像(ねはんぞう)に、くじゅう連山。どちらの方向を向いても、いかにも阿蘇らしい美しい景観を楽しめるのが「久住高原オートビレッジ」だ。フリーサイトの定員を含め、サイト数だけでも150以上という大型のキャンプ場では、隣接する「久住高原コテージ」内のレストランや掛け流し(内湯)の天然温泉も楽しめる。

久住高原オートビレッジ|大分県

▲まるで牧場のような景観が続く「久住高原オートビレッジ」。未舗装の園路沿いに区画サイトが広がり、その周辺がフリーサイトとして開放されている。

釈迦が仰向けになって寝ているように見えることでよく知られる阿蘇五岳の涅槃像。さらに標高約1700m級の山が連なり、“九州の屋根”とも呼ばれているくじゅう連山。南北を阿蘇の豊かな自然に囲まれ、眺望にも優れたオートキャンプ場が、この「久住高原オートビレッジ」だ。

阿蘇市内からクルマで30~40分程度、大分自動車道・九重ICからも60分程度と、キャンプ場までは距離があるが、周囲は絶景のドライブルートに囲まれている。わざわざ遠回りしたくなるような観光ルートばかりなので、道中も退屈することはないだろう。

「久住高原オートビレッジ」の周辺も牧草地が広がる阿蘇らしい景観が続く。やがて隣接する「久住高原コテージ」の建物が見えてきたらまもなく到着だ。

久住高原オートビレッジ|大分県

▲オートキャンプ場は樹木が少ない開放的な景観が広がる。20Aの電源付き区画サイトも23区画用意されている。地面は芝生や牧草だ。

この「久住高原オートビレッジ」は1997年にオープンした民間経営のキャンプ場。隣接する「久住高原コテージ」が運営・管理をしており、コテージ内の温泉やレストラン、売店なども利用できる。また、73の区画サイトと定員85組のフリーサイトなど、合計150組以上を収納できる大規模な施設でもあり、九州でも屈指の大型オートキャンプ場といえる。

キャンプ場到着後は「久住高原コテージ」で受付を済ませ、そのまま場内へ車両を移動。周囲の景観同様、まるで牧草地のような開放感のあるキャンプ場は4エリアに分かれており、通路沿いに区画サイト、その周辺にフリーサイトが広がる。20Aの電源付き区画サイトも多数用意されているので、家電製品を持ち込んだ快適なキャンプも楽しめるだろう。

区画サイトは概ね100㎡を目安に設計されており、テント床は盛り土をするなどして水平レベルを調整。フリーサイトは緩やかな傾斜地も含まれるが、地面はフカフカの牧草なので、マットやコットで調整すれば快適に就寝できるはずだ。

共用設備は炊事棟とトイレ棟がそれぞれ3つある。温泉は隣接する「久住高原コテージ」内にあり、源泉掛け流しの内湯と、阿蘇側に眺望がひらけた露天風呂を楽しめる。

久住高原オートビレッジ|大分県

▲炊事棟とトイレ棟は共にセットで配置されている。キャンプ場側の樹木は少ないので、日除けのタープなどがあった方がいいだろう。

久住高原オートビレッジ|大分県

▲温泉は隣接する「久住高原コテージ」内で楽しめる。内湯は源泉掛け流し、写真の露天風呂と共に天然温泉だ。

久住高原オートビレッジ|大分県

▲周辺の道路は牧歌的な阿蘇の景観の中を走る。やまなみハイウェイなど、絶景の観光ロードも多い。

VIEW|景観
北にくじゅう連山、南に阿蘇五岳を望む眺望に優れたキャンプ場。場内に木立は少なく、牧草地のようなロケーション。真夏は日除けを用意した方がいい。

FOOD and DRINK|食料・飲料
最寄りのコンビニは阿蘇方面が約28km、竹田方面が約22km(どちらも30分超)。スーパーは15分ほどのところにもあるが、阿蘇市内まで走った方が選択肢は増える。

ACCESS|交通
大分自動車道・九重ICから約39km(クルマで約60分)。途中の経路はやまなみハイウェイを筆頭に、いずれも絶好のドライブルートなので、退屈することはないだろう。

ADVICE|ひとことアドバイス
サイトから直接阿蘇の山並みを見ることはできない。サイトからの眺望はくじゅう連山側。「久住高原コテージ」内の天然温泉に浸かると、阿蘇側の景観を楽しめる!

久住高原オートビレッジ|KUJU KOGEN AUTO VILLAGE
営業期間通年
定休日なし(冬季は不定休)
サイト数区間サイト:73区画、フリーサイト:85組、宿泊棟:85室
所在地〒878-0205 大分県竹田市久住町白丹7571-23
予約方法WEBまたは電話
チェックイン13:00〜19:00
チェックアウト11:00
地面芝生・草・土
参考料金5500円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0974-64-3111
WEBサイトhttp://www.kujukogen.com
備考区画サイト/1泊:5500円
区画サイト(電源あり)/1泊:6600円
フリーサイト/1泊:3850円
温泉使用料/大人1名:600円
温泉使用料/3歳以上小学生までの子ども1名:400円
※シャワーは浴室内のみ ※Wi-Fiはセンターハウス周辺のみ
※洗浄機能付き/洋式水洗トイレは久住高原コテージ内
※コテージのチェックインは15:00より、同チェックアウトは10:00まで
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××(浴室内にシャワー)×◯(館内)
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××
売店Wi-Fiレストランレンタル
◯(館内)

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP