ロブスノウ・ラバト・黒皮鉄(Rob Snow Rabat)|燃焼時にモロッカン柄が浮かびあがる正六角形の組み立て式焚き火台

キャンプグッズ

ライトシェードからテーブルまで、ハンドメイドのキャンプ道具を生み出している愛知県のアウトドアブランド「ロブスノウ」からリリースされている組み立て式の焚き火台。

Rob Snow Rabat(ロブスノウ・ラバト・黒皮鉄)

▲燃焼時に美しい柄が浮かび上がる幻想的な雰囲気の焚き火台。

「焚き火やキャンプを女性にも楽しんで頂きたい」というコンセプトの下で開発された焚き火台。同じく正六角柱形状の「ケンシュリ」(対角線長35cm / 重量約6.3kg)から、ワンサイズ小さくして重量も軽量化したのが、ここで紹介している「ラバト(黒皮鉄)」(対角線長32cm / 重量約4.36kg)である。

Rob Snow Rabat(ロブスノウ・ラバト・黒皮鉄)

▲専用収納バッグ(別売り)を使えば、持ち運びも便利になるだろう。なお、パーツ点数は多いが、組み立ては非常に簡単。

本体は正六角形の火床と、6枚のパネルに3本の脚を加えた10点のパーツで構成されており、専用の五徳(別売り)を組み合わせれば、焚き火を熱源にして、さまざまな調理などにも使えるマルチユースなモデルだ。

本体パネルにはモロッコの建築物で多用されるモロッカン柄をあしらっており、燃焼時は美しい絵柄が浮かび上がるのも大きな特徴のひとつだ。なお、すべての商品にシリアルナンバーが刻印されている。

Rob Snow Rabat(ロブスノウ・ラバト・黒皮鉄)

▲「ラバト(黒皮鉄)」は、収納時は火床となるベースプレートに別売りの五徳まで含めてすべてのパーツがきれいに収まってしまう。

 

ABOUT Rob Snow|ロブスノウとは?
愛知県の金属加工会社が生産するキャンプギアのガレージブランド。得意の金属加工技術を用いて、精密で美しいギア類を生み出している。焚き火台やLEDライト用シェードなどをラインナップしている。

SPEC
ブランドロブスノウ
モデルラバト・黒皮鉄
サイズW32×D32×H32cm(組立時)
W32×D32×H4.5cm(収納時)
重量4.36kg
素材黒皮鉄
推奨人数2〜4人用
価格2万8600円(税込)
WEBhttps://robsnow.jp

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2021
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.21

※商品の詳細(価格・サイズなど)は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP