稚内森林公園キャンプ場(北海道)|日本最北端・稚内市営のキャンプ場

北海道

日本の北端であるノシャップ岬までわずか6km。最北端の宗谷岬も30km強の距離にある。見晴らしのいい高台に位置した「稚内森林公園キャンプ場」は、日本最北端の稚内市にある公営のキャンプ場。宗谷湾・宗谷海峡を見渡す、景観の良さもおすすめする理由のひとつだ。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲場内には所々にテーブルや椅子が配置されている。地面は芝生だが、自然地形を生かしているので、完全にフラットになっている場所は限られる。

日本最北端にあるキャンプ場は北海道・礼文島にある「久種湖畔キャンプ場」だ。「稚内森林公園キャンプ場」はわずかに南に位置しているため、“島嶼部を除いた日本最北端のキャンプ場”というのが正しい表現になるだろう。

ちなみに同じ稚内市には、さらに南に位置した場所に道立の「宗谷ふれあい公園オートキャンプ場」もある。いずれにしても、短い夏の間だけに利用の限られる公営のキャンプ場であり、無料または格安の料金で利用できるのも特徴のひとつとなっている。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲「稚内森林公園キャンプ場」は「稚内公園」に隣接している。付近には高さ80mの開基百年記念塔もあり、展望台からの大パノラマも楽しめる。

ここで紹介する「稚内森林公園キャンプ場」も稚内市が管理しており、利用料は無料(事前の予約も不要)だ。

キャンプ場は海抜92mという丘陵地にあり、約15万坪という広大な面積を有した森林公園内の中で、3000坪をキャンプサイトに割り当てている。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲西側の広々としたエリア。取材時は野生の鹿が群れをなして草を食んでいた。

場内は全面フリーサイトで車両の乗り入れは不可。定員は100組程度だが、駐車場のキャパシティはその半数程度であることから、事実上50組程度の利用が上限となるだろう。

キャンプサイトはその駐車場から一段上がった斜面に広がっている。階段を利用する方が早いが、荷物が多い場合は少し遠回りになるがスロープもあるので、持参したカートなどを利用して運搬することもできる。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲南側エリアの一部は広々としているが傾斜地も多い。眺望はいいので、ピクニックには最適だ。

場内は林間サイトが中心だが、一部には開放的な広場のようなスペースもある。テーブルやイス、バーベキュー用の炉などがあちこちに配置されているため、キャンプだけでなく日帰りのピクニック利用でも楽しめる。

共用設備は炊事棟(水道・流し)とトイレ棟(水洗式・和/洋式)、東屋がそれぞれ2棟ずつ用意されているのみ。

キャンプサイトの一部では、天気さえ良ければ宗谷湾や稚内の市街地などが一望できるが、木々が多いため眺望のいい場所は限られる。

また、高台にあることから風が強い日も多いので、設営もしっかりと行いたい。いずれにしても利用にあたっては、まずは入念に場所選びをした方がいいだろう。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲炊事棟は水道と流し、炉が組み合わされている。屋根付きの他、屋根のない洗い場もある。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲場内には東屋も2棟配置されている。ちょっとした休憩に利用できる他、悪天候時には一時的に避難することも。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲男女別のトイレ棟は水洗式(和式・洋式)。清掃担当の方がしっかりと掃除をしているので清潔感のある設備だ。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲キャンプサイトからの眺望。宗谷丘陵がよく見えるのは駐車場に近いトイレ棟付近だ。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲場内は車両の乗り入れが不可となっている。南側エリアは駐車場から近く、荷物の搬入も楽だが、フラットなスペースは少ない。西側エリアは駐車場から階段を使って上る。荷物が多い場合は遠回りすればカートも使用できる。

稚内森林公園キャンプ場(北海道)

▲無料ながらも場内で発生したゴミは引き受けてくれる。それだけに食料や生ゴミの始末はしっかりと行いたい。就寝時はテント内に保管せず、車内など寝床から離しておこう。

VIEW|景観
場内は林間のキャンプサイトが中心。一部に芝生の広場のようなスペースもある。稚内の市街地や宗谷湾を見下ろす景観は、下段のトイレ棟付近が最も良い。上段のキャンプサイトからは木々の隙間から僅かに望むに留まる。

FOOD & DRINK|食料・飲料
稚内の市街地にあることから、食料・飲料の調達は容易な立地となっている。最寄りのコンビニやスーパーは、いずれもJR稚内駅前にあり、キャンプ場から約3km(クルマで約10分)だ。

ACCESS|交通
稚内空港からキャンプ場までは約16km(クルマで約30分)。稚内港からは利尻島や礼文島、ロシア・サハリンへのフェリーも就航している。なお、「稚内森林公園キャンプ場」へアクセスするには同じく稚内市が管理する「稚内公園」を経由する。

ADVICE|ひとことアドバイス
全域で車両の乗り入れが不可。荷物の多いキャンパーには駐車場に隣接したトイレ側(南側)のスペースがおすすめだ。

稚内森林公園キャンプ場|WAKKANAI FOREST PARK CAMP GROUND
営業期間5月1日〜10月31日
定休日なし
サイト数フリーサイト:100組
所在地〒097-0022 北海道稚内市中央1丁目
予約方法予約不要
チェックイン設定なし
チェックアウト設定なし
地面芝生・草
参考料金無料
電話番号0162-23-6476(稚内市役所)
WEBサイトhttps://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/sangyo/
norinsuisan/ringyo/sinrinkouenkyanpu.html
備考
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×××××
水回り付宿泊棟ペットドッグラン焚き火直火炊事場
××××
給湯ゴミ捨てコイン
シャワー
風呂・温泉洋式水洗トイレ洗浄機能
付き便座
××××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|全国キャンプ場ガイドブック 2022-2023

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    デルタフォース・オーバル|デリカの足元をスタイルアップさせる 定番外しのインチアップ

  2. 2

    エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. 3

    旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  4. 4

    ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  5. 5

    ディーン・コロラド|ネオクラシックなJA11Cをベースにした 遊び心あふれるカスタム・ジムニー

最近の記事

  1. OUTDOOR STYLE HAKU(アウトドアスタイルハク)|石川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  2. 歩歩是道具店(ホホコレドウグテン)|静岡県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  3. SOTOSOTODAYS(ソトソトデイズ)|神奈川県|定番品からマニアックなものまで幅広い商品展開

  4. LOCKFIELD EQUIPMENT(ロックフィールド・イクイップメント)|神奈川県|スタイリッシュな製品を生み出すLFEの直営店

  5. TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

TOP