キャンパーたちの気になる愛車|小さなボディで車中泊も可能! 4人でキャンプも行けるJA11ジムニー|キャンパーたちの気になる愛車

クルマとバイク

神奈川県平塚市でイエローナイフ・アウトドアショップのストアマネージャーを務める荒田さんの愛車は、5年前に手に入れたというJA11型ジムニーだ。

イエローナイフ・アウトドアショップ

▲街のクルマ屋さんでひと目惚れしたというJA11型ジムニー。1995年モデルは第二世代の最終型。

購入当時は8万kmだったというオドメーターは5年の間に14万kmまで伸長。車両は助手席がフルフラットになるようにカスタマイズされており、車中泊が可能になっている。

じつは登山が趣味ということで、仕事終わりに立山連峰まで足を延ばし、車中で仮眠をとった後に山へ向かうというハードな休日を何度も繰り返してきたという。

もちろんキャンプにも使用。しかもこの小さな車体におとな4人が乗っていくこともあるそうで、ルーフキャリはもはや必需品。

目指せ20万km!

イエローナイフ・アウトドアショップ

▲トランスミッションは3速AT。シートも交換済みだ。

イエローナイフ・アウトドアショップ

▲後部には趣味の自転車用のキャリアが装着されている。

OWNER|荒田真希さん
イエローナイフ・アウトドアショップイエローナイフ・アウトドアショップ店長。自転車や登山などアクティブな趣味を楽しむ荒田さん。登山専門店での経験を経て、現在はイエローナイフ・アウトドアショップのストアマネージャーを務める。

CONTACT|イエローナイフ・アウトドアショップ
WEB|https://ablaze-corp.shop/
PHOTO|DAISUKE KATSUMURA
TEXT|DAISUKE KATSUMURA
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.32

※商品の詳細は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP