エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)|カナディアンカヌーも楽しめる、水辺に立地したグランピング施設

西日本

琵琶湖内湖の湖岸に建つ「エバーグレイズ琵琶湖」は、美しい水辺のロケーションを堪能できる話題のグランピング施設だ。宿泊棟の中には本格的なカナディアンカヌーが用意されたタイプもある。手漕ぎのカヌーで水面に滑りだせば、きっと一生忘れられないようなすばらしいアウトドア体験ができることだろう。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲全7棟が用意されている水辺に位置する「フラミンゴ(カヌー付き)」。定員6名のヴィラは宿泊棟の一部にテント生地を使用しており、屋内にいても太陽光を感じることができる。

琵琶湖の沿岸には、もともと湖の一部であった水域が漂砂や土砂の堆積などにより、琵琶湖と隔てられてしまった場所がある。内湖とはこのように琵琶湖湖岸の内(陸)側にある池や沼の総称である。「エバーグレイズ琵琶湖」がある近江舞子内湖も、じつは寛文2年(1662年)に発生した大地震が原因となって生まれたといわれている。透明度が高く、水質がよいことでよく知られている内湖の湖岸は、琵琶湖八景のひとつ「雄松崎の白汀」や日本の「白砂青松百選」にも選ばれている風光明媚な場所でもある。

このように豊かな自然環境に囲まれたロケーションにオープンした「エバーグレイズ琵琶湖」は、ヴィラ(宿泊棟)を中心としたグランピング場だ。運営は三重県志摩市でアメリカンスタイルのオートキャンプ場「伊勢志摩エバーグレイズ」を営む株式会社エバーグレイズが担っており、「伊勢志摩~」で培ってきたノウハウを生かして1万2000坪という広大な敷地に全35棟を展開している。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲水辺に面した定員4名の「クロコダイル(カヌー付き)」は全14棟。オプションの「グランピングセット」を選べばステーキやロブスターなどのバーベキュー用食材に調理器具、調味料などのセット、寝具やアメニティーなどもつくため、手ぶらでグランピングが楽しめる。

特に水路に面した「マナティー」(2棟)、「アイビス」(1棟)、「オッター」(4棟)、および「フラミンゴ」(7棟)は、専用の桟橋とカヌーが備えつけられるなど、注目度の高い宿泊棟だ。本格的なカナディアンカヌーだけでなく、パドルやライフジャケットも棟内に用意されており、操船に慣れたら水路をカヌーで散策できる。

ほかにも、子ども向け遊具が備わる「イーグル(イーグルラージ)」(5棟)やドッグラン付きの「パンサー(パンサーラージ)」(6棟)など、全部で35もの宿泊棟があり、家族構成や利用人数に合わせて選べる。

宿泊棟にはエアコンやトイレ、シャワー、ベッド、電子レンジ、冷蔵庫などが装備されており、水遊びに疲れたら屋根付きのデッキでバーベキューを楽しみ、寝苦しい夜もエアコン付きの棟内で快適に就寝できる。「エバーグレイズ琵琶湖」は、このように設備の整った宿泊棟をベースに、気軽にアウトドア体験を楽しめる、注目の施設だ。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲「エバーグレイズ琵琶湖」と水路で繋がっている琵琶湖・近江舞子内湖。琵琶湖に出ることはできない。琵琶湖側は水泳場になっており、夏
は京阪神からやって来る数多くの湖水浴客で賑わう。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲水辺に面していない宿泊棟でも、オプションでカヌーの利用が可能だ。なお、カナディアンカヌーは転覆する場合もあるため、ライフジャケットの着用は必須だ。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲施設の受付となるセンターハウス。キャンパーズダイニングでは食事も取れる。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲センターハウス内では飲料・食料や燃料類、キャンプ道具なども販売されている。焚き火は各棟に用意されているファイヤーピットを利用できる。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲ペット連れにもやさしいドッグラン付きの「パンサー」(定員4名)。ドッグランを大きくした「パンサー・ラージガーデン」もある。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲「クロコダイル(カヌー付き)」のオープンデッキ。デッキにはシンクやテーブル、冷蔵庫、電子レンジやバーベキューコンロのほかに、バスタブも用意されている。

エバーグレイズ琵琶湖(滋賀県)

▲子ども用の大型遊具が各棟に備えられている「イーグル」。占有スペースによって定員4名の「イーグル」(65㎡)と定員6名の「イーグル・ラージ」(120㎡)が並ぶ。

VIEW|景観
琵琶湖・近江舞子内湖(ないこ)の沿岸に広がる水辺のグランピング施設。専用の桟橋を備えた21棟のカヌー付き宿泊棟を中心にし、半世紀もの間手つかずの自然が残る水路へカヌーで漕ぎ出すことができる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
高島市の市街地も近く、食料・飲料の調達は容易。最寄りのコンビニは約1.3km(クルマで約3分)。大型のスーパーマーケットは11~12km圏内(同約15分)に複数ある。

ACCESS|交通
大阪方面からの場合、名神高速道路・京都東ICより湖西道路および琵琶湖西縦貫道路を経由して約35km(クルマで30~40分)。名古屋方面からの場合、米原JCTから北陸道を経由する北まわり、名神高速道路を経由する南まわりのどちらからも約70~75km。空いていれば90分以内。

ADVICE|ひとことアドバイス
内湖は琵琶湖に通じていないため、予期せず琵琶湖の大海に迷いだすことはない。この機会にぜひカナディアンカヌーを楽しんでみよう。

エバーグレイズ琵琶湖|EVERGLADES B IWAKO
営業期間通年
定休日不定休
サイト数キャビン:35棟
所在地〒520-0502 滋賀県大津市南小松1249-1
予約方法WEBのみ
チェックイン14:00~16:00
チェックアウト11:00
地面芝生・土・砂利
参考料金2万600円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0599-55-3867
WEBサイトhttps://www.everglades.jp/biwako/
備考キャビン:2万1300円〜5万2500円
※上記にはおとな2名・駐車料金1台含む
※各キャビン、シーズンにより料金は異なる
※各キャビンの定員などはWEBサイトを参照
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023
UPDATE|2023年6月

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP