YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県|アウトドア用品専門商社「アブレイズ」が運営する直営店

東日本

2023年3月に神奈川県平塚市にオープンした「YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ、以下イエローナイフ)」は、“湘南エリア”で営業する貴重なキャンプ用品専門店のひとつだ。店名は北極圏からおよそ400km南に位置するカナダの町名に由来しており、豊かな自然を背景にアウトドア・アクティビティが盛んなエリアであることから採用されたという。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲店舗前に5台分の駐車スペースを確保した「イエローナイフ」。木を生かしたカフェのようなファサードが目印。

人気のノルテントをフルラインナップで展開

「イエローナイフ」はノルテント(Nortent)、ジーストーブ(Gst ove)、ヘルスポート(Hel sport )、ディーライト(Deelight)などの海外ブランド製品を輸入するアウトドア専門商社のアブレイズが運営しているキャンプとアウトドア用品のスペシャルショップ。

同社は卸販売を本業とするが、「ユーザーと直接コミュニケーションをとることで、取り扱い製品にフィードバックしたい」という思いから、今回ショールームを兼ねる形で初の直営店をオープンさせたという。

アブレイズが取り扱う製品は、ギアにこだわるキャンパーから高い支持を受ける海外のハイスペックモデルが多いが、特にテント類はスペースの関係から実物を広げて設営できる店舗は限られてしまう。

このため、「イエローナイフ」では自社で輸入するノルテント複数モデルを常設することで、使い勝手の良さや素材の質感などを実際に見て・触って・確かめられるように工夫。商社の直営店ならではという的を絞った展示に力を入れている。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲過酷な地形や気象条件でも快適に過ごせるように、丈夫さと軽量を兼ね備えたノルテントは、薪ストーブと相性がいいことから注目している人も多いブランドだが、煙突ポートの位置や生地の質感などは実物で確かめるのが一番。「イエローナイフ」の店内では大小さまざまなモデルが設営されている。

倉庫をリノベーションした店舗は
2023年3月にグランドオープン

倉庫をリノベーションした店舗は床面積約80坪(バックヤード含む)と広々としており、自社で取り扱うブランドだけでなく、ガス缶や燃料類などを含めたセレクトアイテムも充実。

テントやスリーピングバッグ、薪ストーブといった大型商材だけでなく、LEDライトやキャンドルランタンなどの小物も揃えることで、気軽に購入できる価格帯の商品もしっかりとラインナップしている。

一方で、ドイツのUL系ブランドハイバーグ(HYBERG)のバック類は「イエローナイフ」でのみ取扱うなど、“ここでしか手に入らない”という商品も少なくないため、わざわざ足を運ぶ価値もありそうだ。

店頭ではテントのリペアやメンテナンスの受付もしており、「イエローナイフ」は、ギア選びだけでなく購入後もしっかりと頼れるスペシャルショップといえるだろう。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲クーラーボックスはお馴染みのディーライトが中心。自社で輸入している製品だけに、カラーやサイズなど豊富な在庫を取り揃える。薪ストーブはノルウェー発のジーストーブと台湾発のワークタフギア、イギリス発のアネヴェイなど。ワークタフギアは鉈など。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲OD缶、CB缶、ケロシンなどの燃料類もしっかりと揃えている。薪は取り扱っていない。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ピザオーブンを中心としたウニの製品もフルラインナップ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ドイツ発のハイバーグは「イエローナイフ」専売品だ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲店舗奥のスペースにもテントが設営・展示されている。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲店舗で取り扱っているノルテント・ギャム8アークティック。設営時間10〜15分と簡単に設営できるドームテントで、シルナイロン生地を使用しているため加水分解が発生しない。店舗では修理などのアフターケアも受け付けている。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲左は登山経験の豊富な荒田店長。右端はアブレイズの三宅代表。普段は写真中央の女性スタッフが店舗を切り盛りしている。

輸入販売される世界の逸品ギア

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ブリサ・トゥルーパー115ファイヤースターターセット:炭素鋼素材のナイフ。研いでメンテナンスをしていくうちに味わいのある見た目に変わり、より愛着の湧くナイフになる。カーリーバーチ素材のハンドルは一つひとつ模様が異なるので同じデザインは存在しない。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ハイバーグ・アギラDCF:ダイニーマ素材を使った頑丈かつ軽量なドイツのULザック。「イエローナイフ」専売品。ショルダーハーネスとサイド、フロントのメッシュポケットが通常のザックと比較して大容量の為、財布やコンパクトカメラ、地図などさまざまなものを出し入れしやすい設計になっている。容量37Lで重量はわずか473g。カラーはホワイト。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲カゼラボ・スモークヘッド(煙頭):ウォールナット製の燻製器。上部の穴に燻製チップを入れてバーナーで炙ると燻製の煙が下に落ちてくる。コップなどにウイスキーを入れて燻せば燻製ウイスキーを作ることも出来る。温度を上げずに香り付けが出来るのでアイスクリームなどにも使用可能。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲カゼラボ・スモークヘッド(煙頭)用スモークチップ:ウォールナット製の燻製器用のスモークチップ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲トークス・チタニウム・ウルトラライトクックセット:122gという驚きの軽量さを誇るクッカーセット。素材はチタン製。軽量ながらも強度が高く、ザックの中でも潰れにくい。固形燃料バーナー、風防、スプーン、550mlのカップのセット。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ペガサスキャンドル・スクワッシュ:グラスにある溝が影となり放射状の綺麗な光が周りに広がるキャンドルグラス。テーブルの上などにおけば一気に卓上が幻想的な空間になる。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ルナックス・缶入りランプミニアンティーク:国内最大のオイルランプメーカー・ムラエ商事が1987年に立ち上げたブランド。オイルタンクが透明になっているのでカラーパラフィンオイルなどを使うことで好みのカラーに変身する。アンティーク感のあるデザイン。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ミッケ:自然の中に溶け込んだピースを探すカモフラージュゲーム。グレーのピースを石の上に置いてカモフラージュさせ、見つけることを楽しむ。自然の中にある違和感を感じ取り、よく観察するようになるというゲームだ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲キャンプマニアプロダト・ステンレスカップ・イージーウォッシュコーティング:環境にやさしい特殊なコーティングを施すことによって汚れを簡単に落とすことができるシェラカップ。目には見えない微細な凹凸を作ることによって油性ペンも水でラクラク落とすことが出来る。水を自由に使うことが出来ない長期縦走登山や、節水が必要なキャンプなどにおススメ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ディーライト・アイスランドクーラーボックス35QT:最長5日間氷が持つクーラーボックス。厚さ約5cmの壁面に断熱材が充填されており、食材や飲料水を長時間新鮮に保つことが出来る。仕切りはまな板としても使うことが可能。ボトルオープナーやカップホルダー付き。写真はブラックシルバーカモ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ソトラボ・フリージングウォーターバッグ:保冷剤+ウォーターバッグとして使える便利なアイテム。水量を調節することで厚みも調整可。中で溶けた水は蓋を外して飲める。保冷剤として食材を冷やした後、少し溶けたらお酒の水割りに使うこともできる。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲バッファロー・IH対応マルチグリドル:特殊なイノーブルコーティングを施した焦げ付きにくいマルチグリドル。IH対応。木製取手、専用カバー、トングの4点セット。人気のマルチグリドルと被りたくない! という方におススメ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ウニ・カル12:世界中のピザ愛好家に愛用されているポータブルピザ窯のパイオニアブランド。500℃という高温かつ短時間で焼き上げるピザはお店の味そのもの。カル12は薪や炭で香ばしく焼くことが出来るほか、別売りのガスバーナーを使えばガスで焼くことも出来る。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ハイバーグ・バンディット エコ:40Lで580gと超軽量かつ、生地の作成過程でCO2の削減が行わているECO PAC生地を使用したモデル。X-pacとは一味違う生地感のザック。メッシュポケットが広く設計されており、ザックの開閉を行う回数が少なくて済む。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲オールドベア・ステンレスナイフ XL:イタリア製のフォールディングナイフ。持ち手とナイフのジョイント部分に真鍮素材を使用。一つひとつに製造ナンバーが刻印されており、持ち手の木目も異なる。各サイズが揃うが、写真のXL(イタリアンオリブ・ウォルナット)は持ちやすくおススメ。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲コブ・コンパクト:南アフリカ発祥のコンパクトグリル。山なりになった鉄板により、端から油が落ちる設計で、煙が少ないのが特徴。外側のメッシュは熱くなりにくいため、調理中の移動も簡単。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ソトラボ・レザーキャンプグローブ001:やわらかい上質な牛革を使用したメイドインジャパンのグローブ。バトニングなどの際に手を保護するだけでなく、焚き火調理器具など、熱いものを持つのにも最適。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ブリサ・トナカイ毛皮・シートマット:トナカイの毛皮を使ったシートマット。北欧に住むトナカイの毛皮を使っており、保温性にも優れている。チェアの座面に置いて使うと、ジワーっと暖かく感じる。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲ワークタフギア・ノマドフィールドナイフ・スプラター:刃の厚みが5.3mmもあるサバイバルナイフ。フルタング構造の上、刃厚もあるのでバトニングにも適している。

YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP(イエローナイフ・アウトドアショップ)|神奈川県

▲カタバティックギア・FLEX30℉ハイパードライダウン850FPキルトシュラフ:軽量かつ保温性を実現したキルトシュラフ。体重で押しつぶされてしまう背面のダウンを減らし、前面に厚みを増している。ブランケットのように使用することも出来る。ULハイク、キャンプ、ハンモック泊などさまざまな使い方が出来る万能モデル。対応温度-1℃。

SHOP INFORMATION
店舗名YELLOWKNIFE OUTDOOR SHOP|イエローナイフ・アウトドアショップ
所在地〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮5-4-14
営業時間11:00〜19:00
※10:00~18:00(土曜日・日曜日・祝祭日)
定休日水曜日
電話番号0463-64-2222
アクセス首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・寒川南ICから約2km(クルマで6〜7分)
Instagram@yellowknifeoutdoorshop
WEBサイトhttps://ablaze-corp.shop

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|CAMP GOODS MAGAZINE vol.32

Copyright © Camp Goods Magazine
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    コールマンから2024年新製品第一弾が発表!

  2. 2

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  3. 3

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  4. 4

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  5. 5

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP