野良道具製作所・野良ストーブ(Nora Stove)|焚き火料理にも最適なベストセラーモデル

キャンプグッズ

「野良ストーブ」は「野良道具製作所」を代表する小型の焚き火台。ベストセラーモデルらしく、合理的で効率のいい設計になっており、経験を問わず誰が使用しても使い勝手のいい製品だ。

野良ストーブ

▲本体にはあらかじめ必要なパーツが組み込まれているのも特徴のひとつ。使用時は脚を左右に開いて炭床が広がっていることを確認するだけ。あっという間に完成する。あれこれ組み立てに悩むこともなく、いつでも簡単に焚き火を楽しめる焚き火台だ。

本体は熱で歪むことのないように板厚1.2~2.5mmという肉厚のステンレス鋼を素材にしており、ちいさなボディながらも非常に頑強。横から見ると三角形の形状は、調理器具としての効率を考えて採用されたもので、炎や熱が自然と上部に集まる設計になっている。

加えて前後のプレートには凸状の膨らみを持たせていることから、新鮮な空気を十分に取り込むことができ、安定した燃焼状態を維持することができる。

野良道具製作所・野良ストーブ

▲通常は別体になっていることが多い五徳も、「野良ストーブ」では焚き火台本体に予め組み付けられている。

野良道具製作所・野良ストーブ

▲わずか約1.3kgという軽量設計ながらも、静止時の耐荷重は約15kg、さらに五徳部は幅18×7.5cmで水を張った鍋も安定して火にかけられる。

野良道具製作所・野良ストーブ

▲折りたたむと非常にコンパクトに収まる野良ストーブ。ソロキャンプに最適なモデル。

SPEC
ブランド野良道具製作所
モデル野良ストーブ
サイズW18×D17.5×H18.5cm(組立時)
W18×D8×H22cm(収納時)
重量1.3kg
素材ステンレス鋼(SUS304)
推奨人数1~2人用
価格9980円(税込)
WEBhttps://norastove.com

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2021
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.21

※商品の詳細(価格・サイズなど)は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP