モニュメントバレー / ザ・ビュー・キャンプ場(アメリカ)|大自然が生み出した世界屈指の絶景

どこか遠い惑星にでも降り立ったかのような錯覚に襲われるのが、アメリカ西部のアリゾナ州とユタ州の州境にまたがって広がるモニュメントバレーだ。ここでは風雨の浸食で地層が剥き出しになったメサと呼ばれるテーブル形の台地やさらに浸食を受けて細い岩山に姿を変えたビュートが立ち並ぶ。 

ジョン・フォード監督の西部劇の舞台として知られるほか、「2001年宇宙の旅」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ」「イージー・ライダー」など数々の大ヒット映画の舞台ともなっているので、ご存知の方も多いだろう。映画で使われた撮影場所は、「ジョン・フォードポイント」や「フォレス・ガンプポイント」などと呼ばれ、多くの観光客が記念撮影を楽しんでいる。

グランドキャニオンやロッキー山脈など周囲の地形に対し、過去数億年にわたって非常に安定した地殻とされるコロラド高原。フォーコーナーズを中心にコロラド州西部、ニューメキシコ州北西部、ユタ州南東部、そしてアリゾナ州北部にまたがるこの高原台地の一部であるモニュメントバレーはナバホ族の居留地だ。

現在はナバホ族の管理でその一部が一般に開放されている。雨はほとんど降らない砂漠であり、表出した地層は2億7000万年前頃のものとされる。大地の赤褐色は土壌に含まれる大量の鉄分が酸化したものだ。

このアメリカを代表する景勝地に、じつはキャンプ場がある。利用するにはキャンプ料金のほかにパーク入場料20ドル(クルマ1台4人まで)が必要だ。また、キャンプ場へのチェックインおよび料金の支払いはクレジットカードのみ(パーク入場料は現金のみ)。


テント、モーターホーム、コテージなど好みのスタイルが選べるが、すぐそばには立派なモーテルもある。ちなみに砂漠の真ん中とはいえ、冬季は氷点下になることも珍しくない。一方で夏は灼熱の太陽に一日中照らされるなど、キャンプインには過酷な環境でもある。

それでも、この絶景を味わうために訪れるキャンパーは後を絶たない。沈み行く夕陽に彩られた荒野、朝焼けに染まる大地と空など、眼前に広がるモニュメントバレーの絶景を堪能するためにやってくる。月光や満天に広がる星の瞬きに抱かれ別の顔をまとう夜景も見逃せないので、夜もまた楽しみだ。

なおアリゾナ州では夏時間が実施されていないが、同じタイムゾーンのナバホ居留地では夏時間が実施されている(ユタ州も実施)。夏時間期間のモニュメントバレーは、アリゾナ州よりも1時間進んでいるので、チェックイン・アウトの時間には注意しておきたい。

VIEW|景観
赤い砂漠のような大地。辺り一帯には地層が剥き出しになった台地や細い岩山が立ち並ぶ。これがアメリカ西部の原風景ともいえるモニュメントバレーだ。この世界屈指の絶景を眼前に望むキャンプ場がここにある。普段目にすることのない地球の鼓動を、あるいは宇宙の営みさえも感じることができる奇跡と感動のキャンプ体験が待っている。

FOOD & DRINK| 食料・飲料
砂漠の真ん中とはいえ、クルマで30分ほどの距離にメキシカンハット、カエンタという小さな町があり、どちらもモニュメントバレー観光の拠点となっている。ガソリンスタンドやコンビニ、ファストフード、モーテルがあり、食糧・飲料共に調達可能だ。

ACCESS |交通
アリゾナ州ナバホ郡のカエンタで国道160号から分岐して北に向かい、ユタ州サンファン郡のブラフで国道191号に合流する全長100kmほどの国道163号線を経由する。アリゾナからユタに入ったところでモニュメントバレーロードと交差。右折してモニュメントバレーロードを進むと入場料を支払う料金所があり、その突き当たりに駐車場やビジターセンター、ザ・ビュー・ホテル、レストラン、トレーディングポスト(ギフトショップ)などが並んでいる。ザ・ビュー・キャンプ場はビジターセンターやホテルの少し手前に位置している。ザ・ビュー・ホテルの公式サイトで予約可能で、RVサイトとバレーを一望できるヒルサイドのテントサイトが選べる。

ADVICE|ひとことアドバイス
夏も冬も、昼夜の寒暖差が大きい過酷な砂漠の真っ只中だ。気軽に軽装備でキャンプインするのはリスクが大きい。初めてならモーターホームをレンタルして訪問するか、コテージをチョイスする方が安全だ。

モニュメントバレー /ザ・ビュー・キャンプ場|アメリカ
営業期間 通年
定休日 なし
サイト数 RVサイト30、テントサイト30
所在地 Monument Valley Tribal Park, UT 84536 USA
予約方法 WEBサイト
参考料金 公園入場料20ドル(クルマ1台4人まで、 追加料金は1人5ドル) キャンプサイト1泊利用料は税別39.95ドル ( RVサイト)または19.95ドル(テントサイト)
WEBサイト https://monumentvalleyview.com/

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|OSAMU HONMA
PUBLISHED|2020
SOURCE|CAMP GROUND GUIDE BOOK 2020-2021

Copyright © 2020 Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.15|10月30日発売

  2. エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. エリベッテ|スペース効率の良いコンパクトなクラシック・トレーラー

  4. マイアミ浜オートキャンプ場(滋賀県)|設備の整った琵琶湖随一の大型キャンプ場

  5. キャンプマーケット(埼玉県)|ビギナーからマニアまで納得するオートキャンプ専門店

INSTAGRAM|インスタグラム