グリーンバレー神室 カムロキャンプサイト(山形県)|スキー場を利用した絶景の「天空サイト」を追加整備、温泉も楽しめる山形では貴重な通年営業のキャンプ場

東日本

標高600mという山村にある、町営のスキー場を利用した「グリーンバレー神室・カムロキャンプサイト」。共用設備が充実している上、「フリーサイト」に車両も乗り入れできるなど、荷物の多いキャンパーにはなにかと便利な施設に、2023年シーズンから眺望に優れた「天空サイト」が加わり、東北のキャンパーたちから大きな注目を集めている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲スキー場のゲレンデの最上部を利用した「天空サイト」をドローンで撮影した写真。写っているサイトが予約制の「天空サイト・A」。専有スペース内に8張り程度のテントを設営できる。

スキー場の施設を利用したキャンプ場は少なくないが、スキー場が稼働している冬期も利用できるというキャンプ場は珍しい。

2020年から通年営業を始めた「グリーンバレー神室・カムロキャンプサイト」は、約80組を定員とする「フリーサイト」と、3組限定の「天空サイト」を組み合わせたオートキャンプ場であり、前者の「フリーサイト」は通年で利用できる。

じつは2023年シーズンから拡張整備をしており、以前と比べると4倍の面積をキャンプサイトに充当、さらに後者の「天空サイト」も今シーズンから追加されたという。

スキー場のゲレンデ頂上部を利用したその「天空サイト」は、「フリーサイト」とは場所も異なり整備用の通路を使ってゲレンデを上る。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲「天空サイト・B」側から「天空サイト・C」を見下ろした写真。ナイター設備のある写真中央がまるまる専有できる。1組ではちょっと心細くなるほど、広々としたスペースだ。

通路は未舗装で傾斜もきつく、車高の低いクルマでは走行が難しいが、「A」「B」「C」という3つの「天空サイト」までたどり着ければ、眼下には見事な景観が広がる。

この「天空サイト」はそれぞれ十分な距離を空けて配置されており、スペースはまちまちだが、いずれも1区画に4〜10張りのテントを設営できる広さも確保されている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲もっとも眺望が開けている「天空サイト・A」をゲレンデ側からドローンで撮影したもの。ゲレンデ側には木柵などの転倒防止設備がないので、転倒にはご注意を。

ただし「天空サイト」には簡易トイレがあるのみで、炊事場や流しなどの水場は「フリーサイト」側まで降りていく必要がある。このため「天空サイト」では飲用水などの準備は必須だ。

また、「天空サイト」の冬期利用に関してはスキー場の営業状況によるため、事前に施設側に問い合わせをしたほうがいいだろう。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲標高としてはもっとも高い位置にある「天空サイト・B」。リフトを降りた平坦なスペースをまるまる利用できる。「天空サイト」の中でもっとも狭いが、それでもテントが4〜5張り設営可能。

キャンプ初心者は、通年で利用できる上、炊事棟やトイレ棟、敷地内にある温泉施設にも近い「フリーサイト」がおすすめだ。

いずれもフラットな地形の芝生の広場のような景観で、車両の乗り入れ・横付けも可。給湯も完備した炊事棟や、温水洗浄機能付きの洋式水洗トイレなど共用設備も充実している。

敷地内には町営の温泉施設もあるので、お湯に浸かってしっかりと温まることもできるだろう。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲「天空サイト」はいずれも電気・水道の用意がない上級者向け。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲「フリーサイト」側の奥にあるファイヤーピット。焚き火はシートなどで養生すれば、焚き火台利用を前提に可。写真のファイヤーピット以外での直火は禁止。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲キャンプの受付を行う管理棟。薪や炭などの他、基本的なキャンプ用品のレンタルもできる。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲ゲレンデ下側の「フリーサイト」には車両の乗り入れも可。圧雪車格納庫内に給湯器付きの炊事棟が配置されている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲「フリーサイト」の奥側のエリア。端の方は木立が多く、林間サイトになっている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲「フリーサイト」内には、ペット同伴で利用できる専用の「ペットサイト」も用意されている。テニスコートを再利用した「ドッグラン」にも隣接している。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲写真の圧雪車格納庫内に給湯器付き炊事棟が設置されている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲もう一つの炊事棟はトイレ棟の脇にある。こちらは給湯器の設置はないが、洗い場の数が多く、使い勝手がいい。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲炊事棟内の流し。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲炊事棟内には炊飯用の炉も用意されている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲取材時は温水洗浄機能付き洋式水洗トイレへの入れ替え工事中だったトイレ棟。設備にしっかりと手を入れているキャンプ場だ。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲テニスコートを改築したお手製のドッグランもある「。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲隣接するホテル「シェーネスハイム金山」。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲場内には遊具も豊富に用意されている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲「天空サイト」を除き。通路・園路は舗装されている。

グリーンバレー神室カムロキャンプサイト

▲もっとも高い位置にある「天空サイト・B」の簡易トイレ。

VIEW|景観
冬季は「神室スキー場」として営業している施設で、通年で使用できるのは下段側のフラットな「フリーサイト」。3区画のみの広々とした「天空サイト」はゲレンデの一部を利用したもので、スキー場営業時は使用できない。

FOOD and DRINK| 食料・飲料
山形市方向から北上する場合は東北中央自動車道・新庄真室川ICからキャンプ場へ向かうルート上に2軒ほどコンビニがある。コンビニからキャンプ場までの距離は約7km(クルマで約10分)。大型のスーパーは新庄市内にあるが、キャンプ場からは片道20kmほどある。

ACCESS |交通
最寄りの高速道路は東北中央自動車道・新庄真室川I Cとなり、キャンプ場までは約13km(クルマで約20分)。山形市内から片道約90km、仙台市内からは約150kmの距離となる。

ADVICE|ひとことアドバイス
「天空サイト」は眺望は抜群だが、アクセスはやや難度が高い。ゲレンデの管理用通路を使って登るため、未舗装の路面が滑りやすく、凹凸も多い。4輪駆動車が望ましい。

グリーンバレー神室キャンプサイト|GREEN VALLEY KAMURO
WEBサイトhttps://www.instagram.com/kamuro_campsite/
所在地〒999-5401 山形県最上郡金山町大字有屋1400
営業期間通年
定休日なし
電話番号0233-52-2240
サイト数区画サイト:3区画 フリーサイト:80組
参考料金2200円(※おとな2名利用時の税込合計料金)
予約方法WEB、メール
チェックイン09:00〜17:00
チェックアウト~11:00
地面芝生
備考テント(1泊):1000円
テント(デイキャンプ):500円
使用料(宿泊:1名):600円
使用料(デイキャンプ:1名):300円
※冬期はチェックインが16:00まで、
チェックアウトは12:00(正午)まで
設備
区画サイトフリーサイトAC電源車両搬入オートキャンプ簡易宿泊棟
××
水回り付宿泊棟ペット共用ドッグラン焚き火直火炊事場
×◯※専用サイト×
給湯ゴミ捨てコインシャワー風呂
温泉
洋式水洗トイレ洗浄機能付き便座
×
BBQ設備洗濯機乾燥機自販機管理棟24時間管理
××××
売店Wi-Fiレストランレンタル
×

注意営業内容は変更されている場合があります。詳細は各施設に直接お問い合わせください。
掲載されている写真は取材時のものです(以下のPUBLISHED参照)。現況と異なる場合がありますので、必ず最新の状況を施設で確認してください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.33

Copyright © Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP