フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳(山梨県)|八ヶ岳連峰と南アルプスに囲まれた、森の中に広がるアウトドア複合施設

中日本

2022年9月にオープンした「フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳」は、1万8000坪という広大な敷地に約70の区画サイトが配置されている林間のオートキャンプ場。「ヴィレッジフィールド」「フレックスフィールド」という2つのサイトがあり、後者はハイエースやランドクルーザーの専門店である「FLEX」が協力したキャンプ場だ。施設名の由来は「FOLKLORE(伝承)、FOLK(人々)、WOOD(林)」の 文字を組み合わせたもの。永く受け継がれてきた森を、豊かなまま次世代へ受け継ぐことを目指しており、木々の元に人々が集い、人と自然との関係性が伝え広がっていくことをイメージして名付けられている。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲適度に日差しが差し込む森の中にあるキャンプサイト。それぞれの区画は大きさもまちまちだが、「スモール」が約80㎡、「レギュラー」が約100㎡、「ラージ」が約120㎡となっている。電源付きの区画サイトも用意されている。

リゾート地・清里へのアクセスポイントとして利用されることの多い小淵沢町。平成の大合併により現在は「町」の文字を残したまま北杜市の地区名となっているが、昔から交通の要所として人々が行き交った場所だ。

標高は約1000m。周囲を八ヶ岳、南アルプスらの険しい山々に囲まれており、夏でも平均気温は22℃(8月)と冷涼だが、冬季は氷点下10℃を下回ることも珍しくない。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲センターハウスの西側はウッドデッキのあるパブリックスペース。焚き火台が設置されており誰でも自由に焚き火を楽しめる。ビジターもウエルカム。

「フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳」があるのはその小渕沢町の森の中。戦後に植林され、背の高い赤松が枝を伸ばす森にある。

周囲にはアウトレットや道の駅などが点在する観光エリアでありながら、これまで手付かずのままだった1万8000坪という森を、自然と共生のできる施設としてプロデュースしたのは、人気の飲食店をいくつも生み出してきた東京のトランジットジェネラルオフィス社だ。

これにランドクルーザーやハイエースの専門店として全国展開するFLEX社が協業してオープンを迎えた。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳(FLEX FIELS)|山梨県

▲「フレックスフィールド」にはプライベートドッグラン内にテントを設営できる電源付きの区画サイトもある。

トレンドを押さえた話題作りはもちろん、アウトドアライフの本質をしっかりと掴んだ本格的な施設展開など、両社のタッグで生まれた「フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳」は、まさに注目のスポットといえるだろう。

森を生かしながら、森全体の生育に必要な伐採を行い、しっかりと整地されたキャンプサイトは約70区画。いずれもオートキャンプの可能な区画サイトで、西側に「ヴィレッジフィールド」、東側に「フレックスフィールド」という2つのエリアが広がっている。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳(FLEX FIELS)|山梨県

▲「フレックスフィールド」では「キャンピファイ」と連携した手ぶらキャンププランもある。

前者はセンターハウスに近く、後者はサウナエリアに近いが、共に給湯まで完備した炊事棟や洗浄機能付きの清潔感のあるトイレなど、快適な共用設備があるのは一緒。地面はどちらもウッドチップ敷きで、テントの水濡れ・汚れ防止にも役立つ工夫が施されている。

特に「フレックスフィールド」は一部にプライベートドッグラン内にテントを設営できる区画サイトを設けるなど、ペットフレンドリーな設計になっており、愛犬家にもおすすめできるキャンプ場だ。ちなみにサウナだけの日帰り利用も可能である。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲サウナエリアに近接した「フレックスフィールド」(写真はNo.4サイト)。たっぷりとしたウッドチップが敷かれている。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲「フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳」の人気アクティビティのひとつであるサウナ。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲サウナでは貸し切り使用やロウリュウも楽しめる。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲サウナでは水風呂や水シャワーも利用できるので、しっかりと“ととのう”ことができる。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲サウナには専用の管理棟もあり、タオルなども貸し出ししてくれる。サウナの後は焚き火スペースでほっこり休むのもあり。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲センターハウス内のショップスペース。アパレルやキャンプ用品、アルコール飲料なども用意されている。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲センターハウスの2階はスタイリッシュな会員制ワーケーションスペース。今後一般利用向けのプランも公開予定。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲センターハウス脇の炊事スペース。スタイリッシュな空間だけでなく、給湯を備えるなど設備も充実している。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲「ヴィレッジフィールド」の炊事棟。炊事棟はセンターハウスに1ヶ所、他に場内に2棟が配置されている。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲炊事棟内ではお湯も利用できる。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|山梨県

▲センターハウスにはカフェメニューを楽しめるようにパラソル付きのテーブ
ル&チェアも用意されている。

VIEW|景観
樹齢50年を超える赤松の森に広がるオートキャンプ場。森を維持・管理するために最低限必要な伐採を行ない、樹々の隙間を埋めるように区画サイトが配置されている。戦後に植林された赤松はどれも10m以上と大きく、夏は直射日光を避け、冬は暖かな日差しを届けてくれる。

FOOD & DRINK| 食料・飲料
キャンプ場から約650mの距離に「道の駅こぶちざわ」があり、野菜や肉類、アルコール、デザートまで揃う。最寄りのコンビニはキャンプ場から850m(クルマで約1分)。大きなスーパーマーケットは10kmほどの距離にある富士見町内へ。

ACCESS |交通
中央自動車道・小淵沢ICからキャンプ場までは約1.5km(クルマで約2分)。あっという間にたどり着く距離だ。その一方で、キャンプ場内はしんと静まりかえっており、交通の便の良さからは想像できないほどの静寂に包まれている。

ADVICE|ひとことアドバイス
場内にサウナはあるが、風呂はない。天然温泉を楽しめる日帰り温泉施設「延命の湯」はキャンプ場から1km(クルマで約3分)。施設内で食事も取れるので、おすすめ。

フォークウッド ビレッジ 八ヶ岳|FOLKWOOD VILLAGE YATSUGATAKE
営業期間通年
定休日不定休
サイト数区画サイト:70区画
所在地〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町3900-2
予約方法WEB
チェックイン13:00〜17:00
チェックアウト〜11:00
地面ウッドチップ
参考料金1万2000円(大人2名利用時の税込合計料金:C2レギュラーサイト:7月週末利用の場合)
電話番号0551-37-4130
WEBサイトhttps://folkwood-camp.com
備考ヴィレッジフィールド(スモールサイト):4000円〜
ヴィレッジフィールド(レギュラーサイト):5000円〜
ヴィレッジフィールド(ラージサイト):6000円〜
ヴィレッジフィールド(電源付きレギュラーサイト):7000円〜
ヴィレッジフィールド(電源付きラージサイト):8000円〜
フレックスフィールド:5000円〜
フレックスフィールド(電源付き):7000円〜
フレックスフィールド(ドッグサイト電源付き):8000円〜
アーリーチェックイン:追加1000円
レイトチェックアウト:追加2000円
駐車場:1日1000円(1台)※サイト内は定数まで無料
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KOSUKE ARAI、KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.28

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP