コムケ国際キャンプ場(北海道)|道東の自然を満喫できる湖畔のキャンプ場

北海道

オホーツク海やサロマ湖など、道東の美しい水辺が広がる紋別市。市街地からも程近い「コムケ国際キャンプ場」は、北海道らしさを堪能しながらも、便利・快適にキャンプが楽しめることから、ビギナーやファミリー層など人数や経験を問わず、誰でも安心して利用できるキャンプ場だ。

コムケ国際キャンプ場

▲芝生の広大な広場を取り囲むように植えられた木々。海沿いかつ湖沿いという水辺の立地だけに、風が強い日も多いが、樹木が風除けの役割をしてくれる。写真は南側のキャンプサイトから湖畔側を写したもの。

コムケ湖はアイヌ語で「コムケ・トー」(曲がっている・沼)と呼ばれていたことに由来する。北海道北東部の紋別市の郊外にあり、周囲にはオホーツク海沿いに3つの湖が並んでおり、それぞれが水路で繋がっている。

コムケ湖はサロマ湖と同様に、砂州で海と隔てられた海跡湖だ。湖にはオオハクチョウやヒドリガモなどのガン・カモなどが飛来するなど、野鳥の宝庫としても知られている。冬季にはオジロワシやオオワシなどの猛禽類も見られるそうだ。

コムケ国際キャンプ場

▲広々としたキャンプサイトが広がる「コムケ国際キャンプ場」。場内通路側にテントを設営すると駐車した車両のすぐそばで、オートキャンプのようにも使える。湖が見えるような位置に設営する場合は、荷物の搬出入がちょっと大変だ。

「コムケ国際キャンプ場」はそのコムケ湖の東岸に位置しており、同じく紋別市が所有する「紋別ベイエリアオートサイト」(20kmほど離れた場所にある)と共に、市民の憩いの場となっているキャンプ場だ。

キャンプサイトは湖畔を走る公道を挟み、湖とは反対にある森の中に広がっている。中央に通路が走っており、その左右に定員約100組というフリーサイトがある。

北側は林間サイト、南側は開けた広大な芝生の広場のようなスペースで、地面はどちらも芝生。そのキャンプサイトの周囲は木立が取り囲んでいる。

コムケ国際キャンプ場

▲キャンプサイトの地面は短く刈り込まれた芝生。水平レベルも申し分なく、快適な滞在が楽しめる。写真は樹木の多い、通路を挟んで北側のキャンプサイト。

南側サイトは開放感のある広々とした雰囲気で、夜は満点の星も楽しめるだろう。

一方、風の強い日は樹木の多い北側サイトを利用すれば、風除けも期待できる。天気に合わせて設営場所を使い分けるのもいいだろう。

眺望は公道を挟んでいることから間近に水辺を感じるのは難しい。それでも湖側に陣取れば湖に沈む夕日を眺めることもできそうだ。

コムケ国際キャンプ場

▲管理棟として機能する「コムケレストハウス」。キャンプの受付のほかにも、館内でシャワーや洗濯機などが利用できる。館内にある洋式水洗トイレは、館の裏手からもアクセスできる。

[/caption]共用設備は炊事棟(水道・流し・炉)とトイレ棟(水洗・和式)、管理棟を兼ねるレストハウス内にはシャワーや洗濯機もあり、テントなどのレンタル品も用意されている。

なお、場内は芝生への車両乗り入れが不可となっているが、舗装された駐車スペース(中央園路にも4台駐車可)にクルマを止めて、その脇にテントを設営すればオートキャンプ的な使い方もできる。荷物が多い場合は工夫して利用してみよう。

コムケ国際キャンプ場

▲キャンプ場入口にある「コムケゲストハウス」前にも駐車場が用意されている。コムケ湖の湖畔に位置する駐車場が、もっとも水辺に近い。

コムケ国際キャンプ場

▲公営キャンプ場では珍しく、「コムケ国際キャンプ場」ではペットの同伴が可能な上、ドッグランまで用意されている。

コムケ国際キャンプ場

▲場内には60台ほどの収容力がある駐車場が完備されている。キャンプサイトそのものは100張り以上設営できるスペースがある。

コムケ国際キャンプ場

▲通路を挟んで南側のキャンプサイトには、屋根のない流しが2ヶ所用意されている。どちらも給湯はなく、水のみ。飲用は可能。

コムケ国際キャンプ場

▲ゴミは持ち帰りが基本だが、分別した上で有料にてキャンプ場で引き受けもしてくれる。

VIEW|景観
北海道北東部、紋別市にある湖・コムケ湖の湖畔に広がる紋別市営のキャンプ場。キャンプサイトは広大な芝生の広場と木立に囲まれた林間サイトの2つ。木々の隙間からわずかに湖面を望む。

FOOD & DRINK|食料・飲料
紋別市や湧別町の市街地が近く、食料・飲料の調達は容易だ。最寄りのコンビニはキャンプ場の東側にある湧別町の町内にあり、約12km(クルマで約18分)。スーパーも約11km、同約18分。

ACCESS|交通
網走方面からの場合、国道239号経由で約90km(クルマで約100分)。札幌·旭川方面からは旭川紋別自動車道を使用し、遠軽瀬戸瀬ICを降りてから約40km(同約60分)だ。

ADVICE|ひとことアドバイス
オホーツク海沿岸とはいえ、市街地からも程近い便利な立地。車両の乗り入れはできないが、場内中央にも駐車場があり、テントの設営場所を工夫すればさほど困らないだろう。

コムケ国際キャンプ場|KOMUKE KOKUSAI CAMPING SITE
営業期間4月下旬〜10月末
定休日なし
サイト数フリーサイト:100組
所在地〒099-6241 北海道紋別市沼の上
予約方法予約不要
チェックイン設定なし
チェックアウト設定なし
地面芝生・草
参考料金400円( 大人2名利用時の税込合計料金)
宿泊:大人(高校生以上)1名 200円
宿泊:子ども(小·中学生)1名 100円
宿泊:子ども(小学生未満)1名 無料
電話番号0158-28-2146
WEBサイトhttps://mombetsu.jp/summer_resort/
camp/2018-0904-1633-176.html
備考
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコイン
シャワー
風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能
付き便座
××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    デルタフォース・オーバル|デリカの足元をスタイルアップさせる 定番外しのインチアップ

  2. 2

    エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. 3

    旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  4. 4

    ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  5. 5

    ディーン・コロラド|ネオクラシックなJA11Cをベースにした 遊び心あふれるカスタム・ジムニー

最近の記事

  1. OUTDOOR STYLE HAKU(アウトドアスタイルハク)|石川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  2. 歩歩是道具店(ホホコレドウグテン)|静岡県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  3. SOTOSOTODAYS(ソトソトデイズ)|神奈川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  4. LOCKFIELD EQUIPMENT(ロックフィールド・イクイップメント)|神奈川県|スタイリッシュな製品を生み出すLFEの直営店

  5. TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

TOP