“LOG”を運営する注目のクリエイターのキャンプサイトを拝見!普段使いのできる日用品を上手に取り込んだスタイリッシュなサイト設計とは

キャンパー図鑑

カフェの運営と共に、アウトドア用品の販売も手掛ける須山さん。優れた審美眼やセンスの良さは「タープ・トゥ・タープ(TARP TO TARP)」や「ログ(LOG)」の取り扱い製品を見れば納得できるだろう。海外で人気を集めている日用品を積極的に取り入れるなど、キャンプ道具の選び方も独特。故に完成したサイトにも独自の世界が広がっている。

キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)

▲スノーピーク製のタープはアメリカ専売ラインだったアイボリーシリーズ。使用しているポールは最近「タープ・トゥ・タープ」で販売を開始したハイスペックモデル。「UACJ」と協業して製作された国産の最高級ポールだ。

キャンパーとキャンパーを繋ぐサードプレイスカフェ&ショップとして2019年にオープンした「タープ・トゥ・タープ」。横浜・馬車道の店舗は、話題のガレージブランド系ギアから独自に企画したオリジナル製品までさまざまなアイテムを揃えており、コーヒーを嗜みながらキャンプの話で盛り上がることのできる新しいスタイルのコミュニケーションスペースとして人気を博している。

その「タープ・トゥ・タープ」の代表を務める他、「ネルデザインワークス」と協業して立ち上げた「ログ(LOG)」など、アウトドア関連事業を幅広く手掛けるのが須山友之さんだ。

キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)

▲現在の愛車は2020年式のランドローバー・ディフェンダーHSE。パンゲアグリーンのボディはオプションのプロテクションフィルムでラッピングされている。南アフリカのフロントランナー製ルーフキャリアとペリカンのコンテナ類を組み合わせて収容力も拡張済み。

最近は冬山登山にもチャレンジしているというアクティブなライフスタイルを送る須山さんだが、じつはキャンプをはじめたのは5年ほど前。ランドローバー・ディスカバリー4を購入したのがきっかけとなり、外遊びの魅力にハマっていったという。

「ディーラーの営業マンに、こんなクルマを買ったら、キャンプぐらい楽しまないと、ってアドバイスされて……。友人に相談して初めて買ったのがテンティピのオニキスライトでした」と、当時を振り返る。

“最初に買ったテントがテンティピ……”という点からも、センスの良さや確かな審美眼が窺い知れるが、それだけにキャンプで使用している愛用品もまた、優れたデザインや使い勝手にあふれたものが多い。

キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)

▲グレイやブラックのギア類を中心としたタープ下のアウトリビング。最近、登山を始めたという須山さんは、道具選びも変化しているそう。「無駄なものを少しずつ減らしています」と語る。

美しいデザインや使い勝手の良さに惹かれた海外製品と
ハンドメイドで生み出される純国産品のミックスカルチャー

「キャンプ用品というよりも、屋外でも使える日用品を購入することが多いですね。特に職人が手作りで生み出すハンドメイド品や、デザイン性の高い海外製品に惹かれます」と須山さんは語る。

取材時はスノーピーク製のタープとサマヤ製のべースキャンプ(テント)を組み合わせてサイトを設営していたが、じつはこのタープも当時アメリカでしか購入できなかったアイボリーシリーズを海外通販サイト経由で入手したもの。

フランス製山岳テントとして知られるサマヤのテントも、国内では取り扱いのないハイスペックなモデルをわざわざフランスから購入したそうだ。

須山さんのサイトには、他にも海外の日用品を使ったセンスのいい道具が並んでいる。

キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)

▲フランス・サマヤの山岳テントであるベースキャンプ。ヨーロッパの登山家の間でもファンの多い本格的なモデルを就寝用に使用している。

美味しい一杯を抽出する、こだわりのコーヒー道具

特にこだわっているのはコーヒー道具だ。1日3〜4杯は飲むほどコーヒー好きという須山さん。「味をストイックに追求するタイプじゃありませんが、どうせなら美味しいコーヒーを飲みたいと思って、道具選びには特にこだわっています」。

お店でも美味しいコーヒーの淹れ方をテーマにしたワークショップを開催するなど普段から“最高の一杯”を追求しており、店舗で取り扱う商品にもコーヒー道具が数多くラインナップしている。

それだけにコーヒー道具の良し悪しにも精通しているのだ。

そんな須山さんに、コーヒー道具を選ぶ際のポイントを訊ねると「愛着の持てる道具を選び、普段家の中で使っているモノをそのままキャンプに持っていくことをおすすめします」と答えてくれた。

実際に須山さんがキャンプに持ち出しているコーヒー道具も、普段から自宅で愛用しているもの。キャンプ用に設計されたものではなく、家の中で美味しいコーヒーを楽しむために企画された道具類だ。

よく見ると須山さんはLEDランタンやBluetoothスピーカーも家庭用として企画されたものを使用している。

センスの良いサイト設計には、ジャンルに捉われずにいい道具を見つけ出す、“買い物のセンス”も必要なのかもしれない。

次ページでは須山さんの愛用品について、ご紹介していこう。

Camper:TOMOYUKI SUYAMA
キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)タープ・トゥ・タープの代表として、カフェの運営だけでなくアウトドア用品の開発や販売もも手掛ける須山さん。ほぼ毎週楽しんでいるというキャンプはソロが中心。取材日は息子のソウスケくんと愛娘のみつきちゃんも参加して、父子キャンプを楽しんだ。
Instagram:@tarptotarp

キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)

▲無駄なものがほとんどない、シンプルな須山さんのキャンプサイト。グレイやブラックが中心だが、カラーを1色で揃えるのではなく、トーンの近いカラーを組み合わせるなど、上級者ならではのバランスで構成されている。

1

2

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  4. 4

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  5. 5

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP