浜松市渚園(静岡県)|地元に長年愛されてきた、市営の屋外総合レクリエーション施設

中日本

浜松市民にとっては昔からなじみのある総合レクリエーション施設として知られる「浜松市渚園」。休日になると、数多くのバーベキュー客であふれる場所だが、じつはオートキャンプを楽しむこともできる湖畔のキャンプ場でもあるのだ。

浜松市渚園(静岡県)

▲「フリーサイト」は自由に場所を選んでタープやテントを設営できる。車両の乗り入れは不可。駐車場からリヤカーで荷物を運ぶ。

5つの島からなる弁天島のひとつをまるまる使った「渚園」は、1万2000坪という広大な敷地の中に広がっている浜名湖に面したキャンプ場だ。

園内にはテニスコート、野球場、ソフトボール場、多目的広場などのスポーツ施設もあり、キャンプ場だけでなく、市営の総合レクリエーション施設として市民からも親しまれている。

このうちキャンプができるのは大別すると「オートサイト」と「フリーサイト」の2つ。

浜松市渚園(静岡県)

▲「オートサイト」は芝生の広大なスペースをロープで区分けしたスペースだ。防風林の先には浜名湖の景観が広がる。区画サイズは10×10mの100平米。

前者の「オートサイト」は車両の乗り入れ・横付けが可能な100㎡の区画サイトで、「東」「西」「南」「北」「中央」「AC」「ペット」「ペットAC」と細分化されており、なんと110区画も用意されている。

中には「ペット専用サイト」(AC付き合わせて8区画)や「電源サイト」(10区画)もあり、好みに応じて利用するサイトが選べるのも人気の要因だろう。

一方の「フリーサイト」は3000坪の芝生スペースを自由に使えるが、こちらは車両の乗り入れは不可。駐車場で荷物を下ろした後は、園内専用のリヤカーを使って目当ての場所まで運搬する仕組みだ。

浜松市渚園(静岡県)

▲電源付きの「ACサイト」や「ペットサイト」も用意されている。「オートサイト」は園内に110区画も用意されているが、大型連休や夏休みはすべてサイトが埋まってしまうそうだ。

共用施設は炊事棟(3ヶ所)とトイレ棟(管理棟含めて4ヶ所)、コインシャワー棟など。

トイレ棟には洗浄機能付きの便座を備えた水洗・洋式トイレも設置されている。

トイレやコインシャワーなどはスポーツ施設の利用者と共用するため、園の中央に集中。このためキャンプサイトによっては洗い物やトイレがちょっと遠くなってしまうこともある。

なお、「オートサイト」も「フリーサイト」のどちらも遮るものがほとんどないため、夏場は直射日光を防ぐタープなどが必須となるだろう。

浜名湖の湖畔にも下りられるので、真っ赤に染まった夕日を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすこともできそうだ。

浜松市渚園(静岡県)

▲炊事等は給湯設備はなく、水のみ。冬場の洗い物はちょっと大変かも。

浜松市渚園(静岡県)

▲炊事棟は水道と流しのみ。屋根付きだ。

浜松市渚園(静岡県)

▲トイレ棟は複数ある。一部には洗浄機能付き便座も用意されている。

浜松市渚園(静岡県)

▲こちらもトイレ棟。

浜松市渚園(静岡県)

▲コインシャワーのあるクラブハウス。男女別で5分200円。ちょっとした休憩スペースもある。

浜松市渚園(静岡県)

▲管理棟内の売店は週末に営業している。簡単なキャンプ用品などの他に、軽食なども利用できる。広い園内を楽しむレンタサイクルもあり。

浜松市渚園(静岡県)

▲ペットと一緒にキャンプができる専用エリア。

浜松市渚園(静岡県)

▲共用の大きなドッグランもある。

浜松市渚園(静岡県)

▲「渚園」には収納力の高い有料の駐車場が完備されている。「フリーサイト」を利用する場合は、駐車場に車両を停める必要がある。

浜松市渚園(静岡県)

▲避難用のシェルターも用意されている。

浜松市渚園(静岡県)

▲松林を超えた先には浜名湖の景観が広がっている。「渚園」の周囲を散歩することも可能だ。

VIEW|景観
松の防風林に2方向を囲まれただだっ広い広場・運動場のようなキャンプ場サイト。「オートサイト」の一部では、わずかに木立の隙間から浜名湖の湖畔が望める。松林を抜ければ擁壁の先から湖畔に下りることも可能だ。

FOOD and DRINK|食料・飲料
浜松の市街地にも近く、食料や飲料の調達は容易。最寄りのコンビニは約1.1km(クルマで約3分)。クルマで10分ほどの距離まで走れば大型のスーパーもある。

ACCESS|交通
東名高速道路・舘山寺スマートICを利用すると、キャンプ場まで約14km、クルマで20分程度。名古屋市内からは約112km、同約100分という距離になる。

ADVICE|ひとことアドバイス
「オートサイト」はだだっ広い広場を紐で区画割りしてあるだけのため、周囲からは丸見え。プライバシーを重視する方は、タープを低めに設営したり、目隠しとなる陣幕などを用意した方がいいだろう。管理棟裏手にある「ペットエリア」は周囲から独立しており、ゆったりくつろげるエリアだ。

浜松市渚園|HAMAMASTU NAGISAEN
WEBサイトhttps://www.birukan.jp/nagisaen/
所在地〒431-0214 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島5005-1
営業期間通年
定休日なし(年末年始は休業)
電話番号053-592-1525
サイト数区画サイト:110区画 別途フリーサイトあり
参考料金3660円(大人2名利用時の税込合計料金)
予約方法WEB
チェックイン10:00〜21:00
チェックアウト〜10:00
地面芝生・土
備考オートキャンプサイト:3660円〜
オートキャンプサイト(AC電源付き):4700円〜
フリーサイト(1名):410円〜
バーベキューガーデン:6000円〜
※洗浄機能付き便座があるのは、1ヶ所のみ
※直火・花火・球技・凧揚げ禁止
※駐車場料金(1台):400円
※Wi-Fiは受付周辺のみ
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
×
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
××
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×××
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
×××
売店Wi-Fiレストランレンタル
××

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

UP DATE|2023/08
PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2021
SOURCE|全国キャンプ場ガイドブック 2021-2022

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  2. 2

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  3. 3

    The Country Sunset(ザ・カントリー・サンセット)|千葉県|房総半島・茂原にオープンしたガレージブランドの新拠点

  4. 4

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  5. 5

    テンター・オルタスSにオニキスブラックが追加設定、1月にも販売開始!

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP