キャンパーたちの隠れ家|自宅の一室を改造したキャンパーズベース

ライフスタイル

愛娘のひと言がきっかけになって発奮!ギア類を日常使用する趣味の空間へ大変身

3年ほど前から自宅の一室を改造してキャンパーズベースとして使用している安倍さん。当時小学生だった娘さんに、「この部屋はダサい!」といわれたのがきっかけとなり部屋のリフォームを開始。自宅1階にある2部屋を改装し、1部屋を作業部屋にした上で、もう1室をキャンプギア専用のリラックススペースとして完成させた。

キャンパーたちの隠れ家

元々は両親が営む商店として使用されていたという1階スペース。約10帖ほどの部屋が2部屋連なっている。

セルフビルドで仕上げた内装は方角によって色合いを変更、見る向きにより雰囲気が異なるのが特徴だ。以前は収納されていたギア類も現在は常時セットアップ済み。

さらに大好きな植物も飾ることで、土足で気軽に入れるもうひとつのリビングのような場所になった。「完成した部屋を見て娘や息子に褒められました!」と安倍さんも大満足だ。

キャンパーたちの隠れ家

壁は塗り壁と壁紙のミッククス。ツーバーナーが常時セットされているため、お湯を沸かしてコーヒーを淹れることもできる。

Camper|Kouhei Abe 
「キャンプオーパーツショップ新居浜」の店長を務める安倍さん。代表の北野さんとはもともと焚き火仲間。40歳になるのをきっかけに、新しいことにチャレンジするつもりでキャンプを始めたそうだ。現在はデイキャンプを中心にアウトドアライフを楽しむ。写真にはないが、安倍邸では庭で直火の焚き火も楽しめるそうだ。
Instagram_@abeno_camp

CONTACT_Campooparts
WEB_https://www.campooparts.com
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|CAMP GOODS MAGAZINE vol.25

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    朝霧Camp Base そらいろ(静岡県)|富士山・西麓に今夏オープン! 早くも大人気となりつつある注目スポット

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP