米バーモントランタンからも新登場! 古き良き時代に思いを馳せる、魅惑のレイルロードランタン

キャンプグッズ

レイルロードランタンは百年ほど前の時代から、主にアメリカの鉄道会社で使用されてきたオイルランタンだ。フュアハンドに代表されるハリケーンランタンと共に、無駄のないシンプルな構造で長く愛されてきた実用品でもある。

鉄道会社の実用品として
長く愛されてきたレイルロードランタン

メーカーが違ってもレイルロードランタンの姿形がほぼ一緒なのは、納入先の鉄道会社による仕様に合わせたからだといわれている。

円筒形の本体を使ったランプが信号灯として使われていた時代に、レイルロードランタンは主に車掌灯や保守・検査灯として使われており、鉄道会社によってデザインやサイズなどのレギュレーションも定められていた。

Adams & Westlake Kero

▲レイルロードランタンとして定番であるケロ300の真鍮モデル。レイルロードランタンは他にデイツ製も流通量が多い。(所有者:中嶋史治さん)

そんなレイルロードランタンの中でも特に人気の高いのが「アドレイク・ケロ」だろう。

1857年にアメリカ・シカゴで創業したAdams and Westlake社(略してアドレイク)は、1930年代から鉄道用のオイルランタン製造を始め、1970年頃まで続けられた。

初期の製品は本体下部のワイヤーガード部が綺麗な円形になっているが、1935年頃から垂直方向のワイヤーとの接合部が凸型に曲げられるなど、時代と共にディテールが異なるのも、コレクター心を刺激する要因のひとつである。

市場では製造から百年近い時間を経た個体も流通しているが、いずれも非常に簡単な構造であることから、今もなお実用品として使用できるものが多い。

もっとも、照明としての性能はひと時代前のものであることは拭えず、主に雰囲気を盛り上げるためのサブランタンとして考えたほうがいいだろう。

バーモントランタンからファン待望の
レイルロードランタンが新登場

本物の真鍮を素材とするオイルランタンを数多くラインナップする「バーモントランタン」から、そんなレイルロードランタンのニューモデルがラインナップされた。

バーモントランタン・レイルロードランタン

▲美しい真鍮の素材感を十分に表現したブラス(真鍮)。指紋がつき易いため、丁寧に扱いたいモデルだが、それだけに存在感は圧倒的。

今回ラインナップに加わったモデルは、昔ながらのクラシックスタイルを忠実に再現したもので、生産は他製品同様インドで行われており、いずれも熟練の職人によるハンドメイド。カラーはブラス(真鍮)と、アンティークブロンズの2種類が用意されている。

バーモントランタン・レイルロードランタン

▲経年変化により味わいを増したオイルランプのような色合いに仕上げたアンティークブロンズ。落ち着いた色合いは家の中でも外でもしっくりと馴染みそうだ。

アンバーカラーのグローブも同時発売

レイルロードランタンをさらにカスタマイズできる専用のカスタムグローブも同時に発売された。

琥珀色の美しさがランタンのボデイをよりロマンティックに際立たせてくれるカスタムグローブは、ランタン本体のトップを開けて純正のグローブと交換するだけ。

ランタン本体のカラーに左右されず、ブラスにもアンティークブロンズにも似合う色合いになっている。

バーモントランタン・レイルロードランタン

▲グローブの取り付け・交換は簡単。ランタン本体のトップ部分を開けて、純正のグローブを取り外し、同じ位置にアンバーのグローブをセットするだけ。ランタンのトップ部分をロックすれば完了。

ABOUT VERMONT LANTERNS|バーモントランタンとは
「バーモントランタン」はアメリカ北東部のバーモント州を拠点にするランタンメーカーだ。真鍮製オイルランプ&ランタン製品を中心に、1998年から販売をスタート。現在では250を超えるモデルをラインナップしている。

SPECIFICATION
ブランドバーモントランタン(VERMONT LANTERNS)
モデルレイルロードランタン・トレインオイルランプ12
サイズW180×D170×H310mm
カラーブラス、アンティークブロンズ
価格3万2780円(税込)
モデルアンバーグラス・12インチ・レイルロードランタン
サイズW96×D96×H96mm
カラーアンバー
価格5280円(税込)
WEBhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/nature-swag-outdoors/

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|CAMP GOODS MAGAZINE vol.32
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP