尾岱沼ふれあいキャンプ場(北海道)|潮の満ち引きで表情を変える野付湾に面したキャンプ場

北海道

目の前に広がるのは潮の満ち引きにより刻々と表情を変えていく野付湾。その先には根室海峡に飛び出すように広がる砂嘴(さし)の野付半島、さらに晴れた日には直線距離で16kmほどしかない国後島の島影もはっきりと見える。そんな北海道・道東のあふれる自然に囲まれたキャンプ場が「尾岱沼ふれあいキャンプ場」だ。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲美しく整備された芝生のフリーサイトがバンガローに囲まれている「尾岱沼ふれあいキャンプ場」。

南側に根室半島、北側には知床半島、西側には摩周湖や屈斜路湖など、道東の観光拠点にぐるりと囲まれた別海町尾岱沼(おだいとう)にあるのが「尾岱沼ふれあいキャンプ場」だ。

周囲は野付風蓮道立自然公園に属しており、さらに目の前には雄大な野付(のつけ)湾の光景も広がっている。海沿いの敷地で、開放的なロケーションを味わえるキャンプ場である。

場内はフリーサイトのキャンプスペースと2種類のバンガローが中心。フリーサイトはきれいな芝生の広場になっており、好きな場所にテントを設営できる。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲キャンプサイトから海岸方向を見た景観。適度に高さがあるため、見晴らしもいい。

大別すると開放感のある南側サイトと、森に囲まれた北側サイトに分かれているが、両者の中間にも炊事棟やフリーサイトがあり、好みで設営場所を選択できる。

もっとも、眺望がいいのは海側が開けている南側だ。こちらはどこからでも野付湾が望める。駐車スペースもすぐ側にあるので、設営場所を工夫するとオートキャンプのような使い方もできる。

キャンプサイトは陸側に向かって階段状に高くなっている。このため駐車スペースよりも高い位置にテントを設営できるので、ほかのテントや駐車車両が視界を完全に遮ることもないだろう。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲森の中にある北側のフリーサイト。周囲を樹木に囲まれているので、海沿いのキャンプ場特有の突風・強風が吹いても安心できる。

一方で北側のフリーサイトは奥に行くほど三方を森に囲まれ、海は見えなくなるが、風の強い日には周囲の樹木が遮ってくれる林間サイトだ。

北側フリーサイトの手前には海岸沿いに近い場所にテントを設営できるスペースもある。天候と相談しながら、場所選びも楽しめそうなキャンプ場だ。

バンガローは定員数の違いでA、Bの2種類があり、いずれも照明と電源付き。共用設備は炊事棟(3ヶ所)とトイレ棟(2ヶ所)、バーベキューなどを楽しめるグリルキャビン(1ヶ所)、屋外炉(3基)など。木製の屋外卓(テーブルとベンチ)も場内に10基ある。

なお、中央管理棟内にはランドリーやシャワー、売店、トイレなどもあり、ビギナーやファミリーでも安心して利用できるキャンプ場といえるだろう。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲北側フリーサイトと南側フリーサイトの間にあるフリーサイト。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲バンガローは利用人数によって2種類ある。写真は4〜5人用のバンガローA。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲場内は条件付きでペット可だが、散歩は禁止。バンガローもペットは同宿できない。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲あちらこちらに屋外炉や屋外卓が点在しており、キャンパーは自由に利用できる。駐車スペースはサイトから数段下がった場所にある。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲グリルキャビンは屋根のついた大型のバーベキュースペース。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲グリルキャビンの内部に炉とテーブル、椅子が備わっている。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲中央管理棟は朝8時から20時までオープン。ゲートは夜間施錠され、20時から翌朝7時までは出入りができなくなる。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲中央管理棟内にシャワー、洗濯機、乾燥機などの設備が整っている。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲キャビンの内部。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲炊事棟は場内各所に3ヶ所建てられている。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲炊事棟内。給湯はない。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲ 大型の駐車場も用意されている。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲駐車スペースが一段下がっているので、キャンプサイトからは駐車車両があっても野付湾を見渡せる。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

▲美しく整備された芝生のフリーサイトがバンガローに囲まれている「尾岱沼ふれあいキャンプ場」。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

尾岱沼ふれあいキャンプ場|北海道

VIEW|景観
海岸線に面したキャンプ場。目前の野付湾は北海シマエビの漁場であり、年2回の漁期には壮大な打瀬舟の姿を見られる。周辺には道東根釧台地の酪農地帯も広がる。

FOOD and DRINK|食料・飲料
最寄りのコンビニは約3km、クルマで約5分の別海町尾岱沼地区にある。30km先の別海町中心地まで行けばスーパーなどもある。

ACCESS|交通
根室中標津空港からはクルマで約35分、根室と羅臼からはどちらも約1時間。釧路市内からは112km。釧路・根室・網走の中間にあるため道東観光の中継点としても便利。

ADVICE|ひとことアドバイス
天候があまり良くない時には森の中にある北側のフリーサイトがおすすめ。周囲を樹に囲まれているので、海沿いのキャンプ場特有の突風・強風が吹いても安心できる。

尾岱沼ふれあいキャンプ場|ODAITO CAMPING SITE
営業期間4月下旬~10月末
定休日なし
サイト数フリーサイト:100組、宿泊棟:16棟
所在地〒086-1642 北海道野付郡別海町尾岱沼岬町66
予約方法予約不要 ※バンガロー利用時は電話にて要予約
チェックイン13:00〜17:00
チェックアウト08:00〜10:00
地面芝生・草
参考料金1000円(大人2名利用時の税込合計料金)
電話番号0153-86-2208
WEBサイトhttp://www.aurens.or.jp/~odaitoufureai/
備考入場料:一般 300円 小・中学生 200円
テント (1張):400円
バンガローA (1棟):4000円、コテージ (1室):1万4500円
※参考料金はテント1張400円+一般入場料2名分600円の税込合計料金
※ペットの利用は条件付き
※洗浄機能付きトイレは障害者用1ヶ所のみ
※給湯は管理棟内で利用可能
※バンガローやコテージは要予約
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×
売店Wi-Fiレストランレンタル
××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|テーマで選ぶ全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023
UPDATE|2023年6月

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  2. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  3. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  4. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

  5. 絶品ニラソースで味わう塩豚蒸し焼き

TOP