キャンプオーパーツのオリジナル焚き火台がリニューアルして新登場

キャンプグッズ

キャンプオーパーツのオリジナル焚き火台がリニューアルして新登場。メインの焚き火台として、より使いやすくするために各部をブラッシュアップされた。

新モデルは側板をタクティカル柄として全面に配置、形状も六角形に変更したことで、ヘキサテーブルと組み合わせて使う場合もフィットしやすくなった。

本体は3.2mm厚の鉄板&ステンレスプレートを採用。使用後に炭を捨てやすいように火床プレートには取手を取り付けた。ステンレス製五徳付きとなっている。

ABOUT CAMPOOPARTS|キャンプオーパーツとは
愛媛県新居浜市を拠点に、キャンプギアを製作する他、同市内で直営店も営んでいる。シェラカップでセイロ蒸しを楽しめる「蒸しぇら」や、二酸化炭素を発生しない「バイオエタノール・テント暖炉」などで知られる人気ブランド。OOPARTS(オーパーツ)とは、Out of Place Artifacts(時代や文化にそぐわない遺物)の略。その時代に本来はなかったであろう技術や文化を指す言葉をブランド名の由来としている。

SPECIFICATION
ブランドキャンプオーパー(CAMP OOPARTS)
モデル66焚き火台タクティカル
サイズφ約450×H390mm
価格3万9800円(税込)
WEBhttps://www.campooparts.com

※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP