エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

ハイマー社の代表作ともいえるキャラバン(=キャンピング・トレーラー)が「エリバ」シリーズだ。中でも軽量コンパクトな「エリバ・パック」は、日本の交通事情下でも使いやすく、空力を考慮したデザインも相まってすこぶる人気の高いモデルといえる。

オートキャンプの先進国ともいえる欧米だが、ひと口に“欧米“という言葉ではくくれないほど、キャンプモービルに対する志向性の違いは明確だ。ヴィンテージのキャンピング・トレーラーを欧州から輸入販売している「ストローラーズ」の高山氏は、「アメリカでは日常生活をそのままアウトドアに持ち込もうとするからキャンプモービルも大型化していったのに対し、ヨーロッパでは最低限必要なものだけを持ち込んでアウトドアを楽しむという考え方からキャラバン(キャンピング・トレーラー)もシンプルで軽量・コンパクトなモデルが多い」と語る。

アメリカ製のキャンプモービルが電子レンジやテレビまで備える豪華で大型のものが多いのに対し、ヨーロッパ製のモデルは冷蔵庫やコンロ、シンクなどの基本装備だけにとどめたシンプルなものが多いのは、こうしたオートキャンプに対する考え方の違いも大きく影響しているのである。

もっとも、最近のモデルではアメリカ製にも小型のものもある上、ヨーロッパ製の中にも大型のキャンプモービルが多数ラインナップされるなど、欧米の志向性の違いはあいまいになりつつあるようだ。

また、キャンピング・トレーラーに限れば、もうひとつ目に見えない大きな違いがある。それが重量バランスだ。キャンピング・トレーラーは自らが動力を持たないため、重心をどこに置くかで被牽引性能が大きく違ってくる。前出の高山氏によれば「アメリカ製は荷重を平均化する傾向にあるのに対し、ヨーロッパ製のものは軸上に重心を持ってくるモデルが多い」と語る。重量バランスの違いは、停車時にその差が明確になる。アメリカ製のものは停車後に人力で動かすのは困難なほど重いが、ヨーロッパ製のものは軸上に重心があるので、人力でも簡単に動かせるものが多い。こうした設計思想の違いは、牽引する車両の性能にも影響してくる。

アメリカ製のキャンピング・トレーラーは排気量の大きなアメリカ車などが向いているが、ヨーロッパ製のモデルはコンパクトカーでも牽引が可能だというのだ。ヨーロッパ製のキャンピング・トレーラーは、日本と道路事情も近いことからヴィンテージ・モデルであっても使い勝手に優れたモデルが多いのは、こうした設計思想の違いによるところも大きいようだ。

さて、このようなヨーロッパ製キャンピング・トレーラーの中でもヴィンテージ・モデルとして圧倒的な人気を誇るのが「エリバ・パック」だ。ラインナップ中、もっともコンパクトで重量も400kgしかなく、日本国内でも使い勝手に優れている。加えて、人気の要因となっているのがそのデザインだ。エアロダイナミクスを考慮した「パック」は先頭部がV字型になる秀逸なデザインを誇るのだ。高山氏によれば「古いモデルになると窓がガラス製になるんですが、使い勝手の面から考えるとアクリル製に変わった1975年以降のモデルがお勧め」と語る。

使い勝手の良さに加え、デザイン性にも富んだ「エリバ・パック」は、美しい森の中でのキャンプにもマッチする、素敵なキャンピング・トレーラーだ。

ハイマー・エリバパックとは?
ドイツ・ハイマー社製の小型キャンピング・トレーラー。小型軽量でパワーの小さな車両でも牽引できる上、エアロダイナミクスを考慮した先頭部のV字型シェイプのデザインから人気を博したクラシックモデル。

ハイマー・エリバパック|HYMER ERIBA PUCK
年式 1976年
サイズ L3860×W1610×H1980mm
室内サイズ L2880×W1600×H1540(1850)mm
重量 400kg
問い合わせ先 STROLLERS
WEBサイト http://strollers-vc.com

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2018
SOURCE|CAMPMOBILE LIFESTYLE BOOK vol.01

Copyright © 2020 Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.15|10月30日発売

  2. エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. エリベッテ|スペース効率の良いコンパクトなクラシック・トレーラー

  4. マイアミ浜オートキャンプ場(滋賀県)|設備の整った琵琶湖随一の大型キャンプ場

  5. キャンプマーケット(埼玉県)|ビギナーからマニアまで納得するオートキャンプ専門店

INSTAGRAM|インスタグラム