オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン(old mountain)|アウトドアでも楽しめる超本格的真空管オーディオシステム

ニュース

真空管オーディオ「shinku-kan 12V6V6ブラウンコーン」(シリアルナンバー付)」は、“アウトドアでも使える本格的なオーディオが欲しい”という理由から開発されたもの。「オールドマウンテン」により企画・開発され、12V仕様の真空管アンプを中心にして完成された。

オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン

▲無垢材を使ったハードケースに、スピーカー×2、真空管オーディオシステム×1のコンプリートセット。各外部オーディオ機器の出力端子オーディオケーブルを用いて、3.5mmステレオミニフォーン端子に接続できる。

オールドマウンテンによる企画・基本コンセプト設計にアシモクラフツ、ネルデザインワークスが加わり、キャンプ業界のみならず、オーディオ界にもないコンセプト・仕様で仕上げられたこのオーディオシステムは、“今まで持ち出せなかった音を屋外に持ち出す”ことを可能にしたもの。

古き良き時代の真空管アンプのオーディオシステムを、熟練の職人が現代の技術を用いて再現しており、ポータブル電源などにも対応した12V駆動となっているのが特徴である。

使用する真空管は6V6GT×2、12A×7×1、さらにスピーカーには惜しみなく無垢材を使用した上、装着される真鍮パーツはすべて削り出しで製作されている。大量生産を前提としたメーカーにはできない、手の込んだ仕様なのだ。

オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン

▲オーディオユニットに使われている金属パーツは真鍮の削り出し。木部にはアシモクラフツやネルデザインの協力を得て、美しいデザインが反映されている。

本体は無垢材のハードケースに収納されており、真空管オーディオユニットと2つのスピーカーを取り出して、ハードケース上の所定の位置にセットするだけ。スピーカーの設置面には一部に穴が開けられており、スピーカーを上に乗せることでダブルバスレフ方式となり、さらに低音域を増幅させる仕組みとなっている。

生産数は極めて少量で、毎回抽選販売となるが、運良く手に入れることができれば、究極のオーディオサウンドを屋外でも堪能することができるだろう。

興味のある人は、オールドマウンテンのSNS(Instagram_@oldmountain_official)に掲載される販売情報をチェックしておこう!

オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン

▲裏蓋を開けると隙間なくぴったりと採寸された専用スペースに、スピーカーやオーディオがきれいに格納されている。

オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン

▲ハードケースの中にはスピーカー×2、真空管アンプ・オーディオシシテム×1が専用スペースに格納されている。

オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン

▲ケースの裏面にある鍵穴に専用キーを差し込んで開閉し、中からスピーカーとオーディオを取り出してケースの上に設置するだけ。あとは機器同士を配線すれば準備完了だ。

オールドマウンテンshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン

▲真空管アンプと無垢材スピーカーはアナログらしい心地良い音を奏でてくれる。

SPEC
ブランドオールドマウンテン
モデルshinku-kan 12V6V6 ブラウンコーン
サイズW540×D218×H218mm(ハードケース)
価格46万5850円(税込)
WEBhttps://www.oldmountain.jp

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.25

※商品の詳細(価格・サイズなど)は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP