キャンパーたちの隠れ家|自宅の一室を改造したキャンパーズベース

ライフスタイル

愛娘のひと言がきっかけになって発奮!ギア類を日常使用する趣味の空間へ大変身

3年ほど前から自宅の一室を改造してキャンパーズベースとして使用している安倍さん。当時小学生だった娘さんに、「この部屋はダサい!」といわれたのがきっかけとなり部屋のリフォームを開始。自宅1階にある2部屋を改装し、1部屋を作業部屋にした上で、もう1室をキャンプギア専用のリラックススペースとして完成させた。

キャンパーたちの隠れ家

元々は両親が営む商店として使用されていたという1階スペース。約10帖ほどの部屋が2部屋連なっている。

セルフビルドで仕上げた内装は方角によって色合いを変更、見る向きにより雰囲気が異なるのが特徴だ。以前は収納されていたギア類も現在は常時セットアップ済み。

さらに大好きな植物も飾ることで、土足で気軽に入れるもうひとつのリビングのような場所になった。「完成した部屋を見て娘や息子に褒められました!」と安倍さんも大満足だ。

キャンパーたちの隠れ家

壁は塗り壁と壁紙のミッククス。ツーバーナーが常時セットされているため、お湯を沸かしてコーヒーを淹れることもできる。

Camper|Kouhei Abe 
「キャンプオーパーツショップ新居浜」の店長を務める安倍さん。代表の北野さんとはもともと焚き火仲間。40歳になるのをきっかけに、新しいことにチャレンジするつもりでキャンプを始めたそうだ。現在はデイキャンプを中心にアウトドアライフを楽しむ。写真にはないが、安倍邸では庭で直火の焚き火も楽しめるそうだ。
Instagram_@abeno_camp

CONTACT_Campooparts
WEB_https://www.campooparts.com
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|CAMP GOODS MAGAZINE vol.25

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  2. 2

    デルタフォース・オーバル|デリカの足元をスタイルアップさせる 定番外しのインチアップ

  3. 3

    旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  4. 4

    ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  5. 5

    ディーン・コロラド|ネオクラシックなJA11Cをベースにした 遊び心あふれるカスタム・ジムニー

最近の記事

  1. アドベンチャリズ ムハンター: レ・モ・焚き火バッグ(ステンレスセット)(ADVENTURHYTHM HUNTER:Re·mo TAKIBI BAG)|建築設計士が企画したソロ用小型モデル

  2. ペトロマックス・ホーボーストーブ bk1(Petromax Hobo Stove bk1)|煙突効果で勢いよく燃えるコンパクトボディの焚き火台

  3. ハイランダー・コンパクト焚き火グリル(Hi lander Compact Takibi Grill)|使い勝手を徹底して研究した軽量焚き火台

  4. ムース・ファイヤースタンド・灯籠ミニ(moose FIRE STAND TOUROU mini)|超小型の組み立て式焚き火台

  5. 野良道具製作所・野良ストーブ(Nora Stove)|焚き火料理にも最適なベストセラーモデル

TOP