多々羅キャンプ場(愛媛県)|しまなみ海道沿いに広がる、通年利用可能な海辺のキャンプ場

キャンプ場

尾道と今治を結ぶ「しまなみ海道」。正式には「西瀬戸自動車道」と呼ばれる高速道路であり、約60kmの区間に瀬戸内海の大小さまざまな島を繋ぐ11の橋脚が並んでいる。高速道路でありながら、歩行者・自転車などが利用できる側道が付随しており、サイクリストにとっても人気の高いルートだ。利用にあたっては、隣接する道の駅「多々羅しまなみ公園」内にある「多々羅インフォメーションセンター」に問い合わせを。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲「多々羅キャンプ場」は海岸沿いに位置している。写真の海岸側は車両の乗り入れ不可。

愛媛県に属する大三島(おおみしま)と広島県に属する生口島(いくちじま)を結ぶ多々羅大橋のたもとにあるのが「多々羅キャンプ場」だ。

大三島は芸予諸島の中では“神の島”とも呼ばれている存在。島内には三島神社の総本社である大山祇神社があることから、神聖な島として長らく魚をとることも禁忌とされてきた。

その大三島の東にキャンプ場は位置しており、すぐ目の前には瀬戸内海の美しい海岸が広がっている。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲キャンプ場の目の前は海水浴場になっている。

夏は海水浴を楽しめるビーチも備わっており、シーズンになると多くの海水浴客で賑わうそうだ。

キャンプサイトは海側、サークル沿い、階段状の大きく分けて3エリアに広がっている。いずれもフリーサイトのみで、場内の一部(サークル沿い)だけは車両をサイトの脇に止めてテントの設営も可能だ。

海側のエリアは眺望がいいが、車両の乗り入れは不可。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲海側のキャンプサイトは車両乗り入れができないが、眺望は抜群。潮風に包まれながらキャンプを楽しめる。

階段状に整地されたエリアは水平レベルもしっかりしており、新設されたばかりの炊事・トイレ棟にも近いが、車両の乗り入れはできない。

共用設備はシャワー(夏季のみ使用できる温水シャワー)と、水洗式トイレ、炊事棟など。煮炊きのできるかまども用意されている。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲「しまなみ海道」を背後にした高台側にはコテージが並び、その下に3段の階段状になったキャンプサイトがある。きれいに整地されており、上段には真新しい炊事・トイレ棟も建築されている。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲階段状になったキャンプサイト。近年新設された炊事・トイレ棟からも近い。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲エアコンを完備したコテージ(定員4~5名)も場内に10棟ある。バーベキュー設備やテントなどもレンタルもあり。なお、キャンプ場内はペット不可。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲隣接する道の駅「多々羅しまなみ公園」からの景観。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲海岸には海水浴でも重宝するシャワー棟が設置されている。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲円形のサークル部には車両の乗り入れが可能。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲近年新設された炊事棟。作業スペースも用意されている。

多々羅キャンプ場(愛媛県)

▲炊事棟は階段状になった敷地奥のキャンプサイトに設置されている。

VIEW|景観
背後に「しまなみ海道」の橋脚があるが、北側は美しい瀬戸内海が広がる。夏は海水浴客も訪れる海辺のキャンプ場だ。

FOOD and DRINK| 食料・飲料
嬉しいことにコンビニがキャンプ場の入り口にあり、徒歩圏内。スーパーマーケットも北側の港付近にある(約2km/クルマで5分程度。

ACCESS |交通
西瀬戸自動車道・大三島ICから800m(クルマで約2分)。本州側の尾道市内からは約33km(同40分)。今治市内からも同程度の距離にあり、クルマで30分程度だ。

ADVICE|ひとことアドバイス
透明度の高い海岸沿いのキャンプ場。目の前は海水浴場で、夏場は特に賑わいそう。隣接する道の駅「多々羅しまなみ公園内」でも美しい瀬戸内の景観を楽しめる。

多々羅キャンプ場|TATARA CAMP GROUND
WEBサイトhttps://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/spot/kamiura_tatara/
所在地〒794-1402 愛媛県今治市上浦町井口7523番地
営業期間通年
定休日なし
電話番号0897-87-3855(多々羅インフォメーションセンター)
サイト数フリーサイト:約80組
参考料金1670円(大人2名利用時の税込合計料金)
予約方法電話・FAX
チェックイン12:00〜17:00
チェックアウト11:00
地面芝生
備考利用料 / 大人(中学生以上)1人1回:310円(税込)
利用料 / 小人(小学生)1人1回:160円(税込)
加算料金 / 持込みテント・タープ 1張:1050円(税込)
加算料金 / 貸出しテント 1張:2100円(税込)
加算料金 / 宿泊料(キャンピングカー):2100円
加算料金 / 宿泊料(コテージ):6290円
※温水シャワー(5分200円)は7月~11月下旬まで使用可
※日帰り一時利用も可(料金は別途問い合わせ)
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
×××××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2021
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.16

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP