フィールドスタイル ・ジャンボリー 2022|日本最大級の遊びの祭典がさらにスケールアップ!

イベント

“外遊び”をテーマとした屋内イベント「フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)」が、従来比で約1.5倍、出展者数も600を超えるなど、過去最大級にスケールアップして開催された。 

▲M16エリアの「ネルデザインワークス(NERU DESIGN WORKS)」(右)と
「オールドマウンテン(OLD MOUNTAIN)」(左)。共に新作のシュラフなどを展示した。

東海エリアはもちろん、全国区でも最大級となる“外遊び”をテーマにしたインドアイベント「フィールドスタイル・ジャンボリー」が、2022年11月18日(金)~20日(日)の3日間にわたって、愛知県常滑市の愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)で開催された。

毎回大盛況に終わるこのイベント、今回は会場を1.5倍に拡大、出展者数も600を超えるなど、またまた過去最大の規模となった。

フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)

▲「ロックフィールドイクイップメント(LOCKFIELD EQUIPMENT)」などが中心となった「サーカス (CIRCUS)」はM16とは異なる新たなる潮流。M16同様、長い行列ができた。

今回は18日(金)にプレス・ビジネスタイムを実施。また「GOLFDOOR(ゴルフドア)」と題してゴルフをテーマにしたブースも展開するなど、イベントとしても新たな試みを追加した。

フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)

▲「オールドマウンテン(OLD MOUNTAIN)」からスピンアウトした「OLD SEA(オールドシー)」ブースはヴィンテージキャンピングトレーラーのスパルタンを使った大型展示。

来場者数も過去最高の約4万5000人を動員。例年徹夜組が発生するほど人気の高いガレージブランド集団「M16」の商品を目当てにした行列は、なんと一週間前から泊まり込みをする人も出るほどヒートアップ。会場限定品の販売を行うブースも多いことから、開幕と同時にお目当ての商品を目指した人で賑わった。

フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)

▲「WWW:WHAT WE WANT(ワットウィーウォント)」「1/fスペース(1/fspace)」「サムデイ・ザ・サーティーン(SOMEDAY THE THIRTEENTH)」「トリパスプロダクツ(TRIPATH PRODUCTS)」「パスタイムファクトリー(PASTIME FACTORY)」など北海道発のブランド&ショップの合同ブースも大賑わいといなった。まさに北海道物産展!

場内には、他にも植物をテーマにした「スィートジャングル」や、キッチンカーが集まった「ソウルフードジャム」、バイクトライアルやパルクールなどエクストリームスポーツのアトラクション「ニンジャゲームズ・エクスペリエンス」などが開催され、まさに見て・触って・買って・食べられるイベントになった。

フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)

▲毎回趣向を凝らした展示を行うアンティークショップ「ジャムデイ(JAM DAY)」のブース。

なお、フィールドスタイルは年2回開催。次回は 2023年5月21日(土)~22日(日)の2日間、今回同様、愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)を舞台に、“日本最大級”から“アジア最大級”にスケールアップ! イベント名も新たに「フィールドスタイル・ジャパン(FIELDSTYLE JAPAN)」として開催される予定。

これは例年5月に開催されていた、夏のアウトドアをテーマにした「フィールドスタイル・シーサイドマーケット(FIELD STYLE SEA SIDE MARKET)」と、クルマと遊びの総合展示会「モーターファンフェスタ:ヴィークルスタイル(MOTOR FUN FESTA:VEHICLE STYLE)」を同時開催するものだ。詳細は「フィールドスタイル」のWEBサイトで確認しよう。

フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)

▲「フレックス(FLEX)」からはリノカ106や95プラド、オリジナルのキャンピングカー・モビーディックなどを展示。

フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)

▲ジムニー専門店の「アピオ(APIO)」から出展されたジムニー・シエラ。

フィールドスタイルとは(ABOUT FIELD STYLE)
”アウトドア”と”ライフスタイル”に関するさまざまなジャンルの製品やサービスを体験・ 体感できるコンテンツを提供するイベント。第一回は2017年9月24日(日)にポートメッセ名古屋で開催された。近年は5月に開催される「フィールドスタイル・シーサイドマーケット」11月に開催される「フィールドスタイル・ジャンボリー」の年2回開催。

モーターファンフェスタ:ヴィークルスタイルとは(ABOUT MOTOR FUN FESTA:VEHICLE STYLE)
「モーターファンフェスタ:ヴィークルスタイル」は「フィールドスタイル(FIELD STYLE)」からスピンアウトしたクルマやオートバイなどの乗り物(=VEHICLE)にフォーカスしたイベント。第一回は2022年4月16日(土)〜17日(日)に愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)で開催、約2万3000人を動員した。

イベント概要|ABOUT EVENT
イベント名フィールドスタイル・ジャンボリー(FIELD STYLE JAMBOREE 2022)
開催日2022年11月18日(金)〜11月20日(日)
場所Aichi Sky Expo|愛知県国際展示場(愛知県常滑市)
主催フィールドスタイル・ジャンボリー実行委員会
WEBhttps://field-style.jp

CONTACT|フィールドスタイル
WEB|https://field-style.jp
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|Cal Vol.50

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    デルタフォース・オーバル|デリカの足元をスタイルアップさせる 定番外しのインチアップ

  2. 2

    エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. 3

    旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  4. 4

    ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  5. 5

    ディーン・コロラド|ネオクラシックなJA11Cをベースにした 遊び心あふれるカスタム・ジムニー

最近の記事

  1. OUTDOOR STYLE HAKU(アウトドアスタイルハク)|石川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  2. 歩歩是道具店(ホホコレドウグテン)|静岡県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  3. SOTOSOTODAYS(ソトソトデイズ)|神奈川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  4. LOCKFIELD EQUIPMENT(ロックフィールド・イクイップメント)|神奈川県|スタイリッシュな製品を生み出すLFEの直営店

  5. TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

TOP