ヨカ(YOKA)が片面をオープンにすることができる、新タイプのワンポールテントの予約販売を開始!

テント・シェルター

YOKAブランドを展開する株式会社トゥエルブトーンは、新たに「YOKA TIPI TYPE2(以下ヨカ・ティピ・タイプ2)」の予約販売を開始する。

片面をオープンすることができる、新しいタイプのテント「ヨカ・ティピ・タイプ2」は本体にダブルジッパーを採用、完全に取れるように設計されておりフルオープンとすることもできるモデルだ。

外形は従来の「ヨカ・ティピ」と似ているが、ジッパーの付き方が斜めになっているのが特徴。これにより、オープンしたときでも形が崩れないようになっている。

ソロキャンプの際にはタープが不要になることも多く、より軽やかにキャンプを楽しめる。

ヨカ・ティピ・タイプ2

▲反対側のジッパーも開けると、半面を全部オープンにすることも可能。メッシュインナーも用意されている(別売)。

なお、ヨカ・ティピの半分にぴったり収まる、メッシュ・インナー「メッシュインナー・フォー・ヨカ・ティピ」も同時に予約販売を開始。

こちらはブラックカラーのみで、税込価格は1万2100円。従来のヨカ・ティピにも使用することができ、単体販売となっている。

どちらも予約は9月6日より開始、9月20日で締め切り、12月にデリバリーの予定。

ヨカ・ティピ・タイプ2

▲開けけ方によっては、薪ストーブを入れたままオープンにすることも可能。

ヨカ・ティピ・タイプ2

▲新作では「チャコールグレー」もラインナップされた。

ヨカ・ティピ・タイプ2

▲こちらはダークカーキ。

ABOUT YOKA|ヨカとは
「休日を最高のものにする」をテーマに掲げて、2015年に旗揚げされたアウトドアブランド。棚や箱など、アイテムの多くは木製家具が中心。2018年には鉄製品である鉄板と焚き火台をリリース。さらに2019年にはテントや釣り竿もリリースされている。

SPECIFICATION
ブランドヨカ(YOKA)
モデルティピ・タイプ2
カラーダークカーキ、チャコールグレー
素材ポリエステル
価格3万6300円(税込)
WEBhttps://yoka.co.jp

※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    オートキャンプ竜門(大分県)|趣向を凝らした貸し切り家族湯も必見! 設備の揃った温泉付きキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP