くりの木キャンプ場(群馬県)|赤城山の美しい稜線と渋川の夜景を楽しめる絶景キャンプ場

東日本

関越自動車道・赤城ICからクルマで約10分。「くりの木キャンプ場」からは関東平野を見下ろす美しい景色や、雄大な赤城山の稜線を眺めることができる。赤城山から昇る朝日、榛名山を真っ赤に染める夕焼けはともに絶景だ。共用設備も清潔で使いやすく、女性にも喜ばれるキャンプ場といえるだろう。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲「西の高台エリア」のW9区画。山あいに広がる町の明かりを眺めながら静かなキャンプが楽しめる(全区画で音楽禁止)。

2012年にオープンしたという「くりの木キャンプ場」は、現オーナーが脱サラをして開業した施設だ。現在でもひとりでキャンプ場の運営を切り盛りしており、場内は手づくりで仕上げた温もりあふれるものとなっている。

高低差のあるキャンプ場内に広がるキャンプエリアは、大別すると4エリアに分かれている。この中で、最も眺望に優れるのは場内の西端にある「西の高台エリア」。全部で12区画あるサイトは、どれも予約のできる区画サイト。赤城山の美しい稜線を堪能できるW6からW9の4サイトは特に人気が高いそうだ。

さらに1段上がったところにあるW10からW12までの3区画は、関東平野の夜景を一望できる、これまた絶景のエリアである(4輪駆動車でのみ登坂可能なため「4WDサイト」として区別されている)。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲テント生地を使った小屋は「電源付き常設テント」と名付けられている「T1」。

一方、管理棟のある東側の高台にも景観のよい場所が広がる。こちらは「東の高台エリア」と呼ばれており、テント用の区画サイトが2区画、さらに最も眺望のいい場所には小ぶりながらもおしゃれなバンガローが3棟並び、少し下がった斜面には常設テント棟も設置されている。テント以外の宿泊施設はいずれも屋根付きでウッドデッキも備わる。このデッキ上には焚き火を楽しめるスペースも用意されているので、焚き火好きにもオススメだ。

ほかにも管理棟脇にある電源付きの「管理棟小屋エリア」や林間の「中央エリア」など、斜面をいかして上手に区画サイトが配置されているのも「くりの木キャンプ場」の特徴のひとつといえるだろう。

共用設備は場内に2つある炊事棟(給湯あり)と、同じく2つある水洗式のトイレ棟のみだが、どこも清潔で、しかもその美しい造りに驚かされる。炊事棟内のテーブルスペースなどは、まるでおしゃれなカフェみたいな雰囲気だ(なんと薪ストーブまである!)。

風呂やシャワーはないが、周辺には日帰り温泉施設が数多くあるため、2~3日の滞在でも困ることはないだろう。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲「電源付き常設テント」の室内。2面のみ壁になっており、左右・天井にはテント生地を使用。日の出とともに柔らかな日差しに包まれる。ウッドデッキからの眺望も絶景!

くりの木キャンプ場|群馬県

▲人気の高い「西の高台エリア」のW8区画。隣接した区画との間に木立が適度に配置されており、プライバシーもある程度保たれる。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲「西の高台エリア」側
にある炊事場とトイレ。お湯の出る炊事場は、寒い日にはありがたい設備。水洗式のトイレは洋式。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲導線が未舗装の急坂のため、アクセスできる車両が限られる「4WDサイト」。最も高い位置にあるので、眺望も抜群。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲管理小屋と併設される炊事場ではお湯も使用できる。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲広々としたスペースにテーブルと椅子が備わり、冬季は薪ストーブが焚かれる。6時から22時まで自由に使えるスペースだ。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲炊事場には給湯も用意されている。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲管理棟の裏手に水洗式のトイレがある。清掃が行き届いており、清潔感のある設備だ。

くりの木キャンプ場|群馬県

▲元々果樹園だったことから高低差の大きい場内。

くりの木キャンプ場|群馬県

くりの木キャンプ場|群馬県

くりの木キャンプ場|群馬県

くりの木キャンプ場|群馬県

くりの木キャンプ場|群馬県

くりの木キャンプ場|群馬県

くりの木キャンプ場|群馬県

VIEW|景観
高低差のある山間に位置した、夜景の美しい林間キャンプ場。春は桜や黄色い花を咲かせるクサノオウ、ダイコンソウなどのかわいらしい花びらが美しく開く。

FOOD and DRINK|食料・飲料
山間のキャンプ場のため、あまり大きなスーパーマーケットは周辺にない。赤城IC方向へ約5km、クルマで約10分の距離にコンビニや小さなスーパーなどがある程度だ。

ACCESS|交通
関越自動車道・赤城ICから約7.5km、クルマで約10分。キャンプ場入口の急坂は幅員が狭く、急なので気をつけて。周辺の経路も、ややわかりにくい。

ADVICE|ひとことアドバイス
「西の高台エリア」から眺める渋川方面の夜景がお勧め。共用設備も非常に清潔感があり、キャンプ経験の少ない女性や子どもと一緒でも安心して利用できる。

くりの木キャンプ場|KURINOKI CAMP FIELD
営業期間4月~11月
定休日なし
サイト数30区画
所在地〒377-0202 群馬県渋川市中郷2694-197
予約方法WEBのみ
チェックイン14:00〜18:00
チェックアウト11:00
地面芝生・草・土
参考料金6000円(大人2名利用時の税込合計料金)
電話番号なし
WEBサイトhttps://c-kurinoki.com
備考オートサイト(1人で利用):5000円
オートサイト(2人で利用):6000円
オートサイト(家族で利用):7000円
バンガロー:1万4000円~
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  5. 5

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP