田貫湖キャンプ場(静岡県)|条件が揃えば“ダブル・ダイヤモンド富士”も拝める 霊峰・富士山を見上げるキャンプ場

東日本

“威風堂々”と、そびえ立つ霊峰・富士山を見上げる絶景のキャンプ場。風のない日は、目前の田貫湖の湖面に、“逆さ富士”も現れる。さらに年に2回は富士山山頂から朝日が顔を見せる“ダイヤモンド富士”も拝めるそうだ。富士山の周辺にはキャンプ場が数多いが、“絶景”という言葉が最もふさわしいのは、この「田貫湖キャンプ場」だろう。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲富士山の西側の山体を正面に見据える「田貫湖キャンプ場」からの景観(取材は10月初旬)4月、8月には山頂から朝日が昇る瞬間を捉えようと数多くのアマチュアカメラマンが集う。

静岡県富士宮市にある田貫湖は、1935年に農業用水の利用を目的として、もともとあった田貫沼を人工的に拡張して生まれたものだ。富士五湖と比べると最も小さな精進湖よりもさらにひとまわり小さい。それでも富士山の大沢崩れを正面に見る位置にあることから、平日でも数多くの観光客が訪れる。

「田貫湖キャンプ場」はこの田貫湖の湖畔にあり、湖を囲むように南岸に広がるキャンプ場だ。管理棟の東側ではバーベキューも楽しめるが、キャンプができるのは南側にある「テントサイト」のみ。湖畔沿いにA・B2つのキャンプサイトが広がっており、週末は数多くのキャンパーで賑わう人気のキャンプ場である。

この「テントサイト」は、さらに東側の「Aサイト」、西側の「Bサイト」に分かれており、どちらもオートキャンプは不可。駐車場に車両を止めて運搬用のリヤカーを借り、好みの場所まで荷物を運ぶというシステムだ。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲「Bサイト」側から「Aサイト」側に向かって写した景観。場内には舗装された歩道が整備されており、リヤカーを使って荷物を運ぶ。

200台まで駐車できるという大型の駐車場から近いのは前者の「Aサイト」。ゲートを越えて最も近い場所なら、駐車場に止めたクルマから数十mの場所にテントを張ることもできるので、荷物の多いキャンパーにはこの「Aサイト」がおすすめとなるだろう。

一方の「Bサイト」は駐車場からは遠いものの芝生のエリアが広い上、炊事棟やトイレ&シャワー棟からも近く、林間サイトも選べるなど使い勝手がよいのが特徴。ただし、残念ながら「Bサイト」からは富士山がきれいに見えない(眺望を優先するなら「Aサイト」が最適だ)。

共用設備も充実している。ログハウス風の炊事棟は場内に2棟設置されている。さらに、コインシャワーに水洗式トイレ(和式・洋式)が備わるトイレ&シャワー棟も「Aサイト」、「Bサイト」のどちらからも近い場所に2つ配置されている。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲シャワー・トイレ棟はログハウス風の建物。

ちなみに、「Aサイト」の入口付近にテントを張ると、駐車場のトイレにも近く、水道も使用できる。好みによってロケーションを選ぶのがいいだろう。

なお、富士山の山頂と朝日が重なる“ダイヤモンド富士”が拝めるのは毎年4月20日、および8月20日前後だ。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲コインシャワーは5分200円(合成洗剤・シャンプーは使用不可)。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲200台収容可能な駐車場。大型の観光バスも入ることのできる整備された駐車場だ。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲「南側テントサイト」内に建つ「瓔珞(ようらく)の家」はキャンプ場の管理棟を兼ねる。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲「瓔珞(ようらく)の
家」ではキャンプ道具から
飲料、菓子・雑貨なども販売している。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲軽食も提供されている「瓔珞(ようらく)の
家」。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲炊事棟には炉や水道も備わる。「Aサイト」、「Bサイト」のそれぞれに1ヶ所ずつ配置されている。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲炊事棟内。作業スペースと水道・流し、ゴミステーションが完備する。

田貫湖キャンプ場|静岡県

▲荷物運搬用のリアカーは無料で使用可能。

田貫湖キャンプ場|静岡県

田貫湖キャンプ場|静岡県

田貫湖キャンプ場|静岡県

田貫湖キャンプ場|静岡県

田貫湖キャンプ場|静岡県

田貫湖キャンプ場|静岡県

VIEW|景観
湖畔に広がるキャンプ場。開放感のある芝生の広々としたサイトもあれば、木々に囲まれた林間のサイトも選べる。富士山は「Aサイト」からよく見える。

FOOD and DRINK|食料・飲料
場内の売店でも菓子や調味料などは調達できる。コンビニは約5.3km(クルマで約10分)。大型のスーパーは富士宮の市街地まで行く必要がある(約17km)。

ACCESS|交通
新東名高速道路・新富士ICから富士宮道路(国道139号)を経由して約2 8 k m(クルマで約40分)。中央自動車道・河口湖ICからは約34km(同約40分)だ。

ADVICE|ひとことアドバイス
富士山の西側の山体を正面に見据える「田貫湖キャンプ場」。4月、8月には山頂から朝日が昇る日があり、運が良ければ絶景が堪能できる。

田貫湖キャンプ場|LAKE TANUKIKO CAMPGROUND
営業期間通年
定休日なし
サイト数150組(フリーサイトのため、おおよその定員組数)
所在地〒418-0107 静岡県富士宮市佐折634-1
予約方法WEBのみ
チェックイン08:00〜17:00(※冬季のチェックインは08:00〜16:00)
チェックアウト12:00(連休中は11:00まで)
地面芝生・草・土
参考料金2900円(大人2名利用時の税込合計料金)
電話番号090-4234-8039
WEBサイトhttps://tanukiko.com
備考利用料(テント):2500円(※大型テントは3500円)
利用料(タープ):1000円
サイト使用料(大人・小人):200円(※小人は小・中学生)
トップシーズン料金あり(1日1000円)、キャンプ延長料金あり
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    電波の届かないキャンプ場でも、これで安心!|スターリンクローム(STARLINK ROAM)

  5. 5

    コールマンの最高峰モデル「マスターシリーズ」の新作シェルター「ツインクリフ」新発売

最近の記事

  1. キャンパーたちの気になる愛車|小さなボディで車中泊も可能! 4人でキャンプも行けるJA11ジムニー

  2. キャンパーたちの気になる愛車|モパーマッスルのDNAを持つ、パワフルなミドルサイズSUV

  3. キャンパーたちの気になる愛車|カリスマ的ギアショップオーナーが愛用するキャンプモービル

  4. コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  5. こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

TOP