CREST(クレスト)|宮崎県|九州南部エリアのキャンプ遠征にも心強いキャンプ&アウトドア専門店

ショップ

キャンプブームという追い風を受けて、キャンプ用品もバラエティに富んでいる。このため、インターネットでしか現物を見ることができないようなマニアックなアイテムも少なくない。宮崎県都城市に店舗を構える「アウトドアショップ・クレスト」は、こうしたキャンプギアの数々を実際に手にとってサイズ感や質感を感じ取ってほしいと立ち上げた宮崎県屈指の専門店だ。

CREST(クレスト)|宮崎

▲店舗は交通量の多い生活道路に面しており、店舗に向かって右側に乗用車4台が余裕で停められるスペースがある。

一年を通じて温暖な気候に恵まれる宮崎県。夏はもちろん、冬でも寒い思いをせずにキャンプを楽しめるエリアだが、意外にもキャンプを専業とするショップは少ないそうだ。「アウトドアショップ・クレスト(以下クレスト)」は、そんな宮崎県の南西部、都城市に2021年3月オープンした待望の専門店である。

県内では宮崎市や日南市、県外では鹿児島市などからもアクセスのしやすい立地にあり、付近には本格芋焼酎「霧島」でお馴染みの霧島酒造も本社を構えている。宮崎自動車道・都城ICを経由してアクセスする場合は、巨大な製造工場が自然と視線に入ってくるはずだ。

JR日豊本線・都城駅から西へ3kmほど走った市街地にある店舗は、約60坪という店内にナショナルブランドから小規模なガレージブランド系までさまざまなキャンプ用品を取り揃えている。

CREST(クレスト)|宮崎

▲店舗の奥にもスペースが
ある。こちらはテントやクーラーボックスなど大きめの商品を陳列。在庫はなるべく棚に置いているので、実際のサイズや質感を確かめてから購入できる。

店主は趣味が高じて脱サラしたという川崎さん。「都市部と違って、宮崎ではキャンプ用品の情報は入ってきても、実物を見ることができない。そこでインターネットでしか見ることのできないキャンプ用品を、実際に手に取って質感などを確認した上で購入してほしいと感じ、お店を開店しました」と、開業に至った思いを語ってくれた。

品揃えはあまり偏らずに、なるべく幅広くしているそうだが、それでも量販店で扱っているような大手ブランドは取り扱わず、SNSなどを通じて話題となっているようなブランドが中心。

「フェデカ」「トリパスプロダクツ」「YOKA」など、特に製品に強いこだわりを感じられるものが多い。また同じ九州エリア発ということで「レディメイドプロダクツ」のダッチオーブンも取り扱っている。

テントは「ヘルスポート」や「ソウルワッツ」など。「マウントスミ」や「Gストーブ」の薪ストーブもラインナップ。シェラカップやカトラリーなどの小物からアイアン製のギア類まで大小さまざまなアイテムが店内に陳列されている。

営業時間は平日が11時開店。ただし、週末はキャンプへ向かう前に足りないものを買い足せるようにと、朝8時から店舗を開けている。九州南部へのキャンプ遠征でも頼りになりそうだ。

CREST(クレスト)|宮崎

▲アウトドアスパイスなど、調味料も各種取り揃えている。それぞれのテイストは、店主の川崎さん
が丁寧に教えてくれる。

次のページでは取り扱い商品の一部をご紹介しよう。

1

2

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    燈人(トモシビト)|沖縄県|沖縄・那覇市内に立地する希少なキャンプ用品専門店

  2. 2

    TRUNKZERO(トランクゼロ)|千葉県|ミルジュアリーを提案するアウトドアショップ

  3. 3

    SOIL HACK SOCIETY(ソイル・ハック・ソサエティ)|広島県|ガレージ系ギアと塊根植物の専門店

  4. 4

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

  5. 5

    【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  2. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  3. 彩り豊富なヘルシーラビゴットソースとサーモン焼き

  4. うどんに合わせても美味しい! アジアンエスニックなあさりの酒蒸し

  5. カリッとした食感と肉汁が特徴的なチキン南蛮に、さっぱりと美味しいアボカドソースの組み合わせ

TOP