シェラカップで作る!|スタッフド蒸しトマトごはん

くり抜いたトマトに炊いたご飯を詰め(stuff)、シェラカップの蒸し機能を使って仕上げる。オールドマウンテンの深型シェラカップはステンレススノコが付属しているのが特徴のひとつ。

カップの底に水を入れオカマドンで蓋をすれば、内部が最適なスチーム状態となる。もちろん、焦げ付きの心配もない。時間を見計らい(およそ15分)トップにのせたモッツァレラチーズがとろけ始めれば完成だ。仕上げに、こしょうをふって熱々トマトごはんを召し上がれ。

スタッフド蒸しトマトごはん
調理時間 20分 費用(1人分) およそ300円
材料
トマト(中玉) 1個
A ホールコーン 大さじ2
アンチョビフィレ(みじん切り) 2枚
パセリ(みじん切り) 適量
ごはん(炊いたもの) 100g
モッツァレラチーズ 1㎝厚さの輪切り
粗びき黒こしょう 少々
作り方
1 トマトは上位部分を切り落とし、中身をくりぬく。
2 くり抜いたトマトの中身とAを混ぜ合わせ、くりぬいたトマトに詰め、モッツァレラチーズをのせて、粗びき黒こしょうをふる。
3 水を張り、ステンレススノコをセットしたシェラカップに2を入れ、オカマドンをのせて10~15分ほど弱火にかける。

ポイント
★シェラカップに合わせてトマトの上位部分を切り落とそう!
★モッツァレラチーズが溶けたらでき上がり。

新感覚の炊き上げ洋風炊き込みご飯|スタッフド蒸しトマトごはん

新感覚の炊き上げ洋風炊き込みご飯|スタッフド蒸しトマトごはん

シェラカップとオカマドン
問い合わせ先 オールドマウンテン(OLD MOUNTAIN)
WEBサイト https://www.oldmountain.jp/

PHOTO & TEXT|HARUHIKO USHIHARA
COOKING&STYLING|KOTOE USHIHARA
PUBLISHED|2020
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.14

Copyright © 2020 Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.24|4月28日発売

  2. 旅するクルマ|メルセデスベンツ・トランスポーターT1 310D

  3. ヴィンテージ・コレクションに囲まれたホビースペース

  4. フィビーホーボーストーブ・アウトドアクッカー|掌サイズの可愛いいボディが魅力的な、スイス生まれのウッドストーブ

  5. モナーク・ファイヤーベース|真鍮脚が物欲をそそる! 組み立ても撤収も簡単な焚き火台