個性あふれる丸目2灯のヘッドライトと ヴァンライフにも最適な木製インテリア|FLEX独自のハイエース・カスタムはキャンプにも車中泊にもぴったり

クルマとバイク

「FLEX(フレックス)」から気になるモデルが新登場した。「ジャパンキャンピングカーショー2023」でデビューを果たした「Wood Village+Re Classic(ウッドヴィレッジ+アールイークラシック)」だ。このクルマはハイエースをベースにしたカスタムパッケージ。FLEXの豊富な在庫車の中からベース車両を選び、好みの仕様に仕立てていくというオーダーメイド感覚のカスタムカーだ。

FLEX|フレックス

▲「アールイークラシック」はハイエースのフロントまわりを大きくイメージチェンジできるカスタムパッケージ。

ハイエースのカスタムといえば、FLEXにはすでに人気の高い「リノカ・コーストライン」がある。さらに本格的なキャンピングカーであれば「モビーディック」もあるし、愛犬家には「ドッグバン」、釣りを楽しむ人には「フィッシングバン」など、趣味に特化したモデルが数多くリリースされている。

今春、新登場した車両は、これらの先行モデルとは趣の異なるもので、ハイエースをベースに快適な車中泊を楽しめるキャンピングキットと、個性溢れるクラシックなフェイスキットを組み合わせているのが特徴だ。

例えるなら“バンライフに適したスタイルのあるキャンパー”とでもいうべき一台となるだろう。

FLEX|フレックス

▲「アールイークラシック」はハ6型以降の200系ハイエースの標準/ワイドボディに装着可能で、丸目2灯ヘッドライトライトユニットやグリルなどは単品販売も可。

具体的なカスタムポイントは「アールイークラシック」と「ウッドビレッジ」の2点が中心。まずフロント周りの印象を大幅に変える 「アールイークラシック」は、丸目2灯のヘッドライトとマットブラックのグリルを組み合わせたカスタムパッケージで、グリル部にはリノカ・シリーズでお馴染みの「TOYOTA」ロゴを配するなど、どこか懐かしく、キュートな外観を作り上げている。

一方の「ウッドヴィレッジ」は、対座も可能なFASPシート(セカンドシート)と、さまざまなアレンジが可能なダイネット(リビングスペース)、テーブルやサイドキャビネット、ウッドパネル(ルーフ、ドアサイド、リアゲートパネル)などを組み合わせたインテリアのカスタムパッケージ。DXグレードのシンプルなインテリアを、ウッドを主体とした温もりのあるインテリアへとグレードアップすることができるというものだ。

FLEX|フレックス

▲ウッドパネルはセカンドシート以降のルーフ部に加え、左右のドアパネル、リアゲートのインナーパネルにも施工される。

「アールイークラシック」は200系ハイエースの標準/ワイドボディに装着可能で、グリル交換後もセンサー部の作動に影響を及ぼすことがない。

「ウッドヴィレッジ」は標準ボディDX5ドアに装着可能で、コンプリートキットとして施工・販売され、8ナンバーも取得できる。

FLEX|フレックス

▲室内はフルフラットにすれば広大なベッドスペースにもなるし、ロの字型にテーブルを囲んだダイネットにもアレンジできる。

「ウッドヴィレッジ」は新車コンプリートのみ、「アールイークラシック」はハイエース6型・7型に装着可能。どちらも全国のFLEXハイエース店で取り扱いを開始しており、オプションパーツを組み合わるなど、好みの仕様で仕上げられる。

FLEX|フレックス

▲サイドキャビンには収納スペースも豊富に用意。ダイネット後端には専用設計のシンクやカセットボンベを固定できるキッチンもあり、カジュアルなキャンプモービルとして活用できる。就寝定員は3名だ。

FLEX|フレックス

▲インパネ部のウッド調パネル、ステアリング、シフトノブはオプション設定だ。

ABOUT FLEX|フレックスとは
全国に店舗を構える新車・ユーズドカーの専門店。ハイエースやランドクルーザーを中心とした人気車種を中心に豊富な在庫を揃える。また、オリジナルのカスタムモデルとなるRenoca(リノカ)シリーズや、装備の充実した本格的なキャンピングカーなど、キャンプや車中泊に適した独自開発モデルも多数揃えている。

CONTACT|FLEX
WEB|https://www.flexnet.co.jp

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.30

※商品の詳細(価格・サイズなど)は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP