ネルデザインワークスが企画した、唯一無二のJA11 ジムニー|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

クルマとバイク

ガレージブランドの先駆者として知られる「ネルデザインワークス」が、キャンプ用品の企画・開発以外の領域にも活動範囲を拡大しはじめている。2022年にオープンした「ソイル・ハック・ソサエティ」の店舗デザインに続き、今度は独自のカスタムを付加した車両を企画した。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲今後は、荷室スペースをカバーするために今後はオプションとしてアウタータイプのロールケージなども計画されている。

JA11型ジムニーをベースとしたこの車両は「ジムニー・ネルデザインワークス・エディション」だ。

ネルデザインワークスの代表である重弘さんは、「若い人や女性に古いクルマのデザインの良さや運転する楽しさ、ワクワク感を感じてほしい」という企画開発に至ったきっかけを語る。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲写真は重弘さん(ネルデザインワークス代表)自身がセカンドカーとして使用する1号車。一部ディテールは試作品だ。

車両の製作はJA11型ジムニーの専門店である「エムエステック」が手掛け、各部に徹底的なメンテナンスが加えられているのが特徴のひとつ。機関系はすべてリビルトエンジンに換装済みで、補器類もリビルト、またはオーバーホール済みのものと交換される。

基本作業は他にエンジンマウント、エアコン&オルタネーターベルト、プラグ&コード、エアクリーナー、負圧ホース、バッテリー……など多岐にわたる。またブレーキ、ハブなども状態によっては交換するそうだ。

こうして安心して乗ることができるように整備された車両をベースに、なぐり加工により削り出されたステアリングホイールやウッドパネルなど、「ネルデザインワークス」らしいカスタマイズが加えられている。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲斧や鉈でもお馴染みのなぐり加工を加えたネルデザインワークス×アシモクラフツ製ステアリング。写真は試作品で、市販モデルでは若干ディテールが変わる場合もある。

ボディカラーは3色展開。クリームっぽさを加えたネルイエロー(写真)と、「ネルデザインワークス」のトランスポーターでもあるハイエースと同じカラーに合わせたブルーグレー、品の良さを意識したイングリッシュホワイトの3色だ。

いずれのボディカラーも特殊な塗料を使っており、経年変化で艶が早く引けるようになっており、使い古した感じを早期に味わえるそうだ。

なお、エアコンやパワーステアリングも装備済みで、トランスミッションは5M/Tの他に3A/Tも選択可能。機動力の高いキャンプモービルとしてもちろん、都市部におけるセカンドカーにも最適なチョイスになりそうだ。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲シートカバーは「エムエステック」製のオリジナルでコーデュロイ素材とPVCのコンビネーション。純正のカーペット類は程度・状態がバラバラなため、すべて鉄板剥き出しのブラック塗装で統一されている。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲ドアパネルもウッドパネル化。ストラップなどは市販モデルにあたり革製に変更の予定。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲ボディサイドには「neru design works」のブランドロゴを配置。ノーマルのままだとちょっとのっぺりしてしまうということで、モールも追加されている。

JA11 JIMNY NERU DESIGNE WORKS EDITION|ジムニー・ネルデザインワークス・エディション

▲「移動中に故障して嫌な思いをしてほしくない」という重弘さん(ネルデザインワークス代表)の意向により、専門店で徹底的にメンテナンスを受けたJA11をベースにしている。消耗品はもちろん、エンジン換装などの重整備済みだ。

SPEC
ブランドネルデザインワークス(NERU DESIGN WORKS)
モデルジムニー・ネルデザインワークス・エディション
カラーネルイエロー、ブルーグレー、イングリッシュホワイト
価格242万円(税込)
WEBhttps://nerudesignworks.com

ABOUT NERU DESIGN WORKS|ネルデザインワークスとは
ご存知、ガレージブランドの草分け的存在。大手量販メーカーでは成立しないような徹底したモノ作りにこだわり、長く愛される製品を続々と生み出している。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|CAMP GOODS MAGAZINE vol.32
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  5. 5

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP