シェラカップで作る!|クロックムッシュ

キャンプごはん

カフェでお馴染みのクロックムッシュも、シェラカップでできる。ポイントはアルミホイルを利用すること。これだけで焦げ知らずでクロックムッシュを楽しめる。

オールドマウンテンの深型シェラカップに付属するステンレススノコは、「蒸し」だけでなく、クロックムッシュのようなアルミホイルを使う「焼き」でも活躍。アルミホイル(とその中身のパンが)直接カップ底に触れないため、無用な焦げを避けられるからだ。

クロックムッシュの仕上がりは、ソフトでクリーミー。シェラカップとアルミホイルの併用が、かなり便利なので、ぜひお試しを。

シェラカップで作る!|クロックムッシュ
調理時間15分費用(1人分)120円
材料(1人分)
バター10g
薄力粉大さじ1
牛乳100ml
バゲット2枚
ベーコン1枚
シュレッドチーズ適量
粗びき黒こしょう少々
作り方
1ホワイトソースを作る。シェラカップにバターを溶かして薄力粉を炒める。粉っぽさが無くなったら、牛乳を少しずつ加える。
2アルミホイルを大きめに広げ、バゲット、ホワイトソース、ベーコン、シュレッドチーズ、ホワイトソース、バゲットの順に重ね、仕上げにホワイトソースとシュレッドチーズをのせたら、包み込むように閉じる。
3ステンレススノコをセットしたシェラカップに2をいれ、10分ほど弱火にかける。仕上げに粗びき黒こしょうをふる。

ポイント
★ソースやチーズがこびりつかないよう、 アルミホイルの内側にオイルを塗ろう。
★ステンレススノコがあれば、焦げ付か ず上手に焼きあがる。

シェラカップ
問い合わせ先オールドマウンテン(OLD MOUNTAIN)
WEBサイトhttps://www.oldmountain.jp/

PHOTO and TEXT|HARUHIKO USHIHARA
COOKING and STYLING|KOTOE USHIHARA
PUBLISHED|2020
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.14

Copyright © 2020 Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP