FBI 淡路(兵庫県)|瀬戸内海のビーチで楽しむリゾート&キャンプ

西日本

目の前に広がる瀬戸内海は、水はきれいな上、波も穏やかで海水浴にも最適。もちろん高台のキャンプ場から海を見下ろしながらキャンプを楽しんでもいい。3月下旬〜12月下旬までというシーズン営業ではあるが、「FBI 淡路」はリゾート気分で海辺のキャンプを楽しめる数少ない施設である。

FBI 淡路|兵庫県

▲旧船瀬海水浴場を再整備した「FBI 淡路」。砂浜の上にテントを張ることのできる数少ない海辺のキャンプ場。砂浜なのでペグはかなり長めのものが必要。設営に関してはキャンプ場に事前に相談してみることをおすすめする。

旧船瀬海水浴場、および船瀬キャンプ場を引き継いでリニューアル、2011年にオープンしたのが「FBI 淡路」だ。

現在は2700坪という広大な敷地を再整備し、斜面を利用した階段状のキャンプエリアや、砂浜を利用したビーチサイドのキャンプエリア、さらに水回り付きなど本格的な宿泊棟を含めたキャビンなどを設置。グランピング用のテントサイトなども加えたリゾートスタイルのアウトドア施設として、4月から11月末まで営業を行っている、海水浴とキャンプを同時に楽しめる場所だ。

持ち込みのテントで楽しめるのは斜面沿いと砂浜の2ヶ所のエリア。オーシャンビューの「シービューエリア」は車両の乗り入れが可能で、最上段が2組、残りは各段1組ずつの合計5組が占有できる貴重な区画サイト。場所によってサイズはまちまちだが、100㎡以上は確保できそうな余裕のスペースを誇っている。

FBI 淡路|兵庫県

▲「シービューエリア」は海を見下ろす高台の斜面に沿って、4段の階段状にサイトが配置されている。いずれも海側には転落防止用の柵もなく、眺望を邪魔するものが何もない。

一方の「ビーチエリア」は砂浜に自由にテントを設営するフリーサイト(車両の乗り入れはできない)。15組程度まで収容可能だ。こちらは潮の満ち引きがあるので斜面に沿った形でテントを設営。湖畔と違って、水際での設営はできないので注意しよう。

この「FBI 淡路」は、テントを持参しなくてもレンタルテントや、グランピング施設が充実しているので、ビギナーでも安心だ。特にグランピングテントは、波音が一日中聞こえてくる砂浜や、斜面にウッドデッキを設けた林間のロケーションなどスタイルも多彩。いずれもテントの中はベッド付きの就寝スペースとなっており、キャンプというよりもまるでリゾート施設のように滞在中は快適に過ごせる。

さらに水回りを備えたキャビンなどもあるので、海水浴が目当ての利用でも十分楽しめるだろう。

共用設備は可愛い炊事棟と、洋式水洗の個室を備えた男女別のトイレ棟が2つずつ配置されている。シャワーは24時間利用できる温水シャワーを完備する。

FBI 淡路|兵庫県

▲ベルギーから輸入されたコットンテントを使用した「ジェリー」。

FBI 淡路|兵庫県

▲写真はクリフサイドに建つ、ウロコ屋根とトタン壁がヴィンテージ感を漂わせる4名用のキャビン「フリスビー」。ウッドデッキからは水平線が一望できる。

FBI 淡路|兵庫県

▲「ビーチハウス」と呼ばれる管理棟が受付。カフェも営業しており、軽食も利用可能。テイクアウトもできるので、上手に使えば滞在中は調理の手間や時間を省ける。

FBI 淡路|兵庫県

▲ヒルサイドに建つ3人用タイニーキャビン「リズム」と「ブルース」。「リズム」はフラット・ロースタイル、「ブルース」はソファースタイルの内装になっている。

FBI 淡路|兵庫県

▲「ビーチハウス」(管理棟)のすぐ横に建つキャビン「ビリー」は冷蔵庫付きのキッチンを完備。調理道具や食器もセットされているので食材を持ち込むだけで気軽にアウトドアライフが楽しめる。

FBI 淡路|兵庫県

▲トイレもまるでリゾート施設のような色使いだ。男女別で水洗・洋式。

FBI 淡路|兵庫県

▲「ビーチハウス」内のバーは朝10時から深夜まで営業している。ボリュームたっぷりのビッグハンバーガー(1600円)は人気メニュー。アルコールも各種あり。

FBI 淡路|兵庫県

FBI 淡路|兵庫県

FBI 淡路|兵庫県

FBI 淡路|兵庫県

FBI 淡路|兵庫県

VIEW|景観
キャンプエリアはビーチと海を見下ろす斜面に広がる階段状の林間サイトの2エリア。後者は瀬戸内海を見渡す、景観の良さから人気だ、

FOOD and DRINK|食料・飲料
8kmほど離れた場所にスーパー、肉屋、ホームセンターのある商業施設がある。最寄りのコンビニは約5km、クルマで7〜8分。洲本市の市街地までは約13km。

ACCESS|交通
大阪方面からは神戸淡路鳴門自動車道・北淡ICより約23km(クルマで約30分)。徳島方面からは同自動車道・西淡三原ICより約30km(同約20分)。

ADVICE|ひとことアドバイス
上段のキャンプサイトからは瀬戸内海を一望できる。トイレなどの共用設備もしっかりしており、ビギナーでも安心して利用できる。

 

FBI 淡路|FIRST CLASS BACKPACKERS INN AWAJI
営業期間3月下旬〜12月下旬
定休日なし
サイト数区間サイト:5区画、フリーサイト:15組、キャビン:8棟
所在地〒656-1344 兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
予約方法電話またはWEB
チェックイン14:00
チェックアウト12:00
地面芝生・草・土・砂・砂利
参考料金7150円(おとな2名利用時の税込総額)
電話番号0279-82-1597
WEBサイトhttp://www.asamaen.tsumagoi.gunma.jp/camp.html
備考1区画:2750円〜
施設使用料 大人(中学生以上)1名:1650円、子ども(4歳~小学生)1名:825円、幼児(3歳以下):無料
駐車代 乗用車:1100円
※Wi-Fiは管理棟内のみ
※ゴミの引き取りは有料(45L専用ゴミ袋1枚につき220円)
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××
売店Wi-Fiレストランレンタル

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023
UPDATE|2023年6月

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    LOG/ログ(福島県)|サウナとキャンプを楽しめる、体験型アウトドアリゾート施設

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP