キャンパーたちの隠れ家|マニア垂涎のコレクションルーム

ライフスタイル

貴重なヴィンテージモデルが並ぶマニア垂涎のコレクションルーム。

20代の頃からキャンプを楽しみ始めたという加藤さん。当時はめぼしいギアも少なく、いつしかフィールドからは遠ざかっていたという。

キャンパーたちの隠れ家

新品未使用の個体が中心となったヴィンテージコールマンのコレクション群。

ところが、結婚して家族が増えたことをきっかけにキャンプ熱が再燃。5〜6年前からフィールドへ足繁く通う生活となり、2〜3年前からはさらにヴィンテージコールマンというディープな世界へ足を踏む入れることになった。

現在50体以上所有しているというそのコレクションは、どれもマニア垂涎のお宝ばかり。中には本国のコールマンから問い合わせのあった個体もあり、歴史的にも希少なモデルが自邸内に収蔵されている。

2020年に竣工された住まいは、ビルトインの大型ガレージを備えており、現在はその一角をコレクションルーム兼キャンパーズベースとしている。

テーブルとチェア、コレクション用のシェルフをセットした6帖ほどの空間には、色とりどりのヴィンテージ・コールマンが美しくディスプレイされているが、何よりも驚かされるのはやはりそのコンディションだろう。

Camper|Motoi Kato
ヴィンテージコールマンのコレクターは決して少なくないが、新品未使用品を含めてここまでコンディションのいい個体を収集しているキャンパーは世界的にも珍しいだろう。本国のコールマン本社からも声がかかるほどのギアコレクションは、大型ガレージの一角にしつらえられたキャンパーズベースに収納されている。

CONTACT_Campooparts
WEB_https://www.campooparts.com
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2022
SOURCE|CAMP GOODS MAGAZINE vol.25

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  2. 2

    デルタフォース・オーバル|デリカの足元をスタイルアップさせる 定番外しのインチアップ

  3. 3

    旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  4. 4

    ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  5. 5

    ディーン・コロラド|ネオクラシックなJA11Cをベースにした 遊び心あふれるカスタム・ジムニー

最近の記事

  1. アドベンチャリズ ムハンター: レ・モ・焚き火バッグ(ステンレスセット)(ADVENTURHYTHM HUNTER:Re·mo TAKIBI BAG)|建築設計士が企画したソロ用小型モデル

  2. ペトロマックス・ホーボーストーブ bk1(Petromax Hobo Stove bk1)|煙突効果で勢いよく燃えるコンパクトボディの焚き火台

  3. ハイランダー・コンパクト焚き火グリル(Hi lander Compact Takibi Grill)|使い勝手を徹底して研究した軽量焚き火台

  4. ムース・ファイヤースタンド・灯籠ミニ(moose FIRE STAND TOUROU mini)|超小型の組み立て式焚き火台

  5. 野良道具製作所・野良ストーブ(Nora Stove)|焚き火料理にも最適なベストセラーモデル

TOP