スナグパック|ソロキャンパーにも使いやすい軽量&コンパクトなコット

キャンプグッズ

イギリス生まれのアウトドアブランド「スナグパック(Snugpak)」を取り扱う「ビッグウイング」は、組み立てが簡単でコンパクトになる新製品の「コット」を10月1日より新発売する。

「スナグパック」のコットは初のリリースとなり、軽量で持ちやすいうえ、頑丈で、ソロキャンプなどにも最適だ。

本体は2本のサイドポールと4本の本体ポールで素早く組み立て・撤収が可能なフレーム構造となっており、アルミ製ポール、収納バッグ、ピローポケットが付属する。

スナグパック(Snugpak)とは?
イギリスのウエストヨークシャーに製造工場を構えるアウトドア・ブランド。究極の環境下で機能するギアをコンセプトに開発・製造を続けており、世界各国の軍隊への制式採用も多い。

スナグパック・コット|SNUGPAK COT
サイズH190×W64×D12cm(組み立て時)
H38×φ18cm(収納時)
カラーブラック
重量2.2kg
耐荷重(静荷重)120kg
素材生地:420Dポリエステルリップストップ / ポール:アルミニウム合金
価格1万9800円(税別)
問い合わせ先ビッグウイング
WEBサイトhttps://www.bigwing.co.jp/

TEXT|Camp Goods Magazine

Copyright © 2020 Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP