キャンパーたちの気になる愛車|モパーマッスルのDNAを持つ、パワフルなミドルサイズSUV

クルマとバイク

デバイスワークスのスタッフである島さんは、かつて代表の秋山さんが乗っていた2020年式のデュランゴR/Tを譲り受け、通勤や地方への出張はもちろん、休日のキャンプにも活用している。 

デバイスワークス

▲店舗代表の秋山さんが乗っていたという2020年式のデュランゴR/Tを譲り受
けた、島さんの愛車。

ダッジ・チャレンジャーと同じ5.7リッターのHEMIエンジンを持つマッスルな四輪駆動SUVという性格上、あえてオフロードカスタムを施すのではなく、快適なオンロード性能を重視。20インチのアメリカンレーシングホイールにGクラスなどに純正採用されているピレリ・スコーピオンZEROをチョイスし、長距離の移動も静粛で快適だという。

3列シートを持つデュランゴだが、サードシートを格納するだけでラゲッジスペースも広くなり、キャンプ道具も十分搭載可能。島さんも普段はセカンドシートをたたまず二人分のキャンプ道具を詰んで、快適なキャンプを楽しんでいるそうだ。

デバイスワークス

▲ホイールはアメリカンレーシングAR937をチョイス。あえてオフロードタイヤは装着していない。

デバイスワークス

▲R/Tグレードは5.7リッターHEMIを搭載し、ボンネットもエアスリットが備わるHEMI専用となる。

デバイスワークス

▲ラゲッジスペースはかなり広い。通常のキャンプならセカンドシートをたたむことなく荷物が詰めるそうだ。

ABOUT DEVICE WORKS|デバイスワークスとは
デバイスワークスグラフィックデザイン会社の代表兼デザイナーでもある秋山大輔さんが立ち上げたギアの専門店。「デバイスワークス」の店舗スタッフとして働く島さんは、以前は国産スポーツに乗っていたといたそうで、デュランゴは初のアメリカ車。トルクがあり長距離も快適と早くも新たな愛車を溺愛中だ。

CONTACT|デバイスワークス
WEB|https://dwcamp.com/
PHOTO|DAISUKE KATSUMURA
TEXT|DAISUKE KATSUMURA
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.32

※商品の詳細は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  2. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  3. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  4. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

  5. 絶品ニラソースで味わう塩豚蒸し焼き

TOP