信州まるべりーオートキャンプ場(長野県)|温泉地に囲まれた山の中にあるオートキャンプ場

中日本

日本一住みたい「村」ランキングで1位になったこともあるという信州・青木村。地域の中核的な都市である上田市までクルマで約30分。静かな農村地帯の印象とは対照的にIT化が進んでおり、全世帯に光ファイバーが行き渡る。冬季は氷点下20℃まで冷え込むという山間の集落に「信州まるべりーオートキャンプ場」はある。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲「信州まるべりーオートキャンプ場」は夫神岳の麓、北西側の斜面に広がっている。キャンプ場に隣接する登山道を使うと、1時間ほどで山頂まで登れるそうだ。

まるべりー(mulberry)=クワの実という名をつけたキャンプ場は、長野県青木村の郊外にある。キャンプ場のオーナーは、横浜から移住したというご夫婦。たまたま移住先の物件を探していたときに、前オーナーが切り盛りしていた蕎麦屋を訪ねたのが縁となり、蕎麦屋の建物とその裏に広がるキャンプ場を譲り受けた。現在は、ふたりでこの小さなキャンプ場を運営している。

キャンプ場へは上信越道、長野自動車道のいずれを利用した場合も青木村の中心部を通るが、最後の1kmは鬱蒼とした森の中を通過する未舗装の山道で、冬季はスタッドレスタイヤが必須。氷点下20℃まで気温が下がることもあるそうで、路面凍結時は4WD車でもチェーンが必要になるという。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲写真はC/B区画。階段状に整地された区画サイトが通路に沿って連なっている。区画内にクルマを止めてしまうと、やや手狭なスペースだ。

狭い山道を上って、やっとたどり着いたキャンプ場は、夫神岳の登山口駐車場に隣接した標高750mの山中にある。敷地面積は1万2000㎡。野球のグラウンドよりも少し大きいスペースに45区画が連なっている。山の斜面に広がっていることから、高低差はあるが、もともと棚田だったためそれぞれのスペースはフラットで使いやすい。また、わずかに傾斜をつけることで、水はけにも配慮しているそうだ。

一方で木立も多いため、区画内にクルマを止めて大型のテントやタープを広げるような使い方は難しい。大きめのテントやタープを広げたい場合は、隣接する区画を2つ借りるといいだろう。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲C3/C4区画の周辺。2組合同でのキャンプなどに適したペアサイトだ。

また、区画サイト以外にも15組程度を定員とする林間のフリーサイトもある。こちらは場内の一番奥に位置しており、自然の地形をいかした形状となっている。

共用設備は管理棟に隣接する男女別のトイレと、3ヶ所の炊事場。管理棟裏の炊事場は大きな屋根の下にあり、テーブルや椅子、ピザ窯などもある使い勝手のいいスペースだ。

残念ながら入浴設備はないが、村内には信州きっての温泉街が連なっている。最寄りはキャンプ場から3km、クルマで10分。5km圏内まで足を延ばせば、沓掛(くつかけ)温泉や田沢温泉など、歴史のある名湯も楽しめるだろう。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲上段側にある小さな炊事棟。蛇口とシンクが4つだけ用意されたコンパクトなスペース。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲キャンプ場の最上段、フリーサイトへ続く通路。紅葉の時期は特に美しいが、落葉後のふかふかの地面も気持ちいい。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲最上段のフリーサイト。大人数での利用やバイクでのキャンプなどに向いている。トイレや炊事場からはやや遠い。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲キャンプの受付を行う管理棟。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲管理棟の南側には大きな屋根のついた炊事スペースもある。テーブルや椅
子も用意されているので、悪天候時には管理棟と合わせて避難場所としても活用できる。場内の水は地下70mから汲み上げているおいしい地下水だ。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲管理棟脇では薪も販売している。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲管理棟の裏手にある男女別のトイレ。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲広々とした炊事スペース。

信州まるべりーオートキャンプ場

▲キャンプ場から直線距離で山頂まで約4kmという場所にある子檀嶺岳。独特な山体形状から別名・冠者(かんじゃ)岳とも呼ばれており、古くから山岳信仰の山として知られている。

VIEW|景観
十観山や子檀嶺岳(こまゆみだけ)に囲まれた山間のキャンプ場。サイトは木立に囲まれた棚田のような形で階段状に広がっており、いずれもフラットなスペースが中心。

FOOD & DRINK| 食料・飲料
最寄りのコンビニは約3km(クルマで約8分)。8kmほど先の上田市まで足を延ばせば、大型のスーパーマーケットもある。多くの店舗は国道143号沿いにある。

ACCESS |交通
最寄りの高速道路は上信越自動車道・上田菅平IC。キャンプ場までは約20km(クルマで約30分)だ。または、長野自動車道・麻績ICから18km(同約30分)。

ADVICE|ひとことアドバイス
キャンプ場へとアクセスする最後の1kmは幅員の狭い未舗装路(林道)。ランドクルーザークラスだと運転には注意が必要。場内も園路が狭いため、大型車の場合はキャンプ場入口周辺にある「D1」「D2」「D3」エリアが使いやすい。

信州まるべりーオートキャンプ場|SHINSHU MULBERRY AUTO CAMPGROUND
営業期間通年
定休日なし
サイト数区画サイト:45区画 フリーサイト:15組
所在地〒386-1605 長野県小県郡青木村夫神541-1
予約方法電話・WEB・メール
チェックイン13:00~17:00
チェックアウト~11:00
地面芝生・草・土
参考料金4000円(大人2名利用時の税込合計料金)
電話番号0268-49-0001
WEBサイトhttps://rv-park-85.business.site
設備
区画サイト
フリーサイト
AC電源
車両搬入
オートキャンプ
簡易宿泊棟×
水回り付宿泊棟×
ペット
ドッグラン×
焚き火
直火×
炊事場
給湯×
ゴミ捨て
コインシャワー×
風呂・温泉×
洋式水洗トイレ
洗浄機能付き便座×
BBQ設備
洗濯機×
乾燥機×
自販機×
管理棟
24時間管理×
売店
Wi-Fi×
レストラン×
レンタル×
注意営業内容は変更されている場合がございます。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP