千畳敷高原キャンプ場(山口県)|標高333mの高台から望む日本海の絶景

西日本

美しい広大な芝生の広場と、標高333mから見下ろす日本海の絶景というすばらしいコンテンツが揃った「千畳敷高原キャンプ場」。ここは夏の思い出づくりにもぴったり。ファミリーでも安心して利用できるキャンプ場だ。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲「千畳敷」を含めた一帯が「千畳敷高原」と呼ばれている。キャンプ利用ができるのは写真の広大な芝生のフリーサイトと、通路を挟んだテーブル&イスの設置されている区画サイトの2ヶ所だ。

長門海岸国定公園に属す「千畳敷」は標高333mという高台から、日本海を見下ろすことのできる景勝地のひとつ。眼下に広がる真っ青な海原はあまりにもスケールが大きく、時折現れる漁船の船影が、とりわけ小さく見える場所だ。 すばらしい眺望を楽しめるように敷地内には展望台も設けられており、立ち寄る観光客も数多い。キャンプ利用者はその展望台のある建屋の1階で料金を支払う。

キャンプ場は「千畳敷」の南側にあり、約8000坪もの面積を誇る広大な芝生の広場を利用している。利用にあたっては上下2ヶ所に最大200台を収納する駐車場にクルマを止め、持参したカートなどを使って目的のサイトまで荷物を運ぶ。 駐車場も大きく、芝生の広場(フリーサイト)と隣接しているため、荷物の運搬そのものはさほど苦労しないだろう。

何しろ広大なスペースであることから、どこにテントを設営するか悩んでしまうが、眺望が特に優れているのは、じつは東側にある東屋の周辺の区画サイトだ(フリーサイトからは海が見えない)。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲写真右側、東屋より右がもともとあったキャンプサイト(区画サイト)。明確に区分けされているわけではないが、それぞれにテーブルやイスが設置されている。

駐車場からはやや距離があるが、あらかじめテーブルやイスが設置されており、炊事棟やトイレ棟にも近い。本来のキャンプサイトはこの東側にある区画サイトであり、広大な芝生の広場を利用したフリーサイトは、利用者の増加により後から追加された場所だという。

どちらのサイトを使っても構わないが、いずれにしても1年を通じて風の強い海沿いの高台というロケーションであるため、テントの設営はかなりしっかりと行いたい。長めのスチール製ペグが必須となるだろう。

共用設備は炊事棟(水道・流し・炉)が1つ、トイレ棟(水洗式・和/洋式)が2つ。多目的トイレには洗浄機能も付いている。

場内には桜やいちょう、もみじなども植えられており、日本海の絶景だけでなく、四季折々の草花も楽しめそうだ。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲写真右側、東屋より右がもともとあったキャンプサイト(区画サイト)。明確に区分けされているわけではないが、それぞれにテーブルやイスが設置されている。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲東側にある区画サイトから見た眺望。日本海に浮かぶ漁船の船影がやけに小さく見えるはずだ。夜は漁船の灯す漁火が幻想的に見えることもあるそうだ。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲キャンプ利用は事前の予約不可。当日、場内にある「カントリーキッチン」で申し込む。5名以下なら1泊わずか500円という非常にリーズナブルな料金で楽しめる。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲炊事棟は1つだけなので、広大なフリーサイトの端にテントを設営するとかなり遠くなる。最初に炊事棟の位置を確認してから設営をはじめよう。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲写真は区画サイト側にあるトイレ棟。多目的トイレには温水洗浄機能まで備わっている。

千畳敷高原キャンプ場|山口県

▲写真は駐車場にあるもうひとつのトイレ棟。フリーサイトにはこちらの方が近い。

VIEW|景観
景勝地「千畳敷」内にあるキャンプ場。“千畳敷”の名称にたがわず、約8000坪もの面積を誇る広大な芝生の広場をキャンプ場として開放している。標高333mの高台からの雄大な眺望を楽しみに訪問する観光客も多い。

FOOD and DRINK|食料・飲料
最寄りのコンビニは約6km、クルマで10分ほどの長門市日置地区内にある。大きなスーパーは南に9km(同約15分)ほど走った油谷地区、または東に14kmほど(同約20分)離れた長門市の市街地にも複数ある。

ACCESS|交通
九州方面からの場合は中国自動車道・小月ICを利用して約54km(クルマで約70分)、広島方面からの場合は同・美弥ICを利用して約41km(同50分)。人気の観光地・角島までは約40分の距離だ。

ADVICE|ひとことアドバイス
標高333mから見下ろす日本海の絶景は全国のキャンプ場の中でも屈指の美しさ。場所を選ばないと、この絶景は見られないのでご注意を。

千畳敷高原キャンプ場|SENJOUJIKI KOGEN CAMP GROUND
営業期間通年
定休日なし
サイト数区画サイト:21、 フリーサイト:定員設定なし
所在地〒759-4402 山口県長門市日置中1138-1
予約方法予約不要
チェックイン設定なし
チェックアウト設定なし
地面芝生・砂
参考料金100円(おとな2名利用時の税込合計料金)
電話番号0837-37-4211
WEBサイトなし
備考テント1張:1000円
デイキャンプ:無料(ただし18時以降の利用は宿泊とする)
※温水洗浄機能付きトイレは多目的トイレのみ
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    朝霧Camp Base そらいろ(静岡県)|富士山・西麓に今夏オープン! 早くも大人気となりつつある注目スポット

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP