然別湖北岸野営場(北海道)|“天空の湖”を目前にした水辺の野営場

北海道

北海道にある湖の中ではもっとも標高が高いことから“天空の湖”とも呼ばれる然別湖畔の北岸に位置する「然別湖北岸野営場」。毎年夏季限定でキャンパーの受け入れをしており、天気のよい日は満天の星に抱かれながら、静かな夜を楽しむことができる。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲然別湖畔に広がる「然別湖北岸野営場」。例年、7月の第一土曜日に然別湖に残るアイヌの伝説を基にした物語を再現する「白蛇姫まつり」も開催されている(2021年度は中止)。携帯電話はほとんどのキャリアで圏外になるのでご注意を。

然別湖(しかりべつこ)は、“カヌーイストの聖地”とも呼ばれる美しい天然の湖だ。北海道内ではもっとも高い標高(810m)にある湖で、最深部の水深は約100m。周囲は大雪山国立公園に属した原生林が取り囲み、太古の昔から連綿と続く豊かな自然を今に伝えている。

湖は約3万年前の噴火で川がせき止められて出来たものと考えられており、周囲は13kmほど。複雑な湖岸線には合計9つの湾があり、湖の中央には“パワースポット”としても知られる小島「弁天島」が浮かんでいる。

野営場のある周囲の森には絶滅が危惧されるエゾナキウサギやオジロワシ、ミサゴ、クマゲラ、アオサギなどの貴重な野生動物たちが生息するなど、まさに自然の宝庫だ。もちろん、周囲の森には敬遠したい野生動物も生息しているため、食料やゴミなどの管理は徹底した上で利用してほしい。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲キャンプの受付は場内にあるセンターハウスで行っている。

野営場の管理は鹿追町から委託された、然別湖畔のネイチャーセンター職員が行っている。キャンプ利用時の料金は大人1名250円、子どもは150円。場内への車両の乗り入れは不可で、駐車場からキャンプ用のカートなどを利用して好みの場所まで荷物を運ぶ。管理棟で運搬用のリヤカーの貸し出しも行っているので、荷物の運搬そのものは、さほど苦労しないだろう。

テントは湖畔の水際を除けば自由に設営できる。開けた場所を選んでも、木々が邪魔をして湖面が覗ける程度だが、それでも美しい然別湖の魅力は十分に堪能できる。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲湖畔に広がる林間のキャンプサイト。木々に囲まれているため、開けている場所は限られる。野営場は湖畔の水辺から1段高い場所にあり、場内から水辺へ下りる小道がある。

地面は短く刈り込まれた草地だ。自然地形のままであるため、フラットな場所は少なく、現地に着いたらしっかり下見をしよう。湖畔は急な天候悪化も十分に考えられるので、ペグは長めのしっかりとしたものを準備したい。

共用設備は炊事棟(2ヶ所)とバイオトイレのみ。夜間の照明類は炊事棟が22時まで点灯しているだけで、以降は漆黒の闇夜になる。天気さえ良ければ、満天の星が頭上に広がっているはずだ。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲場内には所々にテーブルや椅子が備わっているので、上手に使ってほしい。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲ログハウス風のトイレ棟があるほか、場内には微生物により糞尿を分解するバイオトイレも設置されている。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲キャンプスペースに近いエリアに設置されたバイオトイレ。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲屋根付きの炊事棟は2ヶ所設置されており、どちらも水道と流し、飯盒炊さん用の炉があるだけだ。水道はそのままでは飲用できないため、煮沸してから飲用しよう。

然別湖北岸野営場(北海道)

▲付近には登山口もある。夏季はカヌースクールなどを開催しているほか、ナイトウォッチングや原生林ツアーなど経験豊富なガイドの下で、安全に大自然を堪能できる。

VIEW|景観
最寄りのコンビニは、鹿追町内にあり約31㎞(クルマで約35分)。スーパーは同瓜幕地区にあり、約23㎞(同約26分)。燃料類は町内のホームセンターで購入できる(薪の販売はしていない)。

FOOD & DRINK|食料・飲料
道東自動車道・十勝清水ICから約50km(クルマで約60分)。帯広市内からも1時間超。パールスカイライン(道道85号)沿いにあり、野営場の入口にある駐車場に車両を止めて入場する。

ACCESS|交通
キャンプ場は道道52号(屈斜路摩周湖畔線)沿いにある。付近に高速道路はなく、釧路市内からは約92km(クルマで約90分)。網走市内からも約65km(同約70分)の距離にある。アクセス路が山間にある52号のみとなるため、通行止めなどの情報に注意しよう。

ADVICE|ひとことアドバイス
カヌーイストにとっては“聖地”とも呼ばれる然別湖。湖畔にある「然別湖ネイチャーセンター」ではカヌーのレンタルやスクールも利用できる。ここまできたらぜひ、カヌー体験も試してみてほしい。

然別湖北岸野営場|SHIKARIBETSUKO HOKUGAN CAMPSITE
営業期間7月1日~9月30日
定休日なし
サイト数フリーサイト:約100組
所在地〒081-0344 北海道河東郡鹿追町然別湖畔
予約方法予約不要
チェックイン設定なし
チェックアウト設定なし
地面草・土・砂
参考料金500円(大人2名利用時の税込合計料金)
電話番号0156-66-4034(鹿追町役場商工観光課)
WEBサイトhttps://shikaoi.net/detall/43
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコイン
シャワー
温泉洋式水洗トイレ洗浄機能
付き便座
××××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    デルタフォース・オーバル|デリカの足元をスタイルアップさせる 定番外しのインチアップ

  2. 2

    エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. 3

    旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  4. 4

    ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  5. 5

    ディーン・コロラド|ネオクラシックなJA11Cをベースにした 遊び心あふれるカスタム・ジムニー

最近の記事

  1. OUTDOOR STYLE HAKU(アウトドアスタイルハク)|石川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  2. 歩歩是道具店(ホホコレドウグテン)|静岡県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  3. SOTOSOTODAYS(ソトソトデイズ)|神奈川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  4. LOCKFIELD EQUIPMENT(ロックフィールド・イクイップメント)|神奈川県|スタイリッシュな製品を生み出すLFEの直営店

  5. TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

TOP