ウスタイベ千畳岩キャンプ場(北海道)|オホーツクの海を間近に感じる芝生のキャンプ場

北海道

「ウスタイベ千畳岩キャンプ場」は、オホーツク海に突き出た景勝地ウスタイベ千畳岩に隣接するキャンプ場だ。日中は数多くの観光客で賑わう千畳岩も、日没とともに静かな海辺の景観へと姿を変える。満天の星を堪能する夜空もすてきだが、オホーツク海から昇る朝日もまた、キャンパーだけが味わえる特別な瞬間となるだろう。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲町の中心から約2kmと便利な場所に位置する「ウスタイベ千畳岩キャンプ場」。安山岩が畳敷きのように見えるので、千畳岩と名付けられた場所だ。

オホーツク海に面した枝幸町(えさし)は、毛がに籠漁で知られる漁業の盛んな町だ。町名の由来はアイヌ語の「岬」を意味する「エサウシ」が語源とされており、人口8000人ほどの小さな町内では酪農も盛んに行われている。

そんな道北らしい自然に囲まれた枝幸町の中にあり、景勝地のひとつとして知られるのがウスタイベ千畳岩だ。道立自然公園にも指定されているこの場所は、まるで畳を重ねたかのような奇岩が特徴的な景観を生み出している。

千畳岩がある場所はウスタイベ岬と呼ばれており、オホーツク海沿岸を南北に走る国道238号から岬を周遊する一方通行の道路を使ってアクセスする。「ウスタイベ千畳岩キャンプ場」があるのは、その岬の中である。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲冬は流氷も接岸するというウスタイベ千畳岩。道北を訪れる観光客の多くが立ち寄る景勝地に、まさかのキャンプ場という組み合わせ。さらに開場期間中は予約不要・無料。

キャンプ場は開放的な芝生の広場を中心としており、足を踏み入れるのも思わず躊躇してしまうほど美しい芝生の上へ、なんと自由に車両を乗り入れてオートキャンプを楽しめる。しかも予約不要・料金も無料というおおらかな設定なのもありがたい。

サイトは見渡す限り何もなく、あまりにも広いスペースを前に「どこにテントを張ったらいいのか」と、迷ってしまうかも。ただし、風よけになりそうな樹木や建物もないので、風対策は必須だろう。幸い地面はペグの利きもいい。それでも念のため、長めの鉄製ペグを利用したい。

このキャンプ場の維持・管理を行っているのは枝幸町で、場内には屋外炉が整然と並び、炊事棟やトイレ棟(洋式水洗式)も備えられている。設備はシンプルだが、この絶景と伸びやかな敷地を自由に利用できる環境があれば、むしろほかは何も必要ないかもしれない。

日中は観光客も多く駐車場も賑やかだが、日没とともに人影は減り、静かなキャンプ場へと姿を変える。キャンプサイトは国道から離れている上、そもそも国道の交通量も少ないことから夜間は特に静かだ。

夏季は朝4時前後に日の出を迎え、オホーツク海を真っ赤に染める幻想的な朝日も拝める。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲きれいに手入れされた芝生は、思わず車両の乗り入れをためらうほど。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲大型の駐車場は車中泊の利用者も多いそうだ。トイレも駐車場に完備しており、24時間利用できる。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲無料のキャンプ場でありながらも、きちんと分別した上で、町指定のゴミ袋を購入すればゴミ類は回収してくれる。ゴミ袋は町内のスーパーやコンビニなどで購入できる。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲炊事棟は水道と流し台が並ぶのみというシンプルな設備だ。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

▲芝生の美しいキャンプ場は、どこにテントを設営しても構わないフリーサイト。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|北海道

VIEW|景観
畳を敷き詰めたような奇岩が広がるウスタイベ千畳岩に隣接し、駐車場も共用する。北オホーツク道立自然公園に指定されており、オホーツク海から昇る朝日も壮観。キャンプサイトは芝生の広場だ。

FOOD and DRINK|食料・飲料
最寄りのコンビニは1.4km(クルマで約5分)。町内にはスーパーやホームセンターもある。枝幸港はホタテ、毛ガニ、鮭などが名物。町内には名産を食材に使った食堂もいくつかある

ACCESS|交通
稚内市内からは約108km(クルマで約2時間)、網走市内からは約200km(同約4時間)。札幌市内からは約300km(同約4時間強)。網走方面から北上する場合は国道238号を経由。

ADVICE|ひとことアドバイス
クルマで10分ほどの距離にある「ホテルニュー幸林」では日帰り入浴も可能。天然温泉・光明石温泉に浸かり、サウナも楽しめる。入浴料は大人が510円(小人250円)だ。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場|USUTAIBE SENJYOIWA CAMP GROUND
営業期間6月1日~8月31日
定休日なし
サイト数フリーサイト:定員設定なし
所在地〒098-5814 北海道枝幸郡枝幸町岬町1135-1
予約方法予約不要
チェックイン設定なし
チェックアウト設定なし
地面芝生
参考料金無料
電話番号0163-62-4242(枝幸町役場)
WEBサイトhttps://www.esashi.jp/tourism/page.html?id=83
備考
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
×××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023
UPDATE|2023年6月

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    電波の届かないキャンプ場でも、これで安心!|スターリンクローム(STARLINK ROAM)

  5. 5

    コールマンの最高峰モデル「マスターシリーズ」の新作シェルター「ツインクリフ」新発売

最近の記事

  1. キャンパーたちの気になる愛車|小さなボディで車中泊も可能! 4人でキャンプも行けるJA11ジムニー

  2. キャンパーたちの気になる愛車|モパーマッスルのDNAを持つ、パワフルなミドルサイズSUV

  3. キャンパーたちの気になる愛車|カリスマ的ギアショップオーナーが愛用するキャンプモービル

  4. コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  5. こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

TOP